<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度 | 2019年度 | 2020年度 次 >>>
 東医療センター 泌尿器科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   近藤 恒徳
准教授:
   中澤 速和
講師:
   伊藤 文夫
助教:
   橘 秀和
   土岐 大介
   水谷 一夫
   山下 かおり
■ 概要
当泌尿器科は東京女子医科大学泌尿器科の主要教育施設の一つであり,教室の理念は患者中心の医療,世界標準の医療の提供、全人的に患者に対応できる泌尿器科専門医の育成である。城東地区の中核病院として泌尿器疾患全般の地域医療に貢献するとともに,大学附属病院として高い専門性をいかした治療を行っている。また女性医師による女性泌尿器疾患の診療は実績があり充実している。2010年3月に骨盤底機能再建診療部を立ち上げ、排尿機能障害、骨盤内臓器脱などに積極的に診断、治療を行っている。最近の年間手術件数は400~450件であり、現スタッフの専門分野を生かし腎尿路悪性腫瘍、前立腺疾患、女性泌尿器疾患の手術件数の多いこと、また腹腔鏡手術、経尿道的内視鏡手術の多いことが特徴である。そのほか血液浄化室の管理を腎臓内科と共同で行い,腎不全の治療,透析の外科的合併症の治療を行っている。
おもな研究領域:腎尿路悪性腫瘍とくに腎癌に対する臨床的研究を中心に行っている。腎癌、腎腫瘍に対する診断、治療:低侵襲手術として腹腔鏡下手術、腎機能温存手術の検討。進行性腎癌に対する集学的治療。尿路上皮腫瘍に対する癌化学療法。など。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 6 0 1 4 2 11  0 1 0 0  22 53  9 8  28 1
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. FUKUDA Hironori, KATO Ikuma, FURUYA Mitsuko*, TANAKA Reiko, TAKAGI Toshio, KONDO Tsunenori, NAGASHIMA Yoji:  A novel partner of TFE3 in the Xp11 translocation renal cell carcinoma: clinicopathological analyses and detection of EWSR1-TFE3 fusion.  Virchows Archiv : an international journal of pathology  474 (3) :389-393 , 2019.3   DOI:10.1007/s00428-018-2509-8 Link
2. ONOHARA Tadashi, TAKAGI Toshio, YOSHIDA Kazuhiko, IIZUKA Jumpei, OKUMI Masayoshi, KONDO Tsunenori, ISHIDA Hideki, TANABE Kazunari:  Assessment of postoperative renal function after adrenalectomy in patients with primary aldosteronism.  International Journal of Urology  26 (2) :229-233 , 2019.2   DOI:10.1111/iju.13844
3. ISHIHARA Hiroki*, TAKAGI Toshio, KONDO Tsunenori, FUKUDA Hironori, YOSHIDA Kazuhiko, IIZUKA Jumpei, TANABE Kazunari:  Effect of changes in skeletal muscle mass on oncological outcomes during first-line sunitinib therapy for metastatic renal cell carcinoma.  Targeted oncology.  13 (6) :745-755 , 2018.12   DOI:10.1007/s11523-018-0600-3
4. ABE Takashige*, KONDO Tsunenori, HARABAYASHI Toru, MATSUMOTO Ryuji, OSAWA Takahiro, MINAMI Keita, MARUYAMA Satoru, MURAI Sachiyo, TANABE Kazunari, SHINOHARA Nobuo:  Comparative study of lymph node dissection, and oncological outcomes of laparoscopic and open radical nephroureterectomy for patients with urothelial carcinoma of the upper urinary tract undergoing regional lymph node dissection.  Japanese journal of clinical oncology  48 (11) :1001-1011 , 2018.11   DOI:10.1093/jjco/hyy128
5. ISHIYAMA Ryo, KONDO Tsunenori, TAKAGI Toshio, IIZUKA Jumpei, KOBAYASHI Hirohito, OMAE Kenji, FUKUDA Hironori, ISHIHARA Hiroki, TANABE Kazunari*:  Impact of the Mayo Adhesive Probability Score on the Complexity of Robot-Assisted Partial Nephrectomy.  Journal of endourology  32 (10) :928-933 , 2018.10   DOI:10.1089/end.2017.0779
全件表示(15件)
総説及び解説
1. 近藤恒徳:  【泌尿器科癌 争論!クロスファイア2019】T1b腎腫瘍に対する手術ー可能なかぎり腎部分切除が望ましいー.  泌尿器外科  32 (2) :145-150 , 2019.2
2. 近藤恒徳:  各科臨床のトピックス 転移性腎細胞がんに対する治療戦略ー薬物治療における目覚しい進歩.  日本医師会雑誌  147 (7) :1426-1427 , 2018.10
3. Kondo Tsunenori, Sasa Naoto, Yamada Hiroshi, Takagi Toshio, Iizuka Junpei, Kobayashi Hirohito, Yoshida Kazuhiko, Fukuda Hironori, Ishihara Hiroki, Tanabe Kazunari, Tsuzuki Toyonori:  Acquired cystic disease-associated renal cell carcinoma is the most common subtype in long-term dialyzed patients: Central pathology results according to the 2016 WHO classification in a multi-institutional study.  Pathology international  68 (10) :543-549 , 2018.10   DOI:10.1111/pin.12718
4. 近藤恒徳:  ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術におけるTrifectaを考えた手技のポイント.  日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会雑誌  10 (1) :33-37 , 2018.8
5. 近藤恒徳:  ロボット支援腎部分切除術(RAPN)導入から応用まで 高難度腫瘍への適応拡大とポイント.  泌尿器外科  31 (臨増) :685-686 , 2018.6
全件表示(8件)
症例報告
1. YAMASHITA Kaori, TOMOE Hikaru*, HAYASHIDA Akihiro, HORIUCHI Toshihide:  Tension-free vaginal mesh operation for concomitant rectal and uterine prolapse: A case report.  Urology case reports  22 :28-30 , 2019.1   DOI:10.1016/j.eucr.2018.10.001
ページの先頭へ
■ 著書
1. 山下かおり, 羽鳥由美, 巴ひかる:  【まるごと女性泌尿器科の治療とケア】 11間質性膀胱炎の生活指導.  Uro-Lo: 泌尿器Care & Cure  58-61.  (株)メディカ出版,  東京, 2018.10
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎KONDO Tsunenori: Case Management.  Advancements in Urology 2019,  Los Angeles,  2019/02
2. ◎KONDO Tsunenori: Role of immunotherapy in UC.  2nd Asian Urological Oncology Forum & 11th Annual Meeting of TUOA,  Taipei,  2019/01
3. ◎KONDO Tsunenori: Immunotherapy for metastatic renal cell carcinoma.  2nd Asian Urological Oncology Forum & 11th Annual Meeting of TUOA,  Taipei,  2019/01
4. ◎TACHIBANA Hidekazu, KONDO Tsunenori, TAKAGI Toshio, OKUMI Masayoshi, TANABE Kazunari: Safety and impact on renal function of nivolumab use for patients with chronic kidney disease and end stage renal disease in metastatic renal cell carcinoma.  The International Section of Taiwan Urological Association Conference 2018,  Taipei, TAIWAN,  2018/08
5. ◎KONDO Tsunenori: Immunotherapy in GU cancer:current trends and future perpectives.  Taiwan Urological Oncology Association,  Okinawa,  2018/06
全件表示(121件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者