<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度 | 2019年度 次 >>>
 東医療センター 検査科
概要 当該年度の研究費受入状況 教授・准教授・講師・助手の公的役職
教授・准教授・講師・助手の学会・研究会の役員 社会における活動 学術雑誌
学会発表


教授:
   加藤 博之
准教授:
   坂本 輝彦
助教:
   大塚 洋子
   木原 貴美子
   下嶋 理恵子
   角田 千尋
   渡邊 清
■ 概要
当科の特徴
病院中央検査部門として、検体検査、生理検査、内視鏡検査および治療(光学診療部)を統括している。臨床検査専門医2名、消化器内視鏡専門医4名を含む医師と臨床検査技師により、臨床検査医学教育、臨床検査の精度管理、各種超音波検査消化器内視鏡検査および治療までを行っている。
迅速で正確な検査を通じて東医療センターの臨床を支援していると同時に、消化器内視鏡治療を含む消化器疾患関連の診療も行っている日本でも数少ない部署である。
最新の臨床、研究の実践
1)大腸腫瘍に対する内視鏡的診断と治療。先進医療として行った大腸ESDは、全国でも限られた施設のみで、本学では当科だけであった。最新機器を使用し、診断能力も高い。
2)カプセル内視鏡(CE)に関する臨床および研究。CE導入後数年が経過したが、これまで診断がつかなかったり、治療に難渋していた例の手助けとなっており、地域病院からの紹介も増えてきている。
3)大腸内視鏡検査(CS)の前処置、挿入法に関する研究。CSは、多くの施設で行われているものの、いまだに前処置や挿入が容易とは言い難い。患者さんにとっていかに苦痛なく、しかも正確な検査ができるように工夫を重ねている。
4)髄液細胞の自動分析に関する研究。
5)細菌自動分析に関する研究。
臨床検査科としての取り組み
1)当科は、光学診療部門(内視鏡、超音波)と、臨床検査部門(細菌検査、一般検査、生理検査、生化学検査)に大別されるが、他施設の多くでは2部門が独立しているのに対し、当科では1つの診療部として密接に連携しているという特徴がある。臨床検査科として、2部門を関連づけた題材を研究テーマにしている。
2)本年度から、精度管理委員会を立ち上げた。院内検査において、特に重要性の高いと考えられる異常データについては速やかに臨床へ連絡し、連携を図るよう努めている。
当科独自の教育システムの確立
初期研修医の教育では、2年次に臨床検査医学と消化器内視鏡医学を学ぶことができる。
後期研修医の教育では、2018年度より、基幹施設として臨床検査専門医のカリキュラムが始まる予定である。3年間のカリキュラムで試験に合格すると臨床検査専門医の称号が得られる。
臨床検査技師にj関する教育は、若テ技師のローテーション研修の必要性から、当科独自の教育システムの構築し、2011年より実施している。(当システムについては第58回日本臨床検査医学会総会にて発表した)
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 教授・准教授・講師・助教の公的役職
1.  加藤博之 :新潟大学有壬会東京中部支部 理事
ページの先頭へ
■ 教授・准教授・講師・助教の学会・研究会の役員
1.  加藤博之 :日本消化器内視鏡学会関東地方会評議員
2.  加藤博之 :日本大腸肛門病学会評議員
3.  加藤博之 :日本臨床検査医学会評議員
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  加藤博之 座長 第40回日本癌局所療法研究会  一般演題 大腸8 2018.6.15 東京
2.  加藤博之 座長 大腸癌研究会 示説  2018.7.6 新潟
3.  加藤博之 基調講演「当院エリアにおけるIBD医療連携構築の試み)」 中原区炎症性腸疾患医療連携講演会 2018.8.28 川崎市
4.  加藤博之 特別講演 臨床検査と腸疾患~地域連携から内視鏡治療まで~ 第17回腸疾患カンファレンス 東京 2018.9.6
5.  加藤博之 基調講演座長 城東地区UCカンファレンス 2018.10.17 東京
6.  加藤博之 特別講演座長 第3回荒川足立内視鏡臨床検査フォーラム 2018年9月26日 東京
7.  加藤博之 特別講演 下部消化管疾患の病態と内視鏡診療 一般検査セミナー2018 東京 2018.12.8
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 3 1 5 0 0 3  0 0 0 0  1 19  0 3  2 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Kazuhiko Yoshimatsu, Keiichiro Ishibashi, Keiji Koda, Hajime Yokomizo, Noritaka Oda, Mitsuru Oshiro, Hiroyuki Kato, Masatoshi Oya, Hideo Nakajima, Shinji Ooki, Hiroshi Maekawa, Toshio Matsunami11, Masahiro Tsubaki, Takeshi Yamada, Michiya Kobayashi, Kohji Tanakaya, Masaru Yokoyama, Hideyuki Ishida:  A Japanese Multicenter Phase II Study of Adjuvant Chemotherapy with mFOLFOX6/CAPOX for Stage III Colon Cancer Treatment after D2/D3 lymphadenectomy.  Surgery today  :1-6 , 2019.3
2. 下嶋理恵子, 大塚洋子, 坂本輝彦, 光丸哲吉, 渡邊清, 佐久間晶子, 山田泰史, 岡山幸代, 矢野有紀, 横溝肇, 吉松和彦, 成高義彦, 加藤博之:  癌局所療法としての大腸内視鏡的粘膜下層剥離術の検討.  癌と化学療法  46 (2) :321-323 , 2019.2
3. 山田泰史, 横溝肇, 岡山幸代, 前田裕之, 佐竹昌也, 矢野有紀, 浅香晋一, 碓井健文, 塩沢俊一, 吉松和彦, 島川武, 勝部隆男, 加藤博之, 成高義彦:  治癒切除不能大腸癌StageIVの治療法の検討.  癌と化学療法  45 (13) :2033-2035 , 2018.12
4. 横溝肇, 岡山幸代, 前田裕之, 井田在香, 佐竹昌也, 矢野有紀, 浅香晋一, 碓井健文, 塩沢俊一, 吉松和彦, 島川武, 勝部隆男, 加藤博之, 成高義彦:  大腸癌同時性肝転移に対する治癒切除の治療成績.  癌と化学療法  45 (13) :2249-2251 , 2018.12
5. 加藤博之, 坂本輝彦, 大塚洋子, 下嶋理恵子:  炎症性腸疾患に対するラテックス凝集法による便中カルプロテクチンの有用性.  臨床病理  66 (12) :1299-1305 , 2018.12
6. 佐川まさの, 横溝肇, 吉松和彦, 矢野有紀, 岡山幸代, 佐竹昌也, 山田泰史, 碓井健文, 山口健太郎, 塩沢俊一, 島川武, 勝部隆男, 加藤博之, 成高義彦:  術後肺炎の発症に免疫・栄養・身体機能が与える影響について.  癌と化学療法  45 (10) :1486-1488 , 2018.10
7. Masano Sagawa, Kazuhiko Yoshimatsu*, Hajime Yokomizo, Yuki Yano, Sachiyo Okayama, Yasufumi Yamada, Takebumi Usui, Kentaro Yamaguchi, Shunichi Shiozawa, Takeshi Shimakawa, Takao Katsube, Hiroyuki Kato, Yoshihiko Naritaka:  Pulmonary Dysfunction Function and Poor Nutritional Status are Risk Factors for Remote Infections Following.  Journal of Nippon Medical School  85 (4) :208-214 , 2018.8
8. Kato Hiroyuki, Shimojima Rieko:  Colonoscopy in Patients Aged 85 Years or Older: An Observational Study.  Journal of the Anus, Rectum and Colon  2 (4) :155-161 , 2018.8
総説及び解説
1. 武田孝太:  アプリケーションをExcelで作る.  東京都医学検査  46 (4) :214-217 , 2018.12
2. 吉松和彦*, 山田泰史, 岡山幸代, 矢野有紀, 横溝肇, 加藤博之, 小林憲, 田中勝, 藤林美樹, 藤林眞理子, 成高義彦:  症例アトラス 
腫瘍性疾患
直腸癌のpagetoid spread.  胃と腸  53 (7) :988-990 , 2018.6
症例報告
1. 下嶋優紀夫, 横溝肇, 岡山幸代, 山田泰史, 佐竹昌也, 矢野有紀, 浅香晋一, 碓井健文, 塩沢俊一, 吉松和彦, 島川武, 勝部隆男, 加藤博之, 成高義彦:  上行結腸癌肝転移に対しXELOX+Bevacizumab療法が著効した1例.  癌と化学療法  45 (13) :2120-2121 , 2018.12
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Hiroyuki Kato, Rieko Shimojima, Teruhiko Sakamoto, Yukio Shimojima: Usefulness of fecal calprotectin measurement by latex agglutination turbidimetric immunoassay method for inflammatory bowel disease, especially ulcerative colitis.  17th Congress of Asia Pacific Federation of Coloproctology,  Kuala Lumpur In Malaysia,  2019/03
2. ◎Rieko Shimojima, Akiyosi Mitumaru, Yukio Shimojima, Kouichirou Sato, Sakamoto Teruhiko, Hiroyuki Kato: Endoscopic submucosal dissection (ESD) for colorectal tumor.  17th Congress of Asia Pacific Federation of Coloproctology,  Kuala Lumpur In Malaysia,  2019/03
3. ◎横溝肇, 岡山幸代, 山田泰史, 前田裕之, 井田在香, 佐竹昌也, 矢野有紀, 浅香晋一, 碓井健文, 塩沢俊一, 吉松和彦, 島川武, 勝部隆男, 加藤博之, 成高義彦: 一般演題 大腸5「治療成績」
大腸癌同時性肝転移に対する治癒切除の治療成績.  第40回日本癌局所療法研究会,  東京,  2018/06
4. ◎横溝肇, 岡山幸代, 山田泰史, 前田裕之, 佐竹昌也, 矢野有紀, 浅香晋一, 塩沢俊一, 吉松和彦, 島川武, 勝部隆男, 加藤博之, 成高義彦: 一般演題14 大腸悪性 肥満
肥満症例に対する腹腔鏡下大腸癌手術の検討.  第31回日本内視鏡外科学会総会,  福岡,  2018/12
5. ◎山田泰史, 横溝肇, 岡山幸代, 前田裕之, 井田在香, 佐竹昌也, 矢野有紀, 浅香晋一, 塩沢俊一, 吉松和彦, 島川武, 勝部隆男, 加藤博之, 成高義彦: 一般演題18 大腸悪性 閉塞2
閉塞性大腸癌ステント挿入後切除例における手術到達法別短期成績の検討.  第31回日本内視鏡外科学会総会,  福岡,  2018/12
6. ◎秋元佑介, 山田泰史, 横溝肇, 岡山幸代, 中安靖代, 久原浩太郎, 浅香晋一, 碓井健文, 塩沢俊一, 吉松和彦, 島川武, 勝部隆男, 加藤博之, 成高義彦: 胆管:悪性2
胆管癌S状結腸転移の1例.  第80回日本臨床外科学会総会,  東京,  2018/11
7. ◎加藤博之, 坂本輝彦, 大塚洋子, 下嶋理恵子, 藤林真理子: 潰瘍性大腸炎に対するラテックス凝集法による便中カルプロテクチンの臨床病理学的検討.  第65回日本臨床検査医学会学術集会,  東京,  2018/11
8. ◎横溝肇, 岡山幸代, 山田泰史, 前田裕之, 井田在香, 佐竹昌也, 矢野有紀, 塩沢俊一, 吉松和彦, 島川武, 加藤博之, 成高義彦: 一般演題(ポスター)19大腸癌予後因子1
再発例からみた大腸癌におけるCEA値の意義.  第73回日本大腸肛門病学会学術集会,  東京,  2018/11
9. ◎山田泰史, 横溝 肇, 岡山幸代,前田裕之,井田在香, 佐竹昌也, 矢野有紀, 浅香晋一, 碓井健文, 塩澤俊一, 吉松和彦, 島川 武, 勝部隆男, 加藤博之, 成高義彦: ポスター18 大腸癌:薬物療法-3
一次治療でCapecitabine+Bevacizumab(Cape-Bev)療法を使用した21例の検討.  第56回日本癌治療学会学術集会,  東京,  2018/10
10. ◎山田泰史, 横溝肇, 岡山幸代, 矢野有紀, 吉松和彦, 塩沢俊一, 島川武, 勝部隆男, 加藤博之, 成高義彦: デジタルポスター150大腸:手術成績3
大腸癌における右側例と左側例の差異の検討.  第73回日本消化器外科学会総会,  鹿児島,  2018/07
全件表示(25件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者