<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度 | 2020年度 | 2021年度 次 >>>
 整形外科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   岡崎 賢
   菅谷 啓之
   土屋 明弘
   野口 昌彦
准教授:
   猪狩 勝則
   村田 泰章
   和田 圭司
講師:
   矢野 紘一郎
   和田 啓義
助教:
   大鶴 任彦
   伊藤 淳哉
   伊藤 匡史
   井上 知久
   岩倉 菜穂子
   薄井 豊
   王 興栄
   神代 秀彬
   倉光 祐二郎
   桑島 海人

   國分 将道
   佐久間 悠
   佐藤 統
   柴 正弘
   菅谷 潤
   高築 義仁
   竹林 友美
   寺山 恭史
   冨永 絢子
   那須 勇紀

   成尾 宗浩
   沼口 綾乃
   沼口 大輔
   萩原 健司
   萩原 洋子
   八田 哲
   廣島 亮
   丸木 千陽美
   丸木 秀行
   宗像 裕太郎

   望月 猛
   森尾 秀徳
   安井 謙二
   山田 晃史
   油井 充
   吉野 友晴
   吉本 憲生
■ 概要
東京女子医科大学整形外科
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 5 3 4 15 2 7  0 4 0 0  7 11  7 4  7 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Taniguchi Hiroto, Itoh Masafumi, Yoshimoto Nobuyuki, Itou Junya, Kuwashima Umito, Okazaki Ken*:  Noise after total knee arthroplasty has limited effect on joint awareness and patient-reported clinical outcomes: retrospective study.  BMC musculoskeletal disorders  21 (1) :115 , 2020.2   DOI:10.1186/s12891-020-3134-7
2. 伊藤淳哉, 桑島海人, 伊藤匡史, 岡崎賢*:  TKAにおける術後DVT発生を予測する可溶性フィブリンモノマー複合体測定の意義.  整形・災害外科  63 (2) :239-242 , 2020.2
3. 伊藤淳哉, 桑島海人, 伊藤匡史, 宗像裕太郎, 倉光祐二郎, 岡崎賢*:  当院における大腿骨近位部骨折の現状.  骨折  42 (1) :167-169 , 2020.1
4. Mochizuki T, Yano K, Ikari K, Okazaki K:  Effect of an orthosis on foot center of pressure translation for treatment of hallux valgus in patients with rheumatoid arthritis: A report of 17 cases.  Asia-Pacific journal of sports medicine, arthroscopy,rehabilitation and  19 :7-10 , 2019.11   DOI:10.1016/j.asmart.2019.10.003
5. Ushio Tetsuro, Okazaki Ken*, Osaki Kanji, Takayama Yukihisa, Sagiyama Koji, Mizu-Uchi Hideki, Hamai Satoshi, Akasaki Yukio, Honda Hiroshi, Nakashima Yasuharu:  Degenerative changes in cartilage likely occur in the medial compartment after anterior cruciate ligament reconstruction.  Knee surgery, sports traumatology, arthroscopy : official journal of the ESSKA  27 (11) :3567-3574 , 2019.11   DOI:10.1007/s00167-019-05468-5
全件表示(27件)
総説及び解説
1. 大鶴任彦*, 岡崎賢:  腎移植後にみられる大腿骨頭軟骨下脆弱性骨折(特集 新しい概念"軟骨下脆弱性骨折"からみえてきたこと).  臨床整形外科  55 (1) :47-53 , 2020.1
2. 濱井 敏, 村上 剛史, 岡崎 賢, 赤崎 幸穂, 水内 秀城, 中島 康晴:  【人工膝関節置換術をめぐる議論】アライメントがkinematicsに与える影響 術後動態解析.  Bone Joint Nerve  9 (2) :171-176 , 2019.4
症例報告
1. Itoh, M. Itou, J. Kuwashima, U. Fujieda, H. Okazaki, K*.:  Deep peroneal nerve injury during plate fixation for medial open-wedge high tibial osteotomy: A case report and cadaveric study.  Clinical case reports  7 (11) :2225-22230 , 2019.12   DOI:10.1002/ccr3.2451
2. 小田 虎賢, 成尾 宗浩, 岡崎 賢:  骨膜パッチを用いて関節包再建を行った膝関節外半月ガングリオンの治療経験.  JOSKAS  44 (2) :328-329 , 2019.4
3. Kashiro Hideaki, Wada Keiji, Yui Mitsuru, Tamaki Ryo, Numaguchi Daisuke, Hagiwara Kenji, Okazaki Ken:  Atlantoaxial Fixation in a Patient with Bilateral Persistent First Intersegmental Vertebral Artery Anomaly Using an O-arm Navigation System: A Case Report.  Spine surgery and related research  3 (2) :196-198 , 2019.4   DOI:10.22603/ssrr.2018-0065
その他
1. 山内かづ代:  整形外科を牽引する女性医師たち- 男女共同参画
未来の整形外科を支える若手の育成のために 脊椎外科から医学教育まで.  臨床整形外科  54 (5) :477-480 , 2019.5
ページの先頭へ
■ 著書
1. 伊藤匡史, 岡崎賢:  【ワンステップアップ膝周囲骨切り術】内側開大式高位脛骨骨切り術における神経血管損傷.  関節外科  906-911.  メディカルビュー社,  東京都新宿区, 2019.9
2. 大鶴任彦:    変形性ひざ関節症には最新治療がある  1-100.  Kindle版,  東京, 2019.6
3. 安井謙二, 堀瀬友貴, 正宗賢, 岡崎賢:  関節窩骨欠損症例に対するリバース型人工肩関節全置換術と3Dプリンタを用いた関節窩再建計画の工夫.  別冊整形外科 整形外科診療における最先端技術  130-133.  南江堂,  東京都, 2019.4 Link
4. 安井謙二, 堀瀬友貴, 内山英昭, 正宗賢, 岡崎賢:  スマートウォッチを用いた振り子運動の定量的解析とその可能性.  別冊整形外科 整形外科診療における最先端技術  70-72.  南江堂,  東京, 2019.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Junya Itou, Umito Kuwashima, Masafumi Itoh, Ken Okazaki: Bony contact is essential to stabilize lateral hinge fracture during open wedge high tibial osteotomy.  ORS 2020 Annual Meeting,  Phoenix, Arizona,  2020/02
2. ◎伊藤 淳哉, 桑島 海人, 伊藤 匡史, 岡崎 賢: Differences in the Anterior Prominence of the Femoral Condyle among Prosthesis Designs in Total Knee Arthroplasty.  ORS 2020 Annual Meeting,  Phoenix, Arizona,  2020/02
3. Umito Kuwashima, Masafumi Itoh, Junya Itou, Ken Okazaki: Investigation of intraoperative gap balance and the risk factor of medial laxity in medial stabilizing gap technique total knee arthroplasty.  Orthopaedic Research Society 2020 Annual meeting,  Phoenix, Arizona,  2020/02
4. INOUE TOMOHISA, WADA KEIJI, TAMAKI RYO, OKAZAKI KEN: Comparison of surgical results of C-arm versus O-arm in C1-2 transarticular screw fixation.  Annual Forum '19,  ラスベガス、アメリカ,  2019/11
5. Kuwashima Umito: Chiba Osteotomy – Indication and technique.  ESSKA Special Days 2019,  Madrid, Spain,  2019/11
全件表示(36件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者