<<< 前 2019年度 2020年度 2021年度 | 2022年度 次 >>>
 足立医療センター 検査科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   加藤 博之
准教授:
   佐藤 浩一郎
助教:
   木原 貴美子
   下嶋 理恵子
   角田 千尋
■ 概要
当科の特徴
病院中央検査部門として、検体検査、生理検査、内視鏡検査および治療(光学診療部)を統括している。臨床検査専門医2名、消化器内視鏡専門医4名を含む医師と臨床検査技師により、臨床検査医学教育、臨床検査の精度管理、各種超音波検査消化器内視鏡検査および治療までを行っている。
迅速で正確な検査を通じて東医療センターの臨床を支援していると同時に、消化器内視鏡治療を含む消化器疾患関連の診療も行っている日本でも数少ない部署である。
最新の臨床、研究の実践
1)大腸腫瘍に対する内視鏡的診断と治療。先進医療として行った大腸ESDは、全国でも限られた施設のみで、本学では当科だけであった。最新機器を使用し、診断能力も高い。
2)カプセル内視鏡(CE)に関する臨床および研究。CE導入後数年が経過したが、これまで診断がつかなかったり、治療に難渋していた例の手助けとなっており、地域病院からの紹介も増えてきている。
3)大腸内視鏡検査(CS)の前処置、挿入法に関する研究。CSは、多くの施設で行われているものの、いまだに前処置や挿入が容易とは言い難い。患者さんにとっていかに苦痛なく、しかも正確な検査ができるように工夫を重ねている。
4)髄液細胞の自動分析に関する研究。
5)細菌自動分析に関する研究。
臨床検査科としての取り組み
1)当科は、光学診療部門(内視鏡、超音波)と、臨床検査部門(細菌検査、一般検査、生理検査、生化学検査)に大別されるが、他施設の多くでは2部門が独立しているのに対し、当科では1つの診療部として密接に連携しているという特徴がある。臨床検査科として、2部門を関連づけた題材を研究テーマにしている。
2)昨年度に国際基準であるISO‐15189を取得し、検査の精度管理に努めている。また、院内検査において、特に重要性の高いと考えられる異常データについては速やかに臨床へ連絡し、連携を図るよう努めている。
当科独自の教育システムの確立
初期研修医の教育では、2年次に臨床検査医学と消化器内視鏡医学を学ぶことができる。
後期研修医の教育では、基幹施設として臨床検査専門医のカリキュラムが用意されている。3年間のカリキュラムで試験に合格すると臨床検査専門医の称号が得られる。
臨床検査技師にj関する教育は、若テ技師のローテーション研修の必要性から、当科独自の教育システムの構築し、2011年より実施している。(当システムについては第58回日本臨床検査医学会総会にて発表した)
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 0 1 0 0 1  0 0 0 0  1 3  0 1  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Masano Sagawa, Hajime Yokomizo, Kazuhiko Yoshimatsu, Sachiyo Okayama, Yasufumi Yamada, Arika Ida, Hiroyuki Maeda, Masaya Satake, Takebumi Usui, Takeshi Shimakawa, Takao Katsube, Seiji Ohigasi, Hiroyuki Kato, Shunichi Shiozawa:  Significance of neutrophil-lymphocyte ratio (NLR) as a prognostic factor in Stage II colorectal cancer.  International Surgery  105 (1-3) :552-558 , 2021.10   DOI:https://doi.org/10.9738/INTSURG-D-20-00025.1 Link
2. 土屋蘭菜, 武田孝太, 林信子, 植村文江, 山田辰一, 三浦ひとみ, 加藤博之:  免疫学的便潜血測定装置の性能評価の検討.  医療と検査機器・試薬  44 (3) :265-270 , 2021.6
その他
1. 加藤博之, 山田辰一, 木原貴美子, 佐藤浩一郎, 藤原智之, 佐倉宏, 風間啓至, 石川元直, 髙橋健一郎, 青鹿佳和, 須納瀬弘、内潟安子:  新型コロナ感染症(COVID-19)診断における健常者に対するRT-PCR検査の特異度に関する検討.  日本臨床検査医学会誌  69 (7) :498-501 , 2021.7
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Takahito Takezawa, Zhe Guo, Daiki Nemoto, Shinichi Katsuki, Ryo Maemoto, Keisuke Kawasaki,
Ken Inoue, Takashi Akutagawa, Hirohito Tanaka, Koichiro Sato, Teppei Omori, Kunihiro Takanashi,
Yoshikazu Hayashi, Yuki Nakajima, Yasuyuki Miyakura, Takayuki Matsumoto,Naohisa Yoshida,
Motohiro Esaki, Toshio Uraoka, Hiroyuki Kato, Yuji Inoue, Boyuan Peng, Ruiyao Zhang, Takashi Hisabe,
Tomoki Matsuda, Hironori, Yamamoto, Alan Kawarai Lefor, Noriko Tanaka, Xin Zhu, Kazutomo Togashi: COMPUTER-AIDED DIAGNOSIS OF COLORECTAL CANCER WITH DEEP SUBMUCOSAL INVASION USING NON-MAGNIFIED WHITE LIGHT ENDOSCOPIC IMAGES COMPARED WITH ENDOSCOPISTS.  DDW2021,  virtual,  2021/05
2. ◎加藤博之, 山田辰一, 藤原智之, 木原貴美子, 佐藤浩一郎: 無症状者に対する新型コロナ感染症(COVID-19)RT-PCR検査の特異度に関する推計.  第68回日本臨床検査医学会総会,  富山市,  2021/11
3. ◎佐川まさの,横溝 肇,岡山幸代,碓井健文,島川 武,勝部隆男,大東誠司,鶴飼智恵子,小野沢基太郎,
加藤博之,塩澤俊一: 一般口演
大腸癌患者における残存歯数が術後経過に与える影響について.  第七回がん外来化学療法フォーラム,  東京 Web,  2021/07
4. ◎佐川まさの, 横溝肇, 岡山幸代, 山田泰史, 井田在香, 浅香晋一, 碓井健文, 島川武, 勝部隆男, 大東誠司, 吉松和彦, 加藤博之, 塩沢俊一: 一般演題6 症例・その他
大腸癌の閉塞の程度が周術期に及ぼす影響について.  第42回癌免疫外科研究会,  Web,  2021/05
5. ◎井田在香, 横溝肇, 岡山幸代, 山田泰史, 前田裕之, 浅香晋一, 碓井健文, 島川武, 勝部隆男, 吉松和彦, 加藤博之, 塩沢俊一: 一般演題 大腸
脳転移を契機に発見され根治切除で長期予後が得られている直腸癌の 1 例.  第43回日本癌局所療法研究会,  Web,  2021/05
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者