<<< 前 2020年度 2021年度 2022年度 | 2023年度 次 >>>
 形成外科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   櫻井 裕之
   菊池 雄二
准教授:
   堀 圭二朗
   本田 隆司
   松峯 元
講師:
   伊東 大
   此枝 央人
   田邉 裕美
   新美 陽介
   森田 尚樹
   山本 有祐
助教:
   磯野 伸雄
   猪原 康司
   越智 正和
   桐田 美帆
   佐藤 恵
   髙田 怜
   竹田 昌平
   竹村 絵美
   立津 朝成
   萩原 恒太

   橋本 一輝
   長谷川 祐基
   濱畑 淳盛
   平野 由美
   藤原 英紀
   藤原 修
   本間 健人
   大和 義幸
   湯沢 渚
■ 概要
形成外科ホームページ
形成外科ホームページ
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 0 1 3 3 2  0 1 0 0  12 4  3 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. HIGASHI Yuhei, HOMMA Jun, SEKINE Hidekazu*, UAGO Hiroki, KOBAYASHI Eiji, SHIMIZU Tatsuya:  External pressure dynamics promote kidney viability and perfusate filtration during ex vivo kidney perfusion.  Scientific Reports  12 (1) :21564 , 2022.12   DOI:10.1038/s41598-022-26147-5 Link
2. KONOEDA Hisato, UEMATSU Miyuki, JUMXIAO Nie, MASAMUNE Ken, SAKURAI Hiroyuki:  A trial to visualize perforators images from CTA with a tablet device: experience of operating on minipigs.  Computer assisted surgery (Abingdon, England)  27 (1) :120-127 , 2022.12   DOI:10.1080/24699322.2022.2104172
3. Hajime Matsumine*, Yosuke Niimi:  Basic fibroblast growth factor-impregnated collagen gelatin sponge completes formation of dermis-like tissue within 2 weeks: a prospective cohort study.  Regenerative Therapy  21 :210-215 , 2022.12   DOI:doi.org/10.1016/j.reth.2022.07.007
総説及び解説
1. 橋本一輝, 櫻井裕之:  形成外科の基本知識 皮切・縫合の形成外科的な注意点.  手術  76 (12) :1771-1777 , 2022.11
症例報告
1. 浅香衣里, 越智正和, 大久保嘉之, 磯野伸雄, 堀圭二朗, 八巻隆:  乳房再建術後 5 年目に発症した乳房インプラント関連未分化大細胞型
リンパ腫(BIA-ALCL)の 1 例
~本邦 2 例目の BIA-ALCL 症例報告~.  Oncoplastic Breast Surgery  7 (4) :115-120 , 2022.12   DOI:https://doi.org/10.20699/jopbs.7.4_115
2. Eto K, Machida O, Yanagishita T, Yamamoto Shimojima K, Chiba K, Aihara Y, Nagata M, Ishihara Y, Miyashita Y, Asano Y, Nagata S, Toshiyuki Yamamoto T*:  Novel BCL11B truncation variant in a patient with developmental delay, distinctive features, epilepsy, and early craniosynostosis.  Human Genome Variation  9 :43 , 2022.12   DOI:10.1038/s41439-022-00220-x Link
3. HASEGAWA YUKI, AIHARA YASUO, CHIBA KENTARO, SAKURAI HIROYUKI:  One-Piece Frontoorbital Osteotomy With a Small Supraorbital Burr-Hole to Protect Against Intraoperative Dural Lacerations.  The Journal of craniofacial surgery  33 (6) :1883-1884 , 2022.9
その他
1. Haruka Soyano, Hajime Matsumine*:  Nipple Shield Made from a Thermoplastic with Aluminum Properties.  Plastic and reconstructive surgery. Global open.  11 (3) :e4855 , 2023.3   DOI:10.1097/GOX.0000000000004855
ページの先頭へ
■ 著書
1. 松峯元:  特集 新規創傷治療材料をいかに活かすか ペルナックGプラス®.  形成外科  1152-1157.  克誠堂出版,  東京, 2022.10
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Hajime Matsumine: Preoperative Planning for Cervical Esophageal Reconstruction after Free-Jejunal-Flap Necrosis.  PRS KOREA 2022,  Seoul,  2022/11
2. ◎Hajime Matsumine: Facial nerve regeneration using adipose-derived stem-cell.  Seoul Symposium,  Seoul,  2022/11
3. ◎Hajime Matsumine: Facial nerve repair and regeneration in animal models.  14th International Facial Nerve Symposium,  WEB,  2022/04
4. ◎野間口磨篤, 長谷川祐基, 正宗賢, 櫻井裕之: 容積差を用いた眼窩壁骨折に対するシミュレーション手術.  第32回日本シミュレーション外科学会,  兵庫,  2022/12
5. ◎野間口磨篤, 橋本一輝, 櫻井裕之: 胸壁再建用プローリンメッシュ露出を伴う乳癌担癌症例の経験.  第304回関東形成外科学会東京地方会,  東京,  2022/12
全件表示(19件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者