<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度 | 2018年度 | 2019年度 次 >>>
 東医療センター 検査科
概要 Keywords 当該年度の研究費受入状況
教授・准教授・講師・助手の公的役職 教授・准教授・講師・助手の学会・研究会の役員 社会における活動
学術雑誌 学会発表


教授:
   加藤 博之
准教授:
   坂本 輝彦
助教:
   大塚 洋子
   木原 貴美子
   下嶋 理恵子
   角田 千尋
   渡邊 清
■ 概要
当科の特徴
病院中央検査部門として、検体検査、生理検査、内視鏡検査および治療(光学診療部)を統括している。臨床検査専門医2名、消化器内視鏡専門医4名を含む医師と臨床検査技師により、臨床検査医学教育、臨床検査の精度管理、各種超音波検査消化器内視鏡検査および治療までを行っている。
迅速で正確な検査を通じて東医療センターの臨床を支援していると同時に、消化器内視鏡治療を含む消化器疾患関連の診療も行っている日本でも数少ない部署である。
最新の臨床、研究の実践
1)大腸腫瘍に対する内視鏡的診断と治療。先進医療として行った大腸ESDは、全国でも限られた施設のみで、本学では当科だけであった。最新機器を使用し、診断能力も高い。
2)カプセル内視鏡(CE)に関する臨床および研究。CE導入後数年が経過したが、これまで診断がつかなかったり、治療に難渋していた例の手助けとなっており、地域病院からの紹介も増えてきている。
3)大腸内視鏡検査(CS)の前処置、挿入法に関する研究。CSは、多くの施設で行われているものの、いまだに前処置や挿入が容易とは言い難い。患者さんにとっていかに苦痛なく、しかも正確な検査ができるように工夫を重ねている。
4)髄液細胞の自動分析に関する研究。
5)細菌自動分析に関する研究。
臨床検査科としての取り組み
1)当科は、光学診療部門(内視鏡、超音波)と、臨床検査部門(細菌検査、一般検査、生理検査、生化学検査)に大別されるが、他施設の多くでは2部門が独立しているのに対し、当科では1つの診療部として密接に連携しているという特徴がある。臨床検査科として、2部門を関連づけた題材を研究テーマにしている。
2)本年度から、精度管理委員会を立ち上げた。院内検査において、特に重要性の高いと考えられる異常データについては速やかに臨床へ連絡し、連携を図るよう努めている。
当科独自の教育システムの確立
初期研修医の教育では、2年次に臨床検査医学と消化器内視鏡医学を学ぶことができる。
後期研修医の教育では、2018年度より、基幹施設として臨床検査専門医のカリキュラムが始まる予定である。3年間のカリキュラムで試験に合格すると臨床検査専門医の称号が得られる。
臨床検査技師にj関する教育は、若テ技師のローテーション研修の必要性から、当科独自の教育システムの構築し、2011年より実施している。(当システムについては第58回日本臨床検査医学会総会にて発表した)
ページの先頭へ
■ Keywords
臨床検査医学 消化器内視鏡 大腸ESD 精度管理
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 教授・准教授・講師・助教の公的役職
1.  加藤博之 :NPO法人女性を大腸癌から守る会最高顧問, 有壬会学術奨励賞審査委員
2.  加藤博之 :腸疾患カンファレンス 世話人
ページの先頭へ
■ 教授・准教授・講師・助教の学会・研究会の役員
1.  加藤博之 :日本大腸肛門病学会評議員
2.  加藤博之 :日本消化器内視鏡学会関東地方会評議員
3.  加藤博之 :日本臨床検査医学会評議員
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  岩田好隆 口演 アンケート調査報告「超音波スクリーニングの操作方法について」 第2回荒川足立内視鏡臨床検査カンファレンス 2017.9.22 東京
2.  加藤博之 下谷医師会学術講演会 「潰瘍性大腸炎の診断と治療(最近の動向)」  2018.3.5 東京
3.  加藤博之 荒川区薬剤師会生涯教育講座 特別講演 「炎症性腸疾患の病態と治療-最近の知見-」 2018.2.26 東京
4.  加藤博之 座長 城東地区UCカンファレンス 基調講演 潰瘍性大腸炎のup-to-date 北里大学医学部 横山薫先生 2017.11.30 東京
5.  加藤博之 全国検査と健康展 健康相談 2017.11.23 大分市
6.  加藤博之 足立区薬剤師会学術講演会 講演 潰瘍性大腸炎の病態と治療 2017.12.19 北千住
7.  加藤博之 第2回荒川足立内視鏡臨床検査カンファレンス 特別講演 座長 2017.9.22 東京
8.  坂本輝彦 口演 最近の機能性消化管疾患の現状 第2回荒川足立内視鏡臨床検査カンファレンス 2017.9.22 東京
9.  市川紗也 第12回荒川リバーサイドカンファレンス 口演 尿沈渣の基礎~尿路感染症から腎疾患まで~ 2017.11.2東京
10.  大牟田繁文 特別講演演者「EUSを中心とした膵疾患における診断・治療の進歩」 荒川足立内視鏡臨床検査カンファレンス 2017.9.22 東京
全件表示(11件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 6 0 0 2  0 0 0 0  3 14  0 0  3 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Chihiro Kosugi, Keiji Koda, Keiichiro Ishibashi, Kazuhiko Yoshimatsu, Soichi Tanaka, Ryouji Kato, Hiroyuki Kato, Masatoshi Oya, Kazuo Narushima, Mikito Mori, Kiyohiko Shuto, Hideyuki Ishida:  Safety of mFOLFOX6/XELOX as adjuvant chemotherapy after curative resection of stage III colon cancer: phase II clinical study (The FACOS study).  Int J Colorectal Dis  :1-10 , 2018.2
2. 横溝肇*, 矢野有紀, 岡山幸代, 山田泰史, 佐竹昌也, 井田在香, 碓井健文, 山口健太郎, 塩沢俊一, 吉松和彦, 島川武, 勝部隆男, 加藤博之, 成高義彦:  再発大腸癌治癒切除例の検討.  癌と化学療法  44 (12) :1194-1196 , 2017.12
3. Masano Sagawa, Kazuhiko Yoshimatsu*, Hajime Yokomizo, Yuki Yano, Sachiyo Okayama, Takebumi Usui, Kentaro Yamaguchi, Shunichi Shiozawa, Takeshi Shimakawa, Takao Katsube, Hiroyuki Kato, Yoshihiko Naritaka:  Worse preoperative status based on inflammation and host immunity is a risk factor for surgical site infections in colorectal cancer surgery.  Journal of Nippon Medical School  84 (5) :224-230 , 2017.11 Link
4. 矢野有紀*, 佐川まさの,横溝肇, 岡山幸代, 山田泰史, 佐竹昌也, 井田在香, 碓井健文, 山口健太郎, 塩沢俊一, 吉松和彦, 島川武, 勝部隆男, 加藤博之, 成高義彦:  免疫・栄養指数は大腸癌鏡視下手術でも合併症予測因子になる.  癌と化学療法  44 (10) :903-905 , 2017.10
5. 佐川まさの*, 横溝肇, 吉松和彦, 矢野有紀, 岡山幸代, 佐久間晶子,佐竹昌也, 山田泰史, 碓井健文, 山口健太郎, 塩沢俊一, 島川武, 勝部隆男, 加藤博之, 成高義彦:  大腸癌手術におけるSurgical Site Infection(SSI)発症と予後との関連について.  癌と化学療法  44 (10) :921-923 , 2017.10 Link
症例報告
1. 河野鉄平, 横溝肇, 矢野有紀, 岡山幸代, 佐竹昌也, 山田泰史, 井田在香, 碓井健文, 山口健太郎, 塩沢俊一, 吉松和彦, 島川武, 勝部隆男, 加藤博之, 成高義彦*:  人工肛門狭窄例に発症した盲腸癌に対し化学療法施行後に手術を行った1例.  癌と化学療法  45 (2) :353-355 , 2018.2
2. 岡山幸代*, 吉松和彦, 横溝肇, 矢野有紀, 山田泰史, 佐竹昌也, 松本敦夫, 藤本崇司, 碓井健文, 山口健太郎, 塩沢俊一, 島川武, 勝部隆男, 加藤博之, 成高義彦:  放射線治療が長期奏効している直腸癌膣後壁再発の1例.  癌と化学療法  44 (12) :1197-1199 , 2017.12
3. 山田泰史, 横溝肇*, 矢野有紀, 岡山幸代, 佐竹昌也, 井田在香, 碓井健文, 山口健太郎, 塩沢俊一, 吉松和彦, 島川武, 勝部隆男, 加藤博之, 成高義彦:  抗EGFR 抗体併用化学療法後に切除し得た局所進行上行結腸癌再発に対し再び同化学療法が著効した1 例.  癌と化学療法  44 (10) :947-949 , 2017.10
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎佐川まさの, 横溝肇, 吉松和彦, 矢野有紀, 岡山幸代, 佐久間晶子, 佐竹昌也, 山田泰史, 碓井健文, 山口健太郎, 島川武, 塩沢俊一, 勝部隆男, 加藤博之, 成高義彦: シンポジウム1 がん患者に対する栄養療法
fStage II/III大腸癌におけるsurgical site infection (SSI)発生の危険因子.  第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会,  横浜,  2018/02
2. ◎山田泰史, 横溝肇, 岡山幸代, 矢野有紀, 吉松和彦, 塩沢俊一, 島川武, 勝部隆男, 加藤博之, 成高義彦: 示説Ⅱ-5 大腸癌の占拠部位による差異のすべて
結腸・直腸S状部癌における占居部位の差異の検討.  第88回大腸癌研究会,  東京,  2018/01
3. ◎大塚洋子, 下嶋理恵子, 木原貴美子, 角田千尋, 光丸哲吉, 川嶋恵, 成高貴子, 渡邊清, 坂本輝彦, 加藤博之: 有茎性大腸腫瘍に対するはさみ鉗子クラッチカッターを使用した内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の有用性.  東京外科系臨床研究会 第36回学術集会,  東京,  2017/12
4. ◎前田裕之, 横溝肇, 矢野有紀, 岡山幸代, 山田泰史, 井田在香, 井藤尚武, 塩沢俊一, 島川武, 吉松和彦, 加藤博之, 成高義彦: 心蘇生後に発症した狭窄型直腸炎の1例.  第43回城東地区外科懇親会,  東京,  2017/12
5. ◎武田孝太, 坂本輝彦, 大塚洋子, 下嶋理恵子, 加藤博之: 当院の時間外輸血検査インシデント・アクシデント防止の取り組み.  第64回日本臨床検査医学会学術集会,  京都,  2017/11
6. ◎加藤博之, 坂本輝彦, 大塚洋子, 下嶋理恵子: 炎症性腸疾患に対するラテックス凝集法による便中カルプロテクチンの測定.  第64回日本臨床検査医学会学術集会,  京都 日本,  2017/11
7. ◎細谷純平, 鈴木卓也, 加藤博之: 多項目自動血球分析装置XN-3000を用いた芽球検出における白血球スキャッタグラム感度の有用性.  第18回日本検査血液学会学術集会,  札幌,  2017/07
8. ◎山田理恵子, 加藤博之, 村瀬博美, 成田徹, 佐久間浩, 宮﨑正二郎, 芳賀駿介, 岩平佳子, 土屋 眞一: 異時性に両側発症したFibromatosis の1例.  第25回日本乳癌学会学術総会,  福岡,  2017/07
9. ◎横溝肇, 矢野有紀, 岡山幸代, 山田泰史, 佐竹昌也, 井田在香, 久原浩太郎, 碓井健文, 山口健太郎, 塩沢俊一, 吉松和彦, 島川武, 勝部隆男, 加藤博之, 成高義彦: ポスター1-7 大腸2
大腸癌肝転移再発治癒例の検討.  第42回日本外科系連合学会学術集会,  徳島,  2017/06
10. ◎横溝肇, 矢野有紀, 岡山幸代, 山田泰史, 佐竹昌也, 井田在香, 碓井健文, 山口健太郎, 塩沢俊一, 吉松和彦, 島川武, 勝部隆男, 加藤博之, 成高義彦: 主題関連1-2「再発癌に対する局所療法」
再発大腸癌治癒切除例の検討.  第39回日本癌局所療法研究会,  京都,  2017/06
全件表示(20件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者