<<< 前 2009年度 2010年度 2011年度 | 2012年度 | 2013年度 次 >>>
 耳鼻咽喉科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   吉原 俊雄
准教授:
   野中 学
講師:
   山村 幸江
助教:
   一瀬 和美
   岡 良和
   宮本 真理子
■ 概要
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 17 0 5 0 0 4  0 3 0 0  19 15  2 3  0 3
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Kannika Roongrotwattanasiri, Ruby Pawankar, Sachiko Mori, Manabu Nonaka, Toshiaki Yagi:  Decreased Expression of FOXP3 in Nasal Polyposis.  Allergy Asthma Immunol Research  4 (1) :24-30 , 2012.1
2. Inose Yuri, Kobayashi Masaki, Hiroi Atsuko, Toi Sono, Maruyama Kenji, Shimizu Yuko, Shibata Noriyuki, Yoshihara Toshio, Uchiyama Shinichiro:  A case of adenoid cyctic carcinoma presenting as Garcin's syndrome without mass formation.  Internal Medicine  51 (1) :87-91 , 2012.1   DOI:10.2169/internalmadicine.51.5917
3. 山村幸江, 赤井晶, 吉原俊雄:  99mTc04-シンチ陽性耳下腺腫瘍の抗Na/Iシンポーター抗体による免疫染色およびリアルタイムPCRによるNIS mRNAの発現定量の解析.  東京女子医科大学総合研究所紀要  31 :84-85 , 2011.8
4. 吉原俊雄, 宮本真理子, 山村幸江, 阿保尚子:  ミクリッツ病 IgG4関連疾患の病理学的検討.  東京女子医科大学総合研究所紀要  31 :86-87 , 2011.8
5. Satoko Kimura, Ruby Pawankar, Sachiko Mori, Manabu Nonaka, Satou Masuno, Toshiaki Yagi, Kimihiro Okubo:  Increased Expression and Role of Thymic Stromal Lymphopoietin in Nasal Polyposis.  Allergy Asthma Immunol Research  3 (3) :186-193 , 2011.7
総説及び解説
1. 吉原俊雄, 山村幸江, 岡良和:  【治りにくい症状への対応】治りにくい唾液分泌異常.  耳鼻咽喉科・頭頸部外科  83 (13) :1013-1017 , 2011.12
2. 山村幸江, 吉原俊雄:  【私の処方箋】口腔咽頭領域 口腔・咽頭乾燥症.  JOHNS  27 (9) :1414-1416 , 2011.9
3. 山村幸江, 吉原俊雄:  【これを読めばPETがわかる】唾液腺腫瘍のPET.  耳鼻咽喉科・頭頸部外科  83 (10) :743-746 , 2011.9
4. 串美喜子, 山村幸江, 吉原俊雄:  【特殊疾患への対応】サルコイドーシスの診断と治療.  耳鼻咽喉科・頭頸部外科  83 (4) :275-281 , 2011.4
5. 吉原俊雄:  唾液腺結核.  ENTONI  130 :55-58 , 2011
全件表示(13件)
症例報告
1. 桑内麻也子, 奥野妙子, 畑裕子, 松本有, 小嶋康隆:  ムコイド型肺炎球菌を起因菌とした耳性頭蓋内合併症の2例.  Otology Japan  22 (2) :141-147 , 2012.3
2. 奥出梓, 多賀谷悦子, 玉置淳, 野中学:  抗IgEモノクローナル抗体が奏効した好酸球性中耳炎合併難治性喘息の1例.  アレルギーの臨床  32 (3) :264-268 , 2012.3
3. 奥出梓, 松本悦子, 玉置淳, 野中学:  抗IgEモノクローナル抗体が奏効した好酸球性中耳炎合併難治性喘息の1例.  アレルギーの臨床  32 (3) :66-70 , 2012.3
4. 岡良和, 野中学, 吉原俊雄:  目で見る耳鼻咽喉科 OK-432硬化療法が著効した舌根部正中頸嚢胞の1例.  耳鼻咽喉科・頭頸部外科  83 (10) :724-726 , 2011.9
5. 田中友佳子, 栗田宣彦, 松本有, 原田品子, 佐多由紀, 畑裕子, 小嶋康隆, 奥野妙子:  下咽頭神経鞘腫の1例.  耳鼻咽喉科・頭頸部外科  83 (8) :595-599 , 2011.7
全件表示(7件)
その他
1. 崎谷恵理, 野中学, 吉原俊雄, 古川徹:  軟部好酸球性肉芽腫症における好酸球性炎症成立の機序の解明.  東京女子医科大学総合研究所紀要  31 :88-89 , 2011.8
ページの先頭へ
■ 著書
1. 吉原俊雄:  どのような所見で唾石症を疑うか.  耳鼻咽喉科診療 私のミニマム・エッセンシャル  223-225.  全日本病院出版会,  日本, 2011
2. 吉原俊雄:  耳下腺の腫脹にどう対処するか?.  耳鼻咽喉科診療 私のミニマム・エッセンシャル  226-228.  全日本病院出版会,  日本, 2011
3. 吉原俊雄:  小児反復性耳下腺炎.  小児科臨床ピクシス 耳・鼻・のど・いびき  136-137.  中山書店,  日本, 2011
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Toshio Yoshihara: CLINICAL ASPECTS OF DIFFUSE SALIVARY GLAND ENLARGEMENT.  Third International Congress on Salivary Gland Diseases,  Geneva, Switzerland,  2012/03
2. ◎Toshio Yoshihara: Difficulties at the start: Logistical problems.  First International Sialendoscopy Conference,  Geneva, Switzerland,  2012/03
3. Toshio Yoshihara: Endoscopic Surgery for Salivary Gland Diseases.  11th Japan-Taiwan conference on Otolaryngology-Head and Neck surgery,  Kobe,  2011/12
4. ◎Manabu Nonaka: Promising pharmacological treatments for chronic rhinosinusitis associated with asthma.  30th International Symposium on Infection and Allergy of the Nose,  Tokyo,  2011/09
5. ◎野中 学, 吉原 俊雄, 草間 薫, パワンカール ルビー, 酒主 敦子: 喘息合併慢性副鼻腔炎の薬物治療について‐下気道の治療強化による効果‐.  第112回日本耳鼻咽喉科学会,  京都市,  2011/05
全件表示(42件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者