(最終更新日:2019-11-29 13:39:00)
  イカリ カツノリ
  猪狩 勝則
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  整形外科
   職種   准教授
■ 著書
1. 部分執筆  外科「今日の治療指針 2017年版」 2017/01
2. 部分執筆  薬物療法;鎮痛薬(NSAIDs,アセトミノフェン,弱オピオイド)「Evidence Based Medicineを活かす膠原病・リウマチ診療」 2013/03
3. 部分執筆  診断と治療の最先端, 後縦靭帯骨化症遺伝要因の解明「先端医療シリーズ8・整形外科」 2000
■ 学術雑誌
1. 原著  Effect of an orthosis on foot center of pressure translation for treatment of hallux valgus in patients with rheumatoid arthritis: A report of 17 cases. 2019/11
2. 原著  Effect on patellar kinematics of the different patellar component designs in total knee arthroplasty: intraoperative measurement of dome type versus anatomic type. 2019/10
3. 原著  Evaluation of factors associated with locomotive syndrome in Japanese elderly and younger patients with rheumatoid arthritis. 2019/09
4. 原著  Radiographic Outcomes of Mobile-Bearing Total Ankle Arthroplasty for Patients With Rheumatoid Arthritis. 2019/09
5. 原著  Sarcopenia-associated factors in Japanese patients with rheumatoid arthritis: A cross-sectional study. 2019/09
全件表示(149件)
■ 学会発表
1. Advantage of peripheral nerve blocks in early postoperative rehabilitation in the rheumatoid forefoot surgery (口頭発表,一般) 2018/04/19
2. IORRAコホートを用いた発症早期関節リウマチ患者におけるHAQ寛解達成の年代別推移の検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2017/04/21
3. 関節リウマチ患者の生命予後は改善したか (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2017/04/21
4. IORRAコホートを用いた生活保護受給者の関節リウマチ治療の現状に関する検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2017/04
5. IORRAコホートを用いた日本人RA患者における飲酒量とRA疾患活動性の関連性の検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2017/04
全件表示(129件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/04~  関節リウマチにおける関節破壊進行の遺伝学的機構の解明 基盤研究(C) 
2. 2016/05~  個別化医療の開発のための統計的方法論の構築とその実践に関する総合的研究 基盤研究(S) 
3. 2015/04~2018/03  GWASを出発点とする関節リウマチ患者における非椎体骨折リスク診断モデルの構築 基盤研究(B) 
4. 2014/10~  科学的発見・社会的課題解決に向けた各分野のビッグデータ利活用推進のための次世代アプリケーション技術の創出・高度化 その他の補助金・助成金 
5. 2012/04~2015/03  メトトレキサートに対する薬剤反応性遺伝子の同定 基盤研究(C) 
全件表示(11件)
■ 受賞学術賞
1. 2014 日本整形外科学会 日本整形外科学会奨励賞
2. 2010 日本リウマチ学会 日本リウマチ学会奨励賞
3. 2007 武田科学振興財団 武田科学振興財団一般研究奨励賞
4. 2005 整形災害外科研究助成財団 整形災害外科研究助成財団アルケア奨励賞