<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 東医療センター 検査科
概要 当該年度の研究費受入状況 社会における活動
著書


教授:
   加藤 博之
准教授:
   坂本 輝彦
   佐藤 浩一郎
助教:
   大塚 洋子
   木原 貴美子
   下嶋 理恵子
   角田 千尋
   渡邊 清
■ 概要
当科の特徴
病院中央検査部門として、検体検査、生理検査、内視鏡検査および治療(光学診療部)を統括している。臨床検査専門医2名、消化器内視鏡専門医4名を含む医師と臨床検査技師により、臨床検査医学教育、臨床検査の精度管理、各種超音波検査消化器内視鏡検査および治療までを行っている。
迅速で正確な検査を通じて東医療センターの臨床を支援していると同時に、消化器内視鏡治療を含む消化器疾患関連の診療も行っている日本でも数少ない部署である。
最新の臨床、研究の実践
1)大腸腫瘍に対する内視鏡的診断と治療。先進医療として行った大腸ESDは、全国でも限られた施設のみで、本学では当科だけであった。最新機器を使用し、診断能力も高い。
2)カプセル内視鏡(CE)に関する臨床および研究。CE導入後数年が経過したが、これまで診断がつかなかったり、治療に難渋していた例の手助けとなっており、地域病院からの紹介も増えてきている。
3)大腸内視鏡検査(CS)の前処置、挿入法に関する研究。CSは、多くの施設で行われているものの、いまだに前処置や挿入が容易とは言い難い。患者さんにとっていかに苦痛なく、しかも正確な検査ができるように工夫を重ねている。
4)髄液細胞の自動分析に関する研究。
5)細菌自動分析に関する研究。
臨床検査科としての取り組み
1)当科は、光学診療部門(内視鏡、超音波)と、臨床検査部門(細菌検査、一般検査、生理検査、生化学検査)に大別されるが、他施設の多くでは2部門が独立しているのに対し、当科では1つの診療部として密接に連携しているという特徴がある。臨床検査科として、2部門を関連づけた題材を研究テーマにしている。
2)本年度から、精度管理委員会を立ち上げた。院内検査において、特に重要性の高いと考えられる異常データについては速やかに臨床へ連絡し、連携を図るよう努めている。
当科独自の教育システムの確立
初期研修医の教育では、2年次に臨床検査医学と消化器内視鏡医学を学ぶことができる。
後期研修医の教育では、2018年度より、基幹施設として臨床検査専門医のカリキュラムが始まる予定である。3年間のカリキュラムで試験に合格すると臨床検査専門医の称号が得られる。
臨床検査技師にj関する教育は、若テ技師のローテーション研修の必要性から、当科独自の教育システムの構築し、2011年より実施している。(当システムについては第58回日本臨床検査医学会総会にて発表した)
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  加藤博之 座長 城東地区UCカンファレンス 2019.6.27 東京
2.  加藤博之 座長 第34回城東地区医療連携フォーラム 2019.6.29 東京
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 0  0 1 0 0  0 0  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 著書
1. 岡庭信司, 岩田好隆:  プローブの操作法 他.  エキスパートから学ぶ腹部超音波検査  1-241.  文光堂,  東京都, 2019.4
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者