<<< 前 2010年度 2011年度 2012年度 | 2013年度 | 2014年度 次 >>>
 耳鼻咽喉科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   吉原 俊雄
准教授:
   野中 学
講師:
   山村 幸江
助教:
   一瀬 和美
   岡 良和
   崎谷 恵理
   瀬尾 友佳子
■ 概要
<B>ミクリッツ病・IgG4関連疾患の病理学的検討</B>
IgG4関連疾患として理解されつつあるミクリッツ病、キュットナー腫瘍の臨床ならびに基礎的研究を行っています。
<B>木村病の病態解明と新しい治療法</B>
木村病の発症機序解明のため、次世代シークエンサーを用いて遺伝子解析を行いTSLP、TSLPRの関与について検討。抗IgE抗体を用いた新しい治療法に挑戦する。
<B>アレルギ-性鼻炎病態形成にける上皮細胞の役割について</B>
アレルギ-性鼻炎の病態形成には、鼻粘膜の上皮細胞は重要な働きをしています。Nasal brushingの手法を用い、季節性アレルギ-性鼻炎の吸入抗原暴露を受けているときと、受けていないときの、上皮細胞におけるサイトカイン、ケモカインなどの発現の経時的変化を検討しています。
<B>好酸球性副鼻腔炎治療指針の作成</B>
近年増加している型で好酸球の浸潤が顕著にみられます。病因解明の基礎的研究を行いながら、ステロイド点鼻薬、抗ロイコトリエン薬などの有効性を検討し、内視鏡下副鼻腔手術を含め、重症度に合わせた治療指針の作成を行っています。 好酸球性中耳炎の病態解明と有効な治療法の検討
昨年、好酸球性中耳炎の研究グル-プの1人として好酸球性中耳炎の診断基準を作成しました。好酸球性中耳炎には、軽症なものから重症なものまであり、その違いはどうしておこるのか検討しています。
<B>鼻・副鼻腔線維芽細胞の特殊性と慢性副鼻腔炎病態形成における役割の解明</B>
近年、線維芽細胞は自然免疫や獲得免疫に深く関わっていることが分かってきています。特に最近では、鼻・副鼻腔線維芽細胞は、慢性副鼻腔炎の病態形成に重要な種々のtoll like receotprs (TLRs)に反応することを解明しました。現在は、人の複雑な生体反応に重要な働きをしていますnon coding RNAの、鼻・副鼻腔線維芽細胞における発現を検討しています。
唾液腺TcシンチグラフィにおいてWarthin腫瘍とオンコサイトーマは特異的に集積像を示します。集積の機序の解明のため、細胞膜でヨード能動輸送を担うNISに着目し、唾液腺腫瘍における発現を調べています。
全件表示(6件)
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 10 0 5 0 0 5  0 6 0 0  18 4  2 0  5 2
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. HIRAI Yuji*, YOSHIHARA Toshio, MOTOJI Toshiko, TOTSUKA Kyoichi:  Facial-oropharyngeal Kaposi Sarcoma in a HIV-seropositive man.  INTERNAL MEDICINE  51 :2989-2990 , 2012.8
2. Sachiko Mori, Ruby Pawankar, Chika Ozu, Nonaka Manabu, Toshiaki Yagi, Kimihiro Okubo:  Expression and Roles of MMP-2, MMP-9, MMP-13, TIMP-1, and TIMP-2 in Allergic Nasal Muccosa.  Allergy Asthma Immunol Research  4 (4) :231-239 , 2012.7
3. 宮本真理子, 吉原俊雄*:  IgG4関連疾患としてのミクリッツ病、慢性硬化性顎下腺炎(キュットナー腫瘍)の血清学的および臨床病理学的検討.  耳鼻咽喉科臨床  105 (3) :267-276 , 2012
4. Roongrotmattanasiri K, Pawankar R, Kimura S, Mori S, Nonaka M, Yagi T:  Decreased expression of FOXP3 in nasal plyposis.  Allergy Asthma Immunol Res  3 :24-30 , 2012
5. Mori S, Pawankar R, Ozu C, Nonaka M, Yagi T, Okubo K:  Expression and roles of MMP-2, MMP-9, MMP-13, TIMP-1, and TIMP-2 in allergic nasal mucosa.  Allergy, Asthma and Immunology Research  4 (4) :231-239 , 2012
総説及び解説
1. 野中学, 瀬尾友佳子, 崎谷恵理:  肥満細胞,好塩基球の機能と役割.  JOHNS  29 (3) :395-400 , 2013.3
2. 野中学, 瀬尾友佳子, 山村幸江:  くしゃみ.  今日の臨床サポート  :※ , 2013.3
3. 野中学, 瀬尾友佳子, 崎谷恵理:  期待される新規薬物療法~抗体療法,分子標的治療薬など~.  医薬ジャーナル  49 (1) :85-91 , 2013.1
4. 野中学, 瀬尾友佳子:  喘息と慢性副鼻腔炎.  耳鼻咽喉科・頭頸部外科  84 (11) :787-794 , 2012.10
5. 野中学, 田中友佳子:  喘息を合併する慢性副鼻腔炎:病態と薬物治療.  耳鼻咽喉科臨床  105 (7) :702-703 , 2012.7
全件表示(12件)
症例報告
1. 鯨井桂子, 桑内麻也子, 吉原俊雄*:  多形腺腫とワルチン腫瘍が同側に発生した耳下腺腫瘍2症例.  口腔・咽頭科  25 (1) :113-119 , 2012
2. 宇野真莉子, 宮本真理子, 岡良和, 山村幸江, 吉原俊雄*:  インフルエンザと溶連菌感染症を併発した伝染性単核球症の一例.  日本耳鼻咽喉科感染症研究会会誌  30 (1) :187 , 2012
3. Azusa Okude, Etsuko Tagaya, Mitsuko Kondo, Manabu Nonaka, Jun Tamaoki:  A Case of Severe Asthma with Eosinophilic Otitis Media Successfully Treated with Anti-IgE Monoclonal Antibody Omalizumab.  Hindawi Publishing Corporation Case Reports in Pulmonology  2012 :5 , 2012
ページの先頭へ
■ 著書
1. 野中学, 田中友佳子:  見落としやすい感染症 中耳炎・副鼻腔炎.  小児の発熱とA to Z‐診断のTipsとPitfalls‐  64-69.  株式会社診断と治療社,  東京, 2012.4
2. 吉原俊雄:  これって口内炎?口の中のできもの.  NHKテレビテキスト きょうの健康  66-69.  NHK出版,  日本, 2012
3. 吉原俊雄:  健康交差点「痛みを抑えるのが口内炎治療の原則です」.  暮しの手帖  138-143.  株式会社暮しの手帖社,  日本, 2012
4. 吉原俊雄:  治らない口内炎に要注意.  清流  90-91.  清流出版,  日本, 2012
5. 吉原俊雄, 宮本真理子, 岡良和, 森下裕史:  唾液腺病変:Mikulicz病とKüttner腫瘍について.  IgG4関連疾患アトラス-IgG4研究会モノグラフ-  98-103.  前田書店,  日本, 2012
全件表示(6件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Nonaka Manabu: Nasal Examination for Upper Airway Disease.  WAO International Scientific Conference,  India,  2012/12
2. ◎Manabu Nonaka: CRS and Asthma : Pathogenesis and affective pharmalogical teratments.  15th Asian Research Symposium in Rhinology,  Singapore,  2012/05
3. ◎山村幸江: 耳鼻咽喉科領域用スコープの感染管理.  第28回日本環境感染学会総会,  神奈川県横浜市,  2013/03
4. ◎野中学: 喘息に対する吸入療法強化により改善した好酸球性中耳炎・副鼻腔炎症例.  2013年アレルギー疾患治療学術講演会,  東京,  2013/02
5. ◎吉原俊雄: IgG4関連疾患:Mikulicz病とKüttner腫瘍の臨床像について.  第32回日本画像医学会,  東京都,  2013/02
全件表示(31件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者