<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度
 整形外科
概要 当該年度の研究費受入状況 学会発表


教授:
   岡崎 賢
   菅谷 啓之
   土屋 明弘
   野口 昌彦
准教授:
   猪狩 勝則
   村田 泰章
   和田 圭司
講師:
   矢野 紘一郎
   和田 啓義
助教:
   大鶴 任彦
   塚原 聡
   森田 裕司
   伊藤 淳哉
   伊藤 匡史
   岩倉 菜穂子
   遠藤 大輔
   王 興栄
   大武 修一郎
   神代 秀彬

   倉光 祐二郎
   桑島 海人
   肥沼 直子
   國分 将道
   斉藤 朝海
   佐久間 悠
   篠﨑 晋久
   柴 正弘
   高築 義仁
   竹林 友美

   玉木 亮
   寺山 恭史
   土岐 尋江
   冨永 絢子
   中山 政憲
   成尾 宗浩
   沼口 綾乃
   沼口 大輔
   萩原 洋子
   八田 哲

   廣島 亮
   深谷 久徳
   丸木 秀行
   三箇島 吉統
   宮脇 素子
   宗像 裕太郎
   望月 猛
   森尾 秀徳
   安井 謙二
   山田 晃史

   油井 充
   吉野 友晴
   吉本 憲生
■ 概要
東京女子医科大学整形外科
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 0  0 0 0 0  3 4  2 0  9 2
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎OKAZAKI Ken: How to make perfect bone cut.  The 10th Congress of Asia Pacific Knee Society,  Korea,  2018/11
2. ◎OKAZAKi ken: Ability of Walking After Total Knee Arthroplasty Is Correlated With Preoperative Berg Balance Scale.  The 31st Annual Congress of International Society for Technology in Arthroplasty,  London,  2018/10
3. ◎OKAZAKI Ken, ITOU Masafumi, ITOU Junya, Kuwashima Umito, MARUKI Chiyomi: Surgical treatment for middle to old aged knee osteoarthritis patients with sports demand.  JOSSM-KOSSM combined Meeting,  Tokushima,  2018/09
4. ◎岡崎賢: 二次性変形性膝関節症に対する診断と治療.  第44回日本整形外科スポーツ医学会学術集会,  徳島,  2018/09
5. 真崎藍, 山内かづ代,大鳥精司: サイトカイン発現からみた転移性脊椎腫瘍の疼痛伝達メカニズム.  日本ペインクリニック学会第52回大会,  東京,  2018/07
6. 大鶴任彦, 森田裕司, 宗像裕太郎, 倉光祐二郎, 岡崎賢: 腎移植300症例における大腿骨頭軟骨下脆弱性骨折の検討-MRIを用いた前向き研究-.  第91回日本整形外科学会学術総会,  神戸, 日本,  2018/05
7. 大鶴任彦, 森田裕司, 宗像裕太郎, 伊藤匡史, 倉光祐二郎, 岡崎賢: 感染性人工股関節に対するカスタムメイド人工骨頭型ALACの治療成績と作製時の工夫.  第91回日本整形外科学会学術総会,  神戸, 日本,  2018/05
8. 大鶴任彦, 森田裕司, 宗像裕太郎, 倉光祐二郎, 岡崎賢: 特発性大腿骨頭壊死症に対するセメントレスbipolar型人工骨頭置換術の術後平均20年成績と手術適応.  第91回日本整形外科学会学術総会,  神戸, 日本,  2018/05
9. 大鶴任彦, 島本周治, 加藤義治, 岡崎賢: 生体腎移植患者における骨粗鬆症に対するデノスマブの有効性と安全性の検討.  第91回日本整形外科学会学術総会,  神戸, 日本,  2018/05
10. ◎岡崎賢: 人工膝関節置換術の成績向上のための手技と課題.  第6回聖路加整形外科研究会,  東京都,  2018/11
全件表示(20件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者