<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 産婦人科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   田畑 務
   熊切 順
   安達 知子
   舟本 寛
准教授:
   中林 章
講師:
   秋澤 叔香
助教:
   本橋 卓
   阿部 結貴
   小熊 怜子
   小平 賢介
   菅野 俊幸
   木崎 尚子
   藏本 吾郎
   高橋 伸子
   橋本 友美
   深澤 祐子

   堀部 悠
   村田 周子
   劉 樺
■ 概要
特徴
婦人科
 腫瘍領域
婦人科悪性腫瘍に対する手術・化学療法(日本婦人科腫瘍学会専門医3名 指導施設)
婦人科癌診断(日本臨床細胞学会指導医3名)
絨毛性疾患の治療

 生殖・内分泌領域
体外受精(合併症を持つ患者多い 生殖・内分泌指導医1名)

 女性医学
更年期障害の治療(女性医学指導医2名)

 周産期医学
都内13か所の総合周産期センターの一つであり、心臓・糖尿病・腎臓病合併妊娠では日本有数の数である(周産期指導医3名)
切迫早産などの治療
胎児共存奇胎などの異常妊娠
優れた医療技術
・ 絨毛性疾患の管理・治療では日本で有数な治療数を誇り、都内ばかりでなく、
  全国からの紹介患者も多数
・ 周産期領域では心臓・糖尿病・腎臓病合併妊娠では日本有数の数
・ 癌治療では手術と化学療法を組み合わせた治療を積極的に行っている
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 2 0 7 0 0 5  0 6 0 1  0 1  0 2  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Matsuo Koji, Machida Hiroko, Yamagami Wataru, Ebina Yasuhiko, Kobayashi Yoichi, Tabata Tsutomu, Kaneuchi Masanori, Nagase Satoru, Enomoto Takayuki, Mikami Mikio:  Intraoperative Capsule Rupture, Postoperative Chemotherapy, and Survival of Women With Stage I Epithelial Ovarian Cancer.  Obstetrics and gynecology  134 (5) :1017-1026 , 2019.11   DOI:10.1097/AOG.0000000000003507
2. Machida Hiroko, Matsuo Koji, Yamagami Wataru, Ebina Yasuhiko, Kobayashi Yoichi, Tabata Tsutomu, Kanauchi Masanori, Nagase Satoru, Enomoto Takayuki, Mikami Mikio:  Trends and characteristics of epithelial ovarian cancer in Japan between 2002 and 2015: A JSGO-JSOG joint study.  Gynecologic oncology  153 (3) :589-596 , 2019.6   DOI:10.1016/j.ygyno.2019.03.243
3. Nimura A, Ishitani K, Norimatsu Y*, Okada K, Akizawa Y, Yanoh K, Hirai Y, Nagashima Y, Irino S, Kobayashi TK, Tabata T:  Evaluation of Cellular Adequacy in Endometrial Liquid-Based Cytology.  Cytopathology : official journal of the British Society for Clinical Cytology  30 (5) :526-531 , 2019.5   DOI:10.1111/cyt.12716
総説及び解説
1. 田畑務:  卵巣癌治療におけるPARP阻害薬.  Kagawa J Obstet Gynecol  :1-7 , 2019.9
症例報告
1. KAWABATA Ikuno, NAGATA Reiko, SATO Yoichi, KAKOGAWA Jun, OGAWA Masaki, TABATA Tsutomu:  Devolopment of severe thrombocytopenia 3 months after delivery complicated with early-onset preeclampsia: case report.  Hypertension Research in Pregnancy  7 (2) :82-87 , 2019.11   DOI:DOI:10. 14390/jsshp.HRP2019-004
2. 長久保翔子, 尾身葉子, 小川正樹, 増井憲太, 岡本高宏:  妊娠中期に手術を施行した原発性副甲状腺機能亢進症の1例.  日本臨床外科学会雑誌  80 (9) :1593-1597 , 2019.9
3. Mitsuboshi Shota, Matsumoto Takako, Isak Tamami, Kumakiri Jun, Yamamoto Tomoko, Kanzaki Masato:  A Case of Unexplained Pleural Effusion Diagnosed as Meigs’ Syndrome.  TWMU Journal  :1-4 , 2019.9   DOI:10.24488/twmuj.2019001
4. 柏崎 咲絵, 佐藤 陽一, 鈴木 正人, 永田 怜子, 鈴木 志帆, 阿部 結貴, 水主川 純, 川端 伊久乃, 小川 正樹:  妊娠中期に診断された褐色細胞腫合併妊娠の1例.  東京産科婦人科学会会誌  68 (2) :277-283 , 2019.4
その他
1. 小川 正樹:  【産婦人科救急・当直対応マニュアル】産科編 分娩当直での緊急対応 肩甲難産.  臨床婦人科産科  73 (4) :230-234 , 2019.4   DOI:DOI:10.11477/mf.1409209686
2. 熊切 順:  【進化する子宮筋腫診療-診断から最新治療・合併症まで】手術手技のポイントと留意点 子宮筋腫による不妊機序と子宮筋腫核出術の適応.  臨床婦人科産科  73 (10) :995-1000 , 2019.10
3. 長久保 翔子, 尾身 葉子, 小川 正樹, 増井 憲太, 岡本 高宏:  妊娠中期に手術を施行した原発性副甲状腺機能亢進症の1例.  日本臨床外科学会雑誌  80 (9) :1593-1597 , 2019.9
4. 小川 正樹:  【知っていますか?産科主要疾患-最新の定義/海外の定義との違い】胎児発育異常 FGRとSGAの違い.  周産期医学  49 (7) :989-991 , 2019.7
5. 鈴木 正人, 水主川 純, 村田 周子, 鈴木 優人, 金沢 純子, 佐藤 陽一, 川端 伊久乃, 小川 正樹, 田畑 務, 藤間 千尋:  妊娠21週に急性腎障害をきたし抗糸球体基底膜抗体型急速進行性糸球体腎炎と診断された1例.  東京産科婦人科学会会誌  68 (3) :469-473 , 2019.7
全件表示(1件)
ページの先頭へ
■ 著書
1. 田畑務:  基本手術手技の習得・指導ガイダンス―専攻医修了要件をどのように満たすか?
【婦人科悪性腫瘍の手術(助手の仕方)】
婦人科悪性腫瘍に対する開腹手術:腹式広汎子宮全摘出術の助手の仕方.  臨床婦人科産科  1108-1114.  医学書院,  東京, 2019.11
2. 田畑務:    産婦人科手術スパーレッスン 広汎子宮全摘出術 ハイビジョン&DVD動画で完全理解  1-214.  株式会社メディカ出版,  大阪市, 2019.8
3. 田畑務:    産婦人科手術スーパーレッスン 広汎子宮全摘術につながる 腹式単純子宮全摘術  1-102.  株式会社メディカ出版,  大阪市, 2019.5
4. 田畑務:    産科婦人科疾患最新の治療2019-2021  255.  南江堂,  東京, 2019.5
5. 本橋 卓, 田畑 務:  【産婦人科救急・当直対応マニュアル】婦人科編 症状・所見からみた疾患鑑別と病態把握 救急外来 卵巣に腫大・腫瘤がみられる患者がコンサルトされたとき.  臨床婦人科産科  37-40.  (株)医学書院,  東京, 2019.4
全件表示(7件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Akira Yabuno, Tsutomu Tabata, Hirofumi Michimae, Tetsuro Oishi, Miwa Nonaka, Masashi Takano, Toru Hirata, Keiichi Fujiwara, Toru Sugiyama: Randomized phase III trial comparing pegylated liposomal doxorubicin (PLD) 50 mg/m2 and 40 mg/m2 in patients with platinum-resistant Müllerian carcinoma.  ASCO: American Society of Clinical Oncology,  シカゴ、米国,  2019/05
2. Eiji Kondo, Tsutomu Tabata, Nao Suzuki, Daisuke Aoki, Osamu Tokuyama, Kiyoko Kato, Tetsutaro Hamano, Yoshio Kotera, Keiichi Fujiwara, Eizo Kimura, Fumitoshi Terauchi, Toshiyuki Sumi, Aikou Okamoto, Nobuo Yaegashi, Takayuki Enomoto, Toru Sugiyama: The prognosis of patients with recurrent or persistent ovarian clear cell carcinoma: Results from a randomized phase III study.  ASCO: American Society of Clinical Oncology,  シカゴ、米国,  2019/05
3. 田畑 務: 外科系教育の新時代 産婦人科手術クラブ.  第61回日本婦人科腫瘍学会学術集会,  新潟,  2019/06
4. 秋澤 叔香, 藤間 千尋, 村田 周子, 鈴木 優人, 堀部 悠, 小平 賢介, 菅野 俊幸, 高橋 伸子, 中林 章, 熊切 順: 生体腎移植術後症例における婦人科腹腔鏡下手術の実際.      2019/08
5. 菅野 俊幸, 堀部 悠, 小平 賢介, 阿部 結貴, 高橋 伸子, 秋澤 叔香, 中林 章, 熊切 順: 右鼠径リンパ節転移を認めた子宮体部低異型度類内膜腺癌IVB期1例の治療経験.      2019/08
全件表示(17件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者