<<< 前 2019年度 2020年度 2021年度 | 2022年度 次 >>>
 整形外科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   岡崎 賢
   菅谷 啓之
   土屋 明弘
   野口 昌彦
准教授:
   村田 泰章
   和田 圭司
講師:
   岩倉 菜穂子
   宗像 裕太郎
   矢野 紘一郎
   和田 啓義
助教:
   大鶴 任彦
   秋元 理多
   石橋 美菜
   伊藤 淳哉
   伊藤 匡史
   井上 知久
   薄井 豊
   枝重 光洋
   王 興栄
   小田 虎賢

   神代 秀彬
   勝又 愛美
   倉光 祐二郎
   桑島 海人
   國分 将道
   佐藤 統
   柴 正弘
   菅谷 潤
   竹林 友美
   寺山 恭史

   冨永 絢子
   長田 義憲
   成尾 宗浩
   沼口 大輔
   萩原 洋子
   八田 哲
   廣田 智也
   班目 ひろみ
   丸木 千陽美
   望月 猛

   山田 晃史
   油井 充
   吉野 友晴
   吉本 憲生
■ 概要
東京女子医科大学整形外科
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 2 0 0 21 6 8  0 3 0 0  3 1  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. ITOU Junya, KUWASHIMA Umito, ITOU Masafumi, OKAZAKI Ken:  Perioperative varus alignment does not affect short-term patient-reported outcome measures following mobile-bearing unicompartmental knee arthroplasty.  Journal of orthopaedic surgery and research  17 (1) :98 , 2022.2   DOI:10.1186/s13018-022-02999-5
2. ITOH Masafumi, ITOH Junya, KUWASHIMA Umito, OKAZAKI Ken:  Correlation of patient-reported numbness around surgical scars with patient-reported outcome measures and joint awareness after knee replacement: a cohort study.  BMC musculoskeletal disorders  23 (1) :14 , 2022.1   DOI:10.1186/s12891-021-04971-6
3. Matsushita Takehiko, Akiyama Takenori, Osano Kei, Yokoyama Yasuharu, Okazaki Ken:  Biomechanical analysis of the role of hinge support fixators on hinge stability in medial closing wedge distal femoral osteotomy.  Clinical biomechanics (Bristol, Avon)  91 :105528 , 2022.1   DOI:10.1016/j.clinbiomech.2021.105528
4. KUWASAWA Ayano, OKAZAKI Ken, NODA Kuniko, FUKUSHIMA Takeshi, NIHEI Kotaro:  Intra-articular injection of culture-expanded adipose tissue-derived stem cells for knee osteoarthritis: Assessments with clinical symptoms and quantitative measurements of articular cartilage volume.  Journal of orthopaedic science : official journal of the Japanese Orthopaedic Association  epub :epub , 2022.1   DOI:10.1016/j.jos.2021.12.020
5. NRUO Munehiko, NEGISHI Yasuyuki, OKUDA Takahisa, KATSUYAMA Midori, OKAZAKI Ken, MORITA Rimpei:  Alcohol consumption induces murine osteoporosis by downregulation of natural killer T-like cell activity.  Immunity, inflammation and disease  9 (4) :1370-1382 , 2021.12   DOI:10.1002/iid3.485
全件表示(31件)
総説及び解説
1. TOMINAGA Ayako, WADA Keiji, OKAZAKI Ken, NISHI Hideharu, TERAYAMA Yasushi, KATO Yoshiharu:  Response to Letter. "Romosozumab and cardiovascular safety- should we learn lessons from Pioglitazone?.".  Osteoporosis international : a journal established as result of cooperation between the European Foundation for Osteoporosis and the National Osteoporosis Foundation of the USA  :epub , 2022.2   DOI:10.1007/s00198-022-06300-6
ページの先頭へ
■ 著書
1. 岡崎賢:  骨切り術の適応.  膝周囲骨切り術のすべて  2.  メジカルビュー社,  東京, 2021.10
2. 岡崎賢, 松田秀一, 三浦裕正, 津村弘:    膝関節外科学  114.  南江堂,  東京, 2021.8
3. 岡崎賢, 松田秀一:    TKA UKA 人工膝関節置換術パーフェクト  10.  羊土社,  東京, 2021.6
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. 大鶴任彦, 前川祐志, 尾辻正樹, 保田真吾, 岡崎賢: 変形性膝関節症に対するPFC-FD療法-SYNAPSE VINCENTを用いた関節軟骨評価-.  第21回日本再生医療学会総会,  WEB開催,  2022/03
2. 大鶴任彦, 横田直正, 前川祐志,尾辻正樹, 保田真吾: バイオセラピー専門施設の実際-EBMの構築と社会理解の醸成に向けての取り組み-.  第1回日本Knee Osteotomy & Joint Preservation研究会,  神戸,  2021/12
3. 伊藤匡史, 伊藤淳哉, 桑島海人, 岡崎賢: 当科でのCSモバイルTKAの特長と成績.  第69回 東日本整形災害学会,  web,  2021/09
4. ◎大鶴任彦, 横田直正, 前川祐志, 尾辻正樹, 保田真吾, 輿石暁, 岡崎賢: 変形性膝関節症に対するバイオセラピーにおけるMRI三次元画像解析ワークステーションを用いた関節軟骨の評価.  第94回日本整形外科学会学術総会,  東京,  2021/05
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者