<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 東医療センター 泌尿器科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   近藤 恒徳
准教授:
   中澤 速和
講師:
   伊藤 文夫
助教:
   橘 秀和
   土岐 大介
   林田 章宏
   山下 かおり
■ 概要
当泌尿器科は東京女子医科大学泌尿器科の主要教育施設の一つであり,教室の理念は患者中心の医療,世界標準の医療の提供、全人的に患者に対応できる泌尿器科専門医の育成である。城東地区の中核病院として泌尿器疾患全般の地域医療に貢献するとともに,大学附属病院として高い専門性をいかした治療を行っている。また女性医師による女性泌尿器疾患の診療は実績があり充実している。2010年3月に骨盤底機能再建診療部を立ち上げ、排尿機能障害、骨盤内臓器脱などに積極的に診断、治療を行っている。最近の年間手術件数は400~450件であり、現スタッフの専門分野を生かし腎尿路悪性腫瘍、前立腺疾患、女性泌尿器疾患の手術件数の多いこと、また腹腔鏡手術、経尿道的内視鏡手術の多いことが特徴である。そのほか血液浄化室の管理を腎臓内科と共同で行い,腎不全の治療,透析の外科的合併症の治療を行っている。
おもな研究領域:腎尿路悪性腫瘍とくに腎癌に対する臨床的研究を中心に行っている。腎癌、腎腫瘍に対する診断、治療:低侵襲手術として腹腔鏡下手術、腎機能温存手術の検討。進行性腎癌に対する集学的治療。尿路上皮腫瘍に対する癌化学療法。など。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 3 0 0 1 1 1  0 2 0 0  15 16  1 0  7 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Kato I, Furuya M, Baba M, Kameda Y, Yasuda M, Nishimoto K, Oyama M, YamasakiT, Ogawa O, Niino H, Nakaigawa N, Yano Y, Sakamoto K, Urata Y, Mikami K, Yamasaki S, Tanaka R, Takagi T, Kondo T, Nagashima Y:  RBM10-TFE3 Renal Cell Carcinoma Characterized by Paracentric Inversion with Consistent Closely Split Signals in Break-apart Fluorescence in situ Hybridization: Study of Ten Cases and a Literature Review.  Histopathology  in press :in press , 2019.4
総説及び解説
1. 近藤恒徳:  【達人に学ぶロボット手術】埋没腫瘍に対するRAPNの手技と成績.  泌尿器外科  32 (4) :351-356 , 2019.4
2. 近藤恒徳:  【これ一冊でパーフェクト!!泌尿器科薬物療法】1.腎癌 スニチニブ.  泌尿器外科  32 (特別号) :6-8 , 2019.4
3. 近藤恒徳:  腫瘍関連の手術:腎盂・尿管 腎尿管全摘除術(開腹).  臨床泌尿器科  73 (4) :66-69 , 2019.4
症例報告
1. KAORI Yamashita, HORIUCHI Toshihide, HAYASHIDA Akihiro, TACHIBANA Hidekazu, TOKI Daisuke, KONDO Tsunenori:  Multiple myeloma with testicular involvement: A case report.  Urology case reports  26 :100971 , 2019.9
ページの先頭へ
■ 著書
1. 近藤恒徳:  腎性高血圧・腎血管性病変 腎動静脈瘻.  泌尿器科外来マスターバイブル  330-332.  医学書院,  日本, 2019.4
2. 近藤恒徳:  腎性高血圧・腎血管性病変 ナットクラッカー現象.  泌尿器科外来マスターバイブル  333-335.  医学書院,  日本, 2019.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎TACHIBANA Hidekazu, KONDO Tsunenori: Robot-assisted partial nephrectomy is superior in terms of postopetive acute kidney injury,as compared to open partial nephrectomy.  2019 American Urological Association Annual Meeting,  San Francisco, USA,  2019/05
2. ◎近藤恒徳: どのような手術がありますか?.  腎癌研究会 第12回市民公開講座,  東京,  2019/07
3. ◎堀内俊秀: 進行腎癌に対して分子標的薬治療中に透析導入に至った4例.  第50回腎癌研究会医記念大会,  東京,  2019/07
4. ◎橘秀和: 末期腎不全患者に対するニボルマブ使用における安全性と有効性についての検討.  第50回腎癌研究会記念大会,  東京,  2019/07
5. ◎林田章宏: コハク酸脱水素酵素B(SDHB)欠損型腎細胞癌の1例.  第50回日本腎癌研究会記念大会,  東京,  2019/07
6. ◎橘秀和, 堀内俊秀, 林田章宏, 山下かおり, 土岐大介, 近藤恒徳: 末期腎不全患者に対するニボルマブの安全性と有効性の検討.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
7. ◎近藤恒徳: 透析施行中の進行性腎癌患者に対する薬物治療の現状.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
8. ◎堀内俊秀, 近藤恒徳, 橘秀和, 林田章宏, 土岐大介, 山下かおり, 水谷一夫, 巴ひかる: 透析患者に発症したフルニエ壊疽の1例.  第64回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,  2019/06
9. ◎山下かおり, 巴ひかる: 完全子宮脱に対するTMV手術により直腸脱も治癒した一例.  第29回骨盤外科機能温存研究会,  東京,  2019/06
10. ◎近藤恒徳: レベル4、とくに右房内塞栓症症例に対する人工心肺を用いた手術アプローチおよび成績.  第35回腎移植・血管外科研究会,  高山,  2019/05
全件表示(39件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者