<<< 前 2019年度 2020年度 2021年度 | 2022年度 次 >>>
 産婦人科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   田畑 務
   熊切 順
   安達 知子
   舟本 寛
准教授:
   中林 章
講師:
   秋澤 叔香
助教:
   本橋 卓
   菅野 俊幸
   下地 香乃子
   橋本 友美
   堀部 悠
   村田 周子
■ 概要
特徴
当科は総合周産期母子医療センターとして、日々、母体搬送を受け入れています。糖尿病や心臓疾患などの合併症を有している妊婦の管理においては全国有数で、他の診療科と密接な連携を取り診療に当たっています。婦人科部門においては悪性腫瘍の手術・化学療法などの集学的治療を数多く行っています。また、ロボット手術・腹腔鏡手術などの低侵襲手術に力を入れ、良性手術だけでなく悪性腫瘍手術にも積極的に取り入れています。さらに、生殖補助医療(不妊治療)も積極的に行っており、最新の治療を提供するだけでなく、早稲田大学との共同で子宮内膜彩細胞シートを用いた着床に関する研究も行っています。

専門医
日本産科婦人科学会・産婦人科専門医22名

婦人科
日本婦人科腫瘍学会・婦人科腫瘍専門医3名
日本癌治療学会・癌治療認定医5名
日本産科婦人科内視鏡学会・技術認定医5名
日本内視鏡外科学会・技術認定2名
日本臨床細胞学会・細胞診専門医3名

産科
日本周産期・新生児医学会(母体・胎児)専門医5名
母体保護法指定3名
日本超音波医学会・超音波専門医1名
日本胎児心臓病学会・胎児心エコー認定医1名

生殖・内分泌領域
日本生殖医学会・生殖医療専門医2名
日本人類遺伝学会・臨床遺伝専門医3名

女性医学
日本女性医学学会 女性ヘルスケア専門医 2名
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 3 0 0 5  0 6 0 0  0 3  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Kondo Eiji, Yoshida Kenta, Tabata Tsutomu, Kobayashi Yoichi, Yamagami Wataru, Ebina Yasuhiko, Kaneuchi Masanori, Nagase Satoru, Machida Hiroko, Mikami Mikio:  Comparison of treatment outcomes of surgery and radiotherapy, including concurrent chemoradiotherapy for stage Ib2-IIb cervical adenocarcinoma patients: a retrospective study.  Journal of gynecologic oncology  33 (2) :e14 , 2022.3   DOI:10.3802/jgo.2022.33.e14
2. Kondo Eiji, Nimura Ryo, Maki Shintaro, Kaneda Michiko, Nii Masafumi, Yoshida Kenta, Tabata Tsutomu, Ikeda Tomoaki:  Prognostic Benefit of ≥6 Cycles of Neoadjuvant Chemotherapy for Advanced Ovarian, Tubal, and Peritoneal Cancers.  Anticancer research  41 (8) :4157-4161 , 2021.8   DOI:10.21873/anticanres.15219
3. Akashi K*, Nagashima Y, Tabata T, Oda H:  Immunochemical analysis of iron transporters and M2 macrophages in ovarian endometrioma and clear cell adenocarcinoma.  Molecular and clinical oncology.  15 :156 , 2021.6   DOI:org/10.3892/mco.2021.2321
4. Sakai Kensuke, Yamagami Wataru, Machida Hiroko, Ebina Yasuhiko, Kobayashi Yoichi, Tabata Tsutomu, Kaneuchi Masanori, Nagase Satoru, Enomoto Takayuki, Aoki Daisuke, Mikami Mikio:  A retrospective study for investigating the outcomes of endometrial cancer treated with radiotherapy.  International journal of gynaecology and obstetrics: the official organ of the International Federation of Gynaecology and Obstetrics  :13725 , 2021.4   DOI:10.1002/ijgo.13725
5. 中林 章, 永田 怜子, 菅野 俊幸, 下地 香乃子, 本橋 卓, 熊切 順, 田畑 務:  モルセーフ使用における鉗子ガイド下カメラポート挿入法.  日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  37 (1) :38-43 , 2021
総説及び解説
1. 中林 章:  【産婦人科患者説明ガイド-納得・満足を引き出すために】不妊・不育 卵管疎通性検査を行うにあたっての患者説明.  臨床婦人科産科  75 (4) :136-139 , 2021.4
症例報告
1. Ebina Yasuhiko, Yamagami Wataru, Kobayashi Yoichi, Tabata Tsutomu, Kaneuchi Masanori, Nagase Satoru, Enomoto Takayuki, Mikami Mikio:  Clinicopathological characteristics and prognostic factors of ovarian granulosa cell tumors: A JSGO-JSOG joint study.  Gynecologic oncology  163 (2) :269-273 , 2021.11   DOI:10.1016/j.ygyno.2021.08.012
2. 堀部 悠, 熊切 順, 中林 章, 永田 怜子, 菅野 俊幸, 本橋 卓, 秋澤 叔香, 田畑 務:  両側骨盤内膿瘍を合併した閉塞性子宮奇形に対して、腹腔鏡下片側付属器摘出術を施行した1例.  東京産科婦人科学会会誌  70 (3) :566-571 , 2021.7
ページの先頭へ
■ 著書
1. 田畑務:    診療ガイドライン up-to-date 2022-2023  919-922.  株式会社メディカルレビュー社,  東京, 2022.2
2. 田畑務:  分子メカニズムから理解する婦人科がんの薬物療法.  産婦人科の実際  1445-1451.  金原出版,  東京, 2021.11
3. 田畑務:    動画で完全マスター ステップ・バイ・ステップで身につく結紮・運針  1-143.  中外医学社,  東京, 2021.11
4. 田畑務, 本橋卓:    婦人科がん薬物療法パーフェクトガイド  52-56.  診断と治療社,  東京, 2021.9
5. 田畑務:  子宮体癌・卵巣癌における Staging Laparotomy  en bloc骨盤・傍大動脈リンパ節郭清術.  改訂2版 産婦人科手術スーパーレッスン  1-171.  株式会社メディカ出版,  大阪, 2021.8
全件表示(6件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. 高橋征紀高橋征紀, 秋澤叔香, 石垣景子, 松村 剛: 本邦における筋強直性ジストロフィー1型の遺伝医療の実態ー臨床遺伝専門医および全国遺伝子医療部門連絡会議施設調査.  日本人類遺伝学会第66回大会、第28回日本遺伝子診療学会大会 合同開催,  横浜(現地開催 + Web),  2021/10
2. ◎KURAMOTO Goro, Ibrahim HAMMAD, Robert SILVER, OKANO Teruo: Preventive effect of umbilical cord mesenchymal stem cell sheet for uterine fibrosis after uterine surgery in a rat model.  第73回日本産科婦人科学会,  Niigata,  2021/04
3. ◎小林文, 有村健, 菊池賢, 新井里子, 和田雅樹, 田畑務, 徳重克年, 川名正敏, 多賀谷悦子: SARS-CoV-2 陽性妊婦の救急外来での経膣分娩と当院における院内感染対策について.  第61回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2021/04
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者