<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 八千代医療センター 形成外科
概要 Keywords 当該年度の研究費受入状況
教授・准教授・講師・助手の学会・研究会の役員 社会における活動 学術雑誌
学会発表


教授:
   竹内 正樹
講師:
   松峯 元
助教:
   藤巻 弘
   森 怜子
■ 概要
診療
形成外科全般の幅広い疾患を治療対象としている。
顔面・頸部および手足の先天異常、血管腫・母斑等のアザや皮膚軟部腫瘍、褥瘡・糖尿病性潰瘍などの難治性潰瘍のみならず、加齢や紫外線による皮膚の変化(しみ、しわ、たるみ)にもレーザー治療を中心に対応している。
救急外傷(熱傷、顔面骨骨折、指切断、腱断裂など)も随時受け入れを行っている。
また、下肢静脈瘤の治療、乳がん術後や婦人科手術後などに発生する四肢リンパ浮腫に対するリンパ管静脈吻合術も積極的におこなっている。
眼科と連携し、(加齢性)腱膜性眼瞼下垂で手術も多く行っている。乳腺内分泌外科と合同で乳房一次再建を行う患者も増加している。
卒前教育
3年生セグメント6「研究プロジェクト」では、「創傷治癒と局所陰圧閉鎖療法」をテーマに症例分析、研究発表の指導をおこなっている。
5年生セグメント9選択科実習では、臨床症例の検討と手術方法や術後管理の検討における知識の修得ができるように促し、形成外科的基本手技を体験させる実習もおこなっている。
6年生セグメント10(領域9)では、「皮膚損傷における治療」の講義を担当している。
OSCEでは、頭頸部診察および外科手技の課題評価を担当している
卒後教育
初期臨床研修医に対しては、①糸結びおよび皮膚縫合手技実習、②救急外来での顔面外傷に対する初期治療の講義、③救急外来での熱傷に対する初期治療の講義を担当して、外科基本手技の修得および救急外傷治療での知識の習得ができるように指導している。
形成外科専門医取得前の後期研修医(医療練士)に対しては、担当症例に対して手術方法等、治療方針の検討を行わせることで、各々の症例に対する判断力、知識を高め、技術水準の向上努めている。
ページの先頭へ
■ Keywords
創傷治癒, 皮膚損傷, 顔面骨骨折, 唇裂・口蓋裂, 手・足の先天異常, 母斑, 血管腫, 皮膚良性腫瘍, 皮下良性腫瘍, 皮膚悪性腫瘍, 基底細胞癌, 瘢痕, 瘢痕拘縮, 肥厚性瘢痕, ケロイド, 褥瘡, 難治性皮膚潰瘍, 毛巣洞, 眼瞼下垂, 顔面神経麻痺, 陥入爪, 巻き爪, 皮弁外科, マイクロサージャリー, レーザー治療, 植皮術, エキスパンダー法, 陰圧吸引閉鎖療法, 濃縮血小板血漿療法、乳房再建
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 教授・准教授・講師・助教の学会・研究会の役員
1.  竹内正樹 :日本形成外科学会評議員, 日本形成外科学会専門医試験問題作成委員会委員, 日本形成外科学会専門医生涯教育委員会委員, 日本形成外科学会ガイドライン委員会委員「殿部・外陰部再建診療ガイドライン作成部門」統括責任者、 日本熱傷学会評議員,日本熱傷学会熱傷用語集改訂検討特別委員会委員、日本熱傷学会倫理委員会利益相反部会委員, 日本熱傷学会関東地方会幹事, 日本創傷外科学会評議員, 日本創傷外科学会専門医委員, 日本創傷外科学会将来計画委員会委員, 日本頭蓋顎顔面外科学会代議員, 東京女子医科大学学会評議員
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  竹内正樹 日本・バングラデシュ医療協会(JBMA)の理事として、ダッカ医科大学病院形成外科での手術治療支援、教育講演を定期的におこなっている。 http://www.jpbdma.or.jp/
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 4 4 1  0 0 0 0  2 1  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Hajime Matsumine*, Giorgio Giatsidis, Atsuyoshi Osada, Wataru Kamei, Hiroshi Fujimaki, Yasuhiro Tsukamoto, Kazuki Hashimoto, Kaori Fujii, Hiroyuki Sakurai:  Keratinocyte sheets prepared with temperature-responsive dishes show enhanced survival after in vivo grafting on acellular dermal matrices in a rat model of staged bi-layered skin reconstruction.  Regenerative Therapy  11 :167-175 , 2019.12
2. Hajime Matsumine*, Hiroshi Fujimaki, Mika Takagi, Satoko Mori, Tomohiro Iwata, Mari Shimizu, Masaki Takeuchi:  Full-thickness skin reconstruction with basic fibroblast growth factor-impregnated collagen-gelatin sponge.  Regenerative Therapy  11 :81-87 , 2019.12
3. Niimi Yosuke, Fukuda Satoshi, Gilbert Ryan S, Baljinnyam Tuvshintugs, Niimi Yu, Matsumine Hajime, Liu Keibun, Jacob Sam, Hawkins Hal K, Cox Robert A, Herndon David N, Prough Donald S, Enkhbaatar Perenlei*:  Surgical anatomy of the ovine sural nerve for facial nerve regeneration and reconstruction research.  Scientific reports  9 (1) :10564 , 2019.7
症例報告
1. Matsumine Hajime*, Kamei Wataru, Fujii Kaori, Shimizu Mari, Osada Atsuyoshi, Sakurai Hiroyuki:  One-stage reconstruction by dual-innervated double muscle flap transplantation with the neural interconnection between the ipsilateral masseter and contralateral facial nerve for reanimating established facial paralysis: A report of 2 cases.  Microsurgery  39 (5) :457-462 , 2019.7
2. Matsumine Hajime*, Sasaki Ryo, Fujii Kaori, Sakurai Hiroyuki:  Intramasseteric Schwannoma Derived from the Masseteric Nerve.  Plastic and reconstructive surgery. Global open.  20 (7) :e2175 , 2019
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. 松峯元, 竹内正樹: 咬筋神経と顔面神経により同時二重支配された広背筋-前鋸筋連合筋弁による一期的動的再建術.  第42回日本顔面神経学会,  大阪,  2019/05
2. ◎松峯元, 竹内正樹: ブラック・ジャックにおける同種組織移植の実現性.  第62 回日本形成外科学会総会・学術集会,  札幌,  2019/05
3. ◎竹内正樹: 手術室でのリスクマネジメント-誤認手術を防ぐ取り組み-.  第62回日本形成外科学会総会・学術集会,  札幌,  2019/05
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者