<<< 前 2018年度 2019年度 2020年度
 東医療センター 泌尿器科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   近藤 恒徳
准教授:
   中澤 速和
講師:
   伊藤 文夫
助教:
   土岐 大介
   橘 秀和
   林田 章宏
   山下 かおり
■ 概要
当泌尿器科は東京女子医科大学泌尿器科の主要教育施設の一つであり,教室の理念は患者中心の医療,世界標準の医療の提供、全人的に患者に対応できる泌尿器科専門医の育成である。城東地区の中核病院として泌尿器疾患全般の地域医療に貢献するとともに,大学附属病院として高い専門性をいかした治療を行っている。また女性医師による女性泌尿器疾患の診療は実績があり充実している。2010年3月に骨盤底機能再建診療部を立ち上げ、排尿機能障害、骨盤内臓器脱などに積極的に診断、治療を行っている。最近の年間手術件数は400~450件であり、現スタッフの専門分野を生かし腎尿路悪性腫瘍、前立腺疾患、女性泌尿器疾患の手術件数の多いこと、また腹腔鏡手術、経尿道的内視鏡手術の多いことが特徴である。そのほか血液浄化室の管理を腎臓内科と共同で行い,腎不全の治療,透析の外科的合併症の治療を行っている。
おもな研究領域:腎尿路悪性腫瘍とくに腎癌に対する臨床的研究を中心に行っている。腎癌、腎腫瘍に対する診断、治療:低侵襲手術として腹腔鏡下手術、腎機能温存手術の検討。進行性腎癌に対する集学的治療。尿路上皮腫瘍に対する癌化学療法。など。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 2 0 0 5  0 0 0 0  0 0  1 0  0 2
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Ito K*, Mikami S, Kuroda N, NagashimaY, Tatsugami K, Masumori N, Kondo T, Takagi T, Nakanishi S, Eto M, Kamba T, Tomita Y, Matsuyama H, Tsushima T, Nakazawa H, Oya M, Kimura G Shinohara N, Asano T:  Difficulty in differential diagnosis for renal cancer with microscopic papillary architecture: overlapped pathological features among papillary renal cell carcinoma (RCC), mutinous tubular and spindle cell carcinoma, and unclassified RCC. Lessons from a Japanese multicenter study.  Japanese Journal of Clinical Oncology  in press :in press , 2020.8
2. FALL Magnus, NORDLING Jogen, CERVIGNI Mauro, OLIVEIRA Paulodinis, FARIELLO Jennifer, HANNNO Philip, GUSTAFSSON Christinakabjom, LOGADOTTIR Yr, MEIJLINK Jane, MOLDWIN Robert, NASTA Loredana, QUAGHEBEUR Jorgen, SAIRANEN Jukka, TANEJA Rajesh, TOMOE Hikaru, UEDA Tomohiro, WENNEVIK Gjertrud Egge, WYNDAELE Jeanjacques, ZAITCEV Andrew:  Comments to Editorial by J. Curtis Nickel. It is premature to categorize Hunner lesion interstitial cystitis as a distinct disease entity.  Scandinavian journal of urology.  54 (2) :99-100 , 2020.8   DOI:10.1080/21681805.2020.1744714
3. IKEDA Takashi, ISHIHARA Hiroki*, TAKAGI Toshio, FUKUDA Hironori, YOSHIDA Kazuhiko, IIZUKA Junpei, KOBAYASHI Hirohito, OKUMI Masayoshi, ISHIDA Hideki, KONDO Tsunenori*, TANABE Kazunari:  The de ritis (aspartate transaminase/alanine transaminase) ratio as a prognosticator in patients with end-stage renal diseaseeassociated renal cell carcinoma.  Clinical genitourinary cancer  18 (3) :236-240.e1 , 2020.6   DOI:10.1016/j.clgc.2019.12.012
4. MAGNUS Fall, NORDLING Jorgen, CERVIGNI Maruo, OLIVEIRA PauloDinis, FARIELLO Jennifer, HANNNO Philip, KABJORNGUSTAFSSON Christina, LOGADOTTIR Yr, MEIJLINK Jane, MISHRA Nagendra, MOLDWIN Robert, LOREDANA Nasta, QUAGHEBEUR Jorgen, VICKI Ratner, JUKKA Sairanen, RAJESH Taneja, TOMOE Hikaru, UEDA Tomohiro, WENNEVIK Gjertrud Egge, WHITMORE Kristene, WYNDAELE JeanJacques, ZAITCEV Andrew:  Hunner lesion disease differs in diagnosis, treatment and outcome from bladder pain syndrome: an ESSIC working group report.  Scandinavian journal of urology.  54 (2) :91-98 , 2020.4   DOI:10.1080/21681805.2020.1730948
総説及び解説
1. HOMMA Yukio, AKIYAMA Yoshiyuki, TOMOE Hikaru, FURUTA Akira, UEDA Tomohiro, MAEDA Daichi, LIN Alex Tl, KUO Hann-Chorng, Ming-Huei Lee, Seung-June Oh, KIM Joon Chul, Kyu-Sung Lee:  Clinical guidelines for interstitial cystitial/bladder pain syndrome.  International Journal of Urology  27 (1) :578-589 , 2020.7   DOI:10.1111/iju.14234
2. 近藤恒徳:  3.下大静脈寒栓症例に対する手術技術の伝承.  泌尿器外科  33 (臨時増刊) :792-793 , 2020.6
3. 近藤恒徳:  特集 高齢患者の泌尿器疾患を診る-転ばぬ先の薬と手術
<高齢者に対する手術の適応と限界>
高齢者の上部尿路癌への治療アプローチ.  臨床泌尿器科  74 (6) :398-402 , 2020.5
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎TOKI Daisuke, OKUMI Masayoshi, UNAGAMI Kohei, KAKUTA Yoichi, ISHIDA Hideki, YAMASHITA Kaori, TACHIBANA Hidetoshi, HAYASHIDA Akihiro, HORIUCHI Toshihide, ISHIYAMA Yudai, HONDA Kazuho, KONDO Tsunenori, TANABE Kazunari: Clinical relevance of immunoglobulin M deposition in peritubular capillaries in ABO-incompatible kidney transplantation.  2020 American Transplant Congress,  オンライン,  2020/05
2. 近藤恒徳: がん全ゲノム解析とがんゲノム医療への展開.  GU Cancer Forum 2020-17th NEXT Therapy-,  東京,  2020/07
3. 近藤恒徳: 転移性腎細胞癌治療における最新ファーストライン治療.  RCC Internet Symmposium,  東京,  2020/06
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者