<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 形成外科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   櫻井 裕之
   菊池 雄二
准教授:
   八巻 隆
   本田 隆司
講師:
   伊東 大
   此枝 央人
   田邉 裕美
   堀 圭二朗
   森田 尚樹
   山本 有祐
助教:
   池田 果林
   石澤 恵里
   磯野 伸雄
   猪原 康司
   江花 梨沙
   長 渚
   長田 篤祥
   越智 正和
   亀井 航
   桐田 美帆

   小濵 麻衣
   斉藤 喬
   竹村 絵美
   道本 真由子
   新美 陽介
   長谷川 雅弘
   長谷川 祐基
   濱畑 淳盛
   東盛 貴光
   平野 由美

   藤原 英紀
   藤原 修
   本間 健人
   大和 義幸
■ 概要
形成外科ホームページ
形成外科ホームページ
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 1 0 3  0 0 0 0  6 1  1 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. KATAHIRA Jiro, HASEGAWA Masahiro, AIHARA Yasuo*, SAKURAI Hiroyuki, KURE R. K., ISAGO Tsukasa:  Craniosynostosis treatment using distraction devices.  The Journal of craniofacial surgery  31 :51-5153 , 2020.1
2. Hajime Matsumine*, Giorgio Giatsidis, Atsuyoshi Osada, Wataru Kamei, Hiroshi Fujimaki, Yasuhiro Tsukamoto, Kazuki Hashimoto, Kaori Fujii, Hiroyuki Sakurai:  Keratinocyte sheets prepared with temperature-responsive dishes show enhanced survival after in vivo grafting on acellular dermal matrices in a rat model of staged bi-layered skin reconstruction.  Regenerative Therapy  11 :167-175 , 2019.12   DOI:10.1016/j.reth.2019.07.003
3. Hiroshi Fujimaki, Hajime Matsumine*, Hironobu Osaki, Yoshifumi Ueta, Wataru Kamei, Mari Shimizu, Kazuki Hashimoto, Kaori Fujii, Tomohiko Kazama, Taro Matsumoto, Yosuke Niimi, Mariko Miyata, Hiroyuki Sakurai:  Dedifferentiated fat cells in polyglycolic acid-collagen nerve conduits promote rat facial nerve regeneration.  Regenerative Therapy  11 :240-248 , 2019.12
4. Niimi Yosuke, Fukuda Satoshi, Gilbert Ryan S, Baljinnyam Tuvshintugs, Niimi Yu, Matsumine Hajime, Liu Keibun, Jacob Sam, Hawkins Hal K, Cox Robert A, Herndon David N, Prough Donald S, Enkhbaatar Perenlei*:  Surgical anatomy of the ovine sural nerve for facial nerve regeneration and reconstruction research.  Scientific reports  9 (1) :10564 , 2019.7   DOI:10.1038/s41598-019-46661-3
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Wataru Kamei, Hori Keijiro, Hiroyuki Sakurai: Surgical strategy for contracture after cervical burn using Expanded flap.  The 2nd Congress of The Asian Pacific Society for Scar Medicine with The 14th Japan Scar Workshop,  Tokyo, Japan,  2019/11
2. 亀井航、堀圭二朗、櫻井裕之: 血流視覚化による 四肢剥脱創に対する治療戦略.  第46回本マイクロサージャリー学会学術集会,  東京, 日本,  2019/11
3. ◎東盛貴光: 当科で経験した下肢虚血を伴う難治性潰瘍に対するMaggot治療.  第11回日本下肢救済・足病学会学術集会,  神戸, 日本,  2019/06
4. ◎東盛貴光: ブタ小腸粘膜下組織由来コラーゲンシート(OASIS細胞外マトリックス)による治療が奏功した骨露出を伴う難治性潰瘍2例の治療経験.  第127回沖縄県医師会医学会総会,  那覇, 日本,  2019/06
5. ◎東盛貴光, 櫻井裕之: 手指熱傷後瘢痕拘縮に対するイリザロフミニ創外固定器を用いた治療経験.  第45回日本熱傷学会総会・学術集会,  北九州, 日本,  2019/05
全件表示(8件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者