<<< 前 2012年度 2013年度 2014年度 | 2015年度 | 2016年度 次 >>>
 耳鼻咽喉科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   吉原 俊雄
准教授:
   野中 学
講師:
   山村 幸江
助教:
   一瀬 和美
   岡 良和
   門園 修
   草間 薫
   崎谷 恵理
   瀬尾 友佳子
   立川 麻也子
   柳澤 桂子
■ 概要
<B>ミクリッツ病・IgG4関連疾患の病理学的検討</B>
IgG4関連疾患として理解されつつあるミクリッツ病、キュットナー腫瘍の臨床ならびに基礎的研究を行っています。
<B>木村病の病態解明と新しい治療法</B>
木村病の発症機序解明のため、次世代シークエンサーを用いて遺伝子解析を行いTSLP、TSLPRの関与について検討。抗IgE抗体を用いた新しい治療法に挑戦する。
<B>アレルギ-性鼻炎病態形成にける上皮細胞の役割について</B>
アレルギ-性鼻炎の病態形成には、鼻粘膜の上皮細胞は重要な働きをしています。Nasal brushingの手法を用い、季節性アレルギ-性鼻炎の吸入抗原暴露を受けているときと、受けていないときの、上皮細胞におけるサイトカイン、ケモカインなどの発現の経時的変化を検討しています。
<B>好酸球性副鼻腔炎治療指針の作成</B>
近年増加している型で好酸球の浸潤が顕著にみられます。病因解明の基礎的研究を行いながら、ステロイド点鼻薬、抗ロイコトリエン薬などの有効性を検討し、内視鏡下副鼻腔手術を含め、重症度に合わせた治療指針の作成を行っています。 好酸球性中耳炎の病態解明と有効な治療法の検討
昨年、好酸球性中耳炎の研究グル-プの1人として好酸球性中耳炎の診断基準を作成しました。好酸球性中耳炎には、軽症なものから重症なものまであり、その違いはどうしておこるのか検討しています。
<B>鼻・副鼻腔線維芽細胞の特殊性と慢性副鼻腔炎病態形成における役割の解明</B>
近年、線維芽細胞は自然免疫や獲得免疫に深く関わっていることが分かってきています。特に最近では、鼻・副鼻腔線維芽細胞は、慢性副鼻腔炎の病態形成に重要な種々のtoll like receotprs (TLRs)に反応することを解明しました。現在は、人の複雑な生体反応に重要な働きをしていますnon coding RNAの、鼻・副鼻腔線維芽細胞における発現を検討しています。
唾液腺TcシンチグラフィにおいてWarthin腫瘍とオンコサイトーマは特異的に集積像を示します。集積の機序の解明のため、細胞膜でヨード能動輸送を担うNISに着目し、唾液腺腫瘍における発現を調べています。
全件表示(6件)
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 7 0 9 1 1 0  0 2 0 0  20 8  0 1  1 2
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Akai Aki, Yamamura Yukie*, Nonaka Manabu, Yoshihara Toshio:  99mTcO4- accumulation in scintigraphy and expression of Na+/I- symporter in salivary gland tumors.  Auris, nasus, larynx  41 (6) :532-538 , 2014.12   DOI:10.1016/j.anl.2014.08.002
2. 鯨井桂子, 瀬尾友佳子, 吉原俊雄*:  腫瘍形成した舌魚骨異物例.  日本耳鼻咽喉科感染症・エアゾル学会会誌  2 (2) :87-89 , 2014.5
総説及び解説
1. 草間薫, 山村幸江, 吉原俊雄:  【痛みの鑑別診断】 口の中が痛い.  耳鼻咽喉科・頭頸部外科  87 (3) :216-221 , 2015.3
2. 野中学:  好酸球性副鼻腔炎に対する手術と術後治療.  日本耳鼻咽喉科学会会報  117 (12) :1498-1499 , 2014.12
3. 山村幸江, 吉原俊雄:  疾患と病理生理 口腔乾燥症.  JOHNS  30 (9) :1387-1390 , 2014.9
4. 野中学:  全身性疾患と関連する耳鼻咽喉科疾患 好酸球性副鼻腔炎.  日本耳鼻咽喉科学会会報  117 (9) :1226-1228 , 2014.9
5. 野中学, 瀬尾友佳子:  【鼻の疑問に答える】鼻の形についての疑問 小児と成人で鼻副鼻腔の形はどのように違うのか?.  JOHNS  30 (7) :817-821 , 2014.7
全件表示(15件)
ページの先頭へ
■ 著書
1. 吉原俊雄:  唾液腺腫脹.  ENT Compas  77-78.  ライフ・サイエンス,  日本, 2014
2. 吉原俊雄:  副交感神経刺激薬.  耳鼻咽喉科最新薬物療法マニュアル―選び方・使い方  244-246.  中山書店,  日本, 2014
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎IZUMI Sachiko, AKIMOTO Tetsuo, KONO Sawa, HASHIMOTO Yaichirou, MAEBAYASHI Katsuya, YOSHIHARA Toshio, MITSUHASHI Norio: Outcomes and Failure Patterns of Oropharyngeal Cancer treated with Simultaneous Integrated Boost-Intensity Modulated Radiation Therapy (SIB-IMRT).  ARRS 2014 Annual Meeting,  San Diego,America,  2014/05
2. ◎宇野真莉子, 野中学, 吉原俊雄: 顎下腺線維素性唾液管園の腺・導管系の免疫組織学的検討.  第33回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会,  東京,  2015/02
3. ◎鯨井桂子, 野中学, 崎谷恵理, 吉原俊雄: 木村病におけるIL-18の発現についての検討.  第33回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会,  東京,  2015/02
4. ◎前田恭世, 野中学, 吉原俊雄: 小児耳下腺癌の4症例.  第25回日本頭頸部外科学会学術総会,  大阪府,  2015/01
5. ◎宇野真莉子, 山村幸江, 野中学, 吉原俊雄: 線維素性唾液管炎の腺・導管系の病理学的検討.  第59回日本唾液腺学会学術集会,  東京都,  2014/12
全件表示(32件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者