<<< 前 2018年度 2019年度 2020年度
 形成外科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   櫻井 裕之
   菊池 雄二
准教授:
   堀 圭二朗
   本田 隆司
講師:
   伊東 大
   此枝 央人
   田邉 裕美
   新美 陽介
   森田 尚樹
   山本 有祐
助教:
   池田 果林
   石澤 恵里
   磯野 伸雄
   猪原 康司
   江花 梨沙
   長 渚
   長田 篤祥
   越智 正和
   亀井 航
   桐田 美帆

   小濵 麻衣
   斉藤 喬
   竹村 絵美
   長谷川 祐基
   濱畑 淳盛
   東盛 貴光
   平野 由美
   藤原 英紀
   藤原 修
   本間 健人

   大和 義幸
■ 概要
形成外科ホームページ
形成外科ホームページ
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 1 0 1 1 2  0 1 0 0  2 1  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Kaori Fujii, Hajime Matsumine*, Hironobu Osaki, Yoshifumi Ueta, Wataru Kamei, Yosuke Niimi, Kazuki Hashimoto, Mariko Miyata, Hiroyuki Sakurai:  Accelerated outgrowth in cross-facial nerve grafts wrapped with adipose-derived stem-cell (ADSC) sheets.  Journal of Tissue Engineering and Regenerative Medicine  14 (8) :1087-1099 , 2020.8   DOI:10.1002/term.3083
2. 堀圭二朗, 櫻井裕之:  人工真皮の特徴と実際の使用方法.  PEPARS  (163) :43-52 , 2020.7
3. Hajime Matsumine*, Giorgio Giatsidis, Mika Takagi, Wataru Kamei, Mari Shimizu, Masaki Takeuchi:  Hydrosurgical debridement allows low-invasive and effective wound bed preparation of truncal pressure injuries before flap repair: a prospective uncontrolled case series.  Plastic and reconstructive surgery. Global open.  8 :e2921 , 2020.4   DOI:10.1097/GOX.0000000000002921
症例報告
1. Kamei Wataru, Yago Hiroki, Morioka Kousuke, Sakurai Hiroyuki:  Bilateral Multiple Fingertip Reconstruction with Free Medialis Pedis Flaps for Treating Frostbitten Fingertips.  International Journal of Surgical Wound Care  1 (2) :76-83 , 2020.9   DOI:https://doi.org/10.36748/ijswc.1.2_76
ページの先頭へ
■ 著書
1. 松峯元, 亀井航, 竹内正樹, 櫻井裕之:  ◆特集/瘢痕拘縮はこう治療する! 頚部の瘢痕拘縮 c) 皮弁を用いた頤部~頚部瘢痕拘縮再建の実際.  PEPARS  67-74.  全日本病院出版会,  日本, 2020.9
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎堀圭二朗, 亀井航, 新美陽介, 櫻井裕之: 遊離皮弁移植術後早期における新生静脈灌流.  第63回日本形成外科学会総会・学術集会,  名古屋, 日本,  2020/08
2. ◎堀圭二朗, 亀井航, 長谷川祐基, 櫻井裕之: 口唇動静脈奇形に対する粘膜側切除・再建の治療戦略.  第44回頭頸部癌学会,  Web,  2020/06
3. 亀井航、長 渚、新美陽介、堀 圭二朗、櫻井裕之: 熱傷患者における皮弁を用いた超早期手術の意義.  第63回日本形成外科学会総会・学術集会,  名古屋,  2020/04
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者