<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度 | 2020年度 次 >>>
 産婦人科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   田畑 務
   熊切 順
   安達 知子
   舟本 寛
准教授:
   中林 章
講師:
   秋澤 叔香
助教:
   本橋 卓
   阿部 結貴
   小熊 怜子
   小平 賢介
   菅野 俊幸
   木崎 尚子
   藏本 吾郎
   橋本 友美
   深澤 祐子
   堀部 悠

   村田 周子
   劉 樺
■ 概要
特徴
当科は総合周産期母子医療センターとして、日々、母体搬送を受け入れています。糖尿病や心臓疾患などの合併症を有している妊婦の管理においては全国有数で、他の診療科と密接な連携を取り診療に当たっています。婦人科部門においては悪性腫瘍の手術・化学療法などの集学的治療を数多く行っています。また、ロボット手術・腹腔鏡手術などの低侵襲手術に力を入れ、良性手術だけでなく悪性腫瘍手術にも積極的に取り入れています。さらに、生殖補助医療(不妊治療)も積極的に行っており、最新の治療を提供するだけでなく、早稲田大学との共同で子宮内膜彩細胞シートを用いた着床に関する研究も行っています。
優れた医療技術
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  厚生労働省科学研究費 若手研究  (研究課題番号:19K18710)
 研究課題:癌性腹水微小環境が及ぼすγδ型T細胞の増殖抑制解除を目指した新規免疫細胞療法開発 若手研究  (研究代表者:阿部 結貴)
 研究補助金:1,560,000円  (代表)
2.  厚生労働省科学研究費 若手研究  (研究課題番号:19K18654)
 研究課題:細胞シートを用いた子宮内膜組織の三次元構築と受精卵着床・浸潤解明に関する研究  (研究代表者:鈴木 崇)
 研究補助金:1,170,000円  (代表)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 3 1 6 1 0 7  0 6 0 1  0 15  0 3  0 2
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Yamagami Wataru, Mikami Mikio, Nagase Satoru, Tabata Tsutomu, Kobayashi Yoichi, Kaneuchi Masanori, Kobayashi Hiroaki, Yamada Hidekazu, Hasegawa Kiyoshi, Fujimura Hiroyuki, Katabuchi Hidetaka, Aoki Daisuke:  Japan Society of Gynecologic Oncology 2018 guidelines for treatment of uterine body neoplasms.  Journal of gynecologic oncology  31 (1) :e18 , 2020.1   DOI:10.3802/jgo.2020.31.e18
2. ABE Yuki, KOBAYASHI Hirohito, KANNO Toshiyuki, AKIZAWA Yoshika, ISHITANI Ken, HASHIMOTO kazunori, MATSUI Hideo, TABATA Tsutomu:  Application of gamma-delta T cells obtained by ascites filtration for immunotherapy against malignant refractory ascites.  Annals of Cancer Research and Therapy  Volume 27 (Issue 2) :73-79 , 2019.12   DOI:https://doi.org/10.4993/acrt.27.73 Link
3. Matsuo Koji, Machida Hiroko, Yamagami Wataru, Ebina Yasuhiko, Kobayashi Yoichi, Tabata Tsutomu, Kaneuchi Masanori, Nagase Satoru, Enomoto Takayuki, Mikami Mikio:  Intraoperative Capsule Rupture, Postoperative Chemotherapy, and Survival of Women With Stage I Epithelial Ovarian Cancer.  Obstetrics and gynecology  134 (5) :1017-1026 , 2019.11   DOI:10.1097/AOG.0000000000003507
4. Machida Hiroko, Matsuo Koji, Yamagami Wataru, Ebina Yasuhiko, Kobayashi Yoichi, Tabata Tsutomu, Kanauchi Masanori, Nagase Satoru, Enomoto Takayuki, Mikami Mikio:  Trends and characteristics of epithelial ovarian cancer in Japan between 2002 and 2015: A JSGO-JSOG joint study.  Gynecologic oncology  153 (3) :589-596 , 2019.6   DOI:10.1016/j.ygyno.2019.03.243
5. Nimura A, Ishitani K, Norimatsu Y*, Okada K, Akizawa Y, Yanoh K, Hirai Y, Nagashima Y, Irino S, Kobayashi TK, Tabata T:  Evaluation of Cellular Adequacy in Endometrial Liquid-Based Cytology.  Cytopathology : official journal of the British Society for Clinical Cytology  30 (5) :526-531 , 2019.5   DOI:10.1111/cyt.12716
全件表示(6件)
総説及び解説
1. 水主川純, 田畑務:  【やさしくわかる 産科婦人科検査マスターブック】(第1章)周産期分野 HIV.  産科と婦人科  87 (Suppl.) :21-24 , 2020.3
2. 水主川純, 田畑務:  【早産!】胎盤早期剥離の診断.  産科と婦人科  87 (1) :47-51 , 2020.1
3. 田畑務:  卵巣癌治療におけるPARP阻害薬.  Kagawa J Obstet Gynecol  :1-7 , 2019.9
症例報告
1. KAWABATA Ikuno, NAGATA Reiko, SATO Yoichi, KAKOGAWA Jun, OGAWA Masaki, TABATA Tsutomu:  Devolopment of severe thrombocytopenia 3 months after delivery complicated with early-onset preeclampsia: case report.  Hypertension Research in Pregnancy  7 (2) :82-87 , 2019.11   DOI:DOI:10. 14390/jsshp.HRP2019-004
2. 長久保翔子, 尾身葉子, 小川正樹, 増井憲太, 岡本高宏:  妊娠中期に手術を施行した原発性副甲状腺機能亢進症の1例.  日本臨床外科学会雑誌  80 (9) :1593-1597 , 2019.9
3. Mitsuboshi Shota, Matsumoto Takako, Isak Tamami, Kumakiri Jun, Yamamoto Tomoko, Kanzaki Masato:  A Case of Unexplained Pleural Effusion Diagnosed as Meigs’ Syndrome.  TWMU Journal  :1-4 , 2019.9   DOI:10.24488/twmuj.2019001
4. 鈴木正人, 水主川純, 村田周子, 鈴木優人, 金沢純子, 佐藤陽一, 川端伊久乃, 小川正樹, 田畑務, 藤間千尋:  妊娠21週に急性腎障害をきたし抗糸球体基底膜抗体型急速進行性糸球体腎炎と診断された1例.  東京産科婦人科学会会誌  68 (3) :469-473 , 2019.7
5. 村田周子, 阿部結貴, 中林章*, 藤間千尋, 鈴木優人, 小平賢介, 金沢純子, 菅野俊幸, 高橋伸子, 秋澤叔香, 熊切順, 田畑務:  黄体期卵巣刺激周期の採卵前に成立した異所性妊娠により増悪した卵巣過剰刺激症候群(OHSS).  東京産科婦人科学会会誌  68 (3) :537-541 , 2019.7
全件表示(7件)
その他
1. 小川 正樹:  【産婦人科救急・当直対応マニュアル】産科編 分娩当直での緊急対応 肩甲難産(解説/特集).  臨床婦人科産科  73 (4) :230-234 , 2019.4   DOI:org/10.11477/mf.1611202878
ページの先頭へ
■ 著書
1. 田畑務:  基本手術手技の習得・指導ガイダンス―専攻医修了要件をどのように満たすか?
【婦人科悪性腫瘍の手術(助手の仕方)】
婦人科悪性腫瘍に対する開腹手術:腹式広汎子宮全摘出術の助手の仕方.  臨床婦人科産科  1108-1114.  医学書院,  東京, 2019.11
2. 田畑務:    産婦人科手術スパーレッスン 広汎子宮全摘出術 ハイビジョン&DVD動画で完全理解  1-214.  株式会社メディカ出版,  大阪市, 2019.8
3. 熊切 順:  子宮内膜症.  産婦人科内視鏡手術ガイドライン2019年版 日本産科婦人科内視鏡学会編  42-46.  金原出版(株),  東京, 2019.7
4. 田畑務:    産婦人科手術スーパーレッスン 広汎子宮全摘術につながる 腹式単純子宮全摘術  1-102.  株式会社メディカ出版,  大阪市, 2019.5
5. 田畑務:    産科婦人科疾患最新の治療2019-2021  255.  南江堂,  東京, 2019.5
全件表示(7件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Kumakiri J: Long-term assessment of serum anti-Müllerian hormone level after laparoscopic excision and suture for ovarian endometrioma. 28th Annual congress of ESGE, 2019.10, Thessaloniki.  28th Annual congress of ESGE,  Thessaloniki,  2019/10
2. Akira Yabuno, Tsutomu Tabata, Hirofumi Michimae, Tetsuro Oishi, Miwa Nonaka, Masashi Takano, Toru Hirata, Keiichi Fujiwara, Toru Sugiyama: Randomized phase III trial comparing pegylated liposomal doxorubicin (PLD) 50 mg/m2 and 40 mg/m2 in patients with platinum-resistant Müllerian carcinoma.  ASCO: American Society of Clinical Oncology,  シカゴ、米国,  2019/05
3. Eiji Kondo, Tsutomu Tabata, Nao Suzuki, Daisuke Aoki, Osamu Tokuyama, Kiyoko Kato, Tetsutaro Hamano, Yoshio Kotera, Keiichi Fujiwara, Eizo Kimura, Fumitoshi Terauchi, Toshiyuki Sumi, Aikou Okamoto, Nobuo Yaegashi, Takayuki Enomoto, Toru Sugiyama: The prognosis of patients with recurrent or persistent ovarian clear cell carcinoma: Results from a randomized phase III study.  ASCO: American Society of Clinical Oncology,  シカゴ、米国,  2019/05
4. 水主川純: いま,妊娠・出産の現場で何が起こっているのか.  第38回東京産婦人科医会・東京産婦人科学会合同研修会並びに第392回東京産婦人科学会例会,  東京,  2019/12
5. 中林章 藤間千尋 村田周子 橋本友美 菅野俊幸 阿部結貴 高橋伸子 秋澤叔香 熊切順 田畑務: 高度な Asherman 症候群に対して二段階子宮 鏡下癒着剥離術を行い妊娠に至った一例.  第64回日本生殖医学会学術講演会・総会,  神戸,  2019/11
全件表示(20件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者