<<< 前 2011年度 2012年度 2013年度 | 2014年度 | 2015年度 次 >>>
 耳鼻咽喉科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   吉原 俊雄
准教授:
   野中 学
講師:
   山村 幸江
助教:
   一瀬 和美
   岡 良和
   草間 薫
   崎谷 恵理
   瀬尾 友佳子
   立川 麻也子
■ 概要
<B>ミクリッツ病・IgG4関連疾患の病理学的検討</B>
IgG4関連疾患として理解されつつあるミクリッツ病、キュットナー腫瘍の臨床ならびに基礎的研究を行っています。
<B>木村病の病態解明と新しい治療法</B>
木村病の発症機序解明のため、次世代シークエンサーを用いて遺伝子解析を行いTSLP、TSLPRの関与について検討。抗IgE抗体を用いた新しい治療法に挑戦する。
<B>アレルギ-性鼻炎病態形成にける上皮細胞の役割について</B>
アレルギ-性鼻炎の病態形成には、鼻粘膜の上皮細胞は重要な働きをしています。Nasal brushingの手法を用い、季節性アレルギ-性鼻炎の吸入抗原暴露を受けているときと、受けていないときの、上皮細胞におけるサイトカイン、ケモカインなどの発現の経時的変化を検討しています。
<B>好酸球性副鼻腔炎治療指針の作成</B>
近年増加している型で好酸球の浸潤が顕著にみられます。病因解明の基礎的研究を行いながら、ステロイド点鼻薬、抗ロイコトリエン薬などの有効性を検討し、内視鏡下副鼻腔手術を含め、重症度に合わせた治療指針の作成を行っています。 好酸球性中耳炎の病態解明と有効な治療法の検討
昨年、好酸球性中耳炎の研究グル-プの1人として好酸球性中耳炎の診断基準を作成しました。好酸球性中耳炎には、軽症なものから重症なものまであり、その違いはどうしておこるのか検討しています。
<B>鼻・副鼻腔線維芽細胞の特殊性と慢性副鼻腔炎病態形成における役割の解明</B>
近年、線維芽細胞は自然免疫や獲得免疫に深く関わっていることが分かってきています。特に最近では、鼻・副鼻腔線維芽細胞は、慢性副鼻腔炎の病態形成に重要な種々のtoll like receotprs (TLRs)に反応することを解明しました。現在は、人の複雑な生体反応に重要な働きをしていますnon coding RNAの、鼻・副鼻腔線維芽細胞における発現を検討しています。
唾液腺TcシンチグラフィにおいてWarthin腫瘍とオンコサイトーマは特異的に集積像を示します。集積の機序の解明のため、細胞膜でヨード能動輸送を担うNISに着目し、唾液腺腫瘍における発現を調べています。
全件表示(6件)
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)  (研究課題番号:24592583)
 研究課題:呼吸器線維芽細胞におけるコリントランスポーターの同定とその機能解析  (研究代表者:野中学)
 研究補助金:1,600,000円  (代表)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 6 0 6 2 0 0  0 6 0 1  30 4  9 2  5 2
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 崎谷恵理, 山村幸江, 吉原俊雄*:  副耳下腺腫瘍の6症例.  日本口腔・咽頭科学会雑誌  26 (2) :191-195 , 2013
2. 岡良和, 瀬尾友佳子, 武部真理子, 山村幸江, 吉原俊雄*:  当科におけるHIV感染症・AIDS症例の臨床的検討.  日本耳鼻咽喉科感染症研究会会誌  31 (1) :149-152 , 2013
総説及び解説
1. 野中学, 瀬尾友佳子:  気道疾患に対する治療戦略 抗ロイコトリエン薬の使い方.  JOHNS  29 (5) :898-902 , 2013.5
2. Seo Yukako, Nonaka Manabu, YAMAMURA YUKIE, Tagaya Etsuko, Pawankar Ruby, Yoshihara toshio:  Improvement of eosinophilic otitis media by Optimized Asthma Treatment.  Allergy Asthma Immunol Res.  5 :175-178 , 2013.5
3. 吉原俊雄, 山村幸江*:  唾液腺の痛み.  ENTONI  153 :26-30 , 2013
4. 山村幸江, 吉原俊雄:  ウイルス性口腔炎・潰瘍―特にHIV/AIDS関連病変について―.  ENTONI  157 :65-68 , 2013
5. 吉原俊雄, 野中学, 山村幸江, 崎谷恵理*:  免疫と耳鼻咽喉科関連疾患の病態 木村病.  JOHNS  29 (3) :597-600 , 2013
全件表示(10件)
症例報告
1. 坂林美喜子, 宇野真莉子, 一瀬和美, 宮本真理子, 野中学, 吉原俊雄*:  唾液腺管瘻を伴ったBranchio-Oto症候群の1例.  頭頸部外科  23 (1) :109-113 , 2013
2. Nonaka Manabu, Tanaka Yukako, Pawankar Ruby, Yoshihara Toshio:  Orally inhaled fluticasone propionate improved chronic rhinosinusitis with co-morbid asthma: report of a case.  Asian Pac J Allergy Immunol  31 :84-87 , 2013
ページの先頭へ
■ 著書
1. 瀬尾友佳子, 野中学:  §1.鼻領域 Q12副鼻腔炎の治療は呼吸器疾患を改善するのでしょうか..  耳鼻咽喉科・頭頸部外科Q&A 日常診療の疑問を解決  39-42.  中外医学社,  東京, 2013.5
2. 吉原俊雄:  口腔乾燥症.  ENT臨床フロンティア 口腔・咽頭疾患、歯牙関連疾患を診る  34-41.  中山出版,  日本, 2013
3. 吉原俊雄:  IgG4について教えて下さい.  ENT臨床フロンティア 口腔・咽頭疾患、歯牙関連疾患を診る  42-43.  中山書店,  日本, 2013
4. 吉原俊雄:  再発性アフタ.  今日の治療と看護  1420-1421.  南江堂,  日本, 2013
5. 吉原俊雄:  唾液腺疾患.  今日の治療と看護  1421-1422.  南江堂,  日本, 2013
全件表示(7件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Yoshihara Toshio: Sialendoscopy for Salivary Gland Diseases.  12th Taiwan-Japan Conference on Otolaryngology Head and Neck surgery,  Taiwan,  2013/12
2. ◎YamamuraYukie, NonakaManabu, KuwauchiMayako, YoshiharaToshio: The efficacy of low dose of oral M3 muscarinic receptor agonists in the treatment of xerostomia.  12th Taiwan-Japan Conference on Otolaryngology-Head and Neck Surgery,  Taiwan,  2013/12
3. ◎Kuwauchi Mayako, YAMAMURA YUKIE, Nonaka Manabu, Yoshihara Toshio: An analysis of 45 patients with recurrent pleoborphic adenoma of parotid gland.  12th Taiwan-Japan Conference on Otolaryngology-Head and Nack Surgery,  Taiwan,  2013/12
4. ◎Nonaka Manabu: Pharmacological treatments based on the pathogenesis for asthmatic rhinosinusitis.  12th Taiwan-Japan Conference on Otolaryngology-Head and Neck Surgery,  Taiwan,  2013/12
5. ◎IZUMI Sachiko, AKIMOTO Tetsuo, KONO Sawa, HASHIMOTO Yaichirou, MAEBAYASHI Katsuya, YOSHIHARA Toshio, MITSUHASHI Norio: Outcomes and Failure Patterns of Oropharyngeal Cancer treated with Simultaneous Integrated Boost-Intensity Modulated Radiation Therapy (SIB-IMRT).  The 69th Korean Congress of Radiology(KCR 2013)Annual Meeting,  Korean,  2013/10
全件表示(52件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者