<<< 前 2020年度 2021年度 2022年度
 足立医療センター 内科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   小川 哲也
   永野 伸郎
准教授:
   小野 正文
   柴田 興一
   高木 香恵
   田中 正巳
講師:
   大野 秀樹
   大前 清嗣
   大森 久子
   小笠原 壽恵
   風間 啓至
   久保 豊
助教:
   西村 芳子
   岡部 ゆう子
   小笠原 知子
   木村 綾子
   諏訪 邦明
   髙橋 彩
   野老山 武士
   西沢 蓉子
   細田 麻奈
   堀本 藍

   マーシャル 祥子
■ 概要
講座概要
専門分野にとらわれることなく、常に全身的な立場から患者本位の医療(診断・機能評価と治療)を行うことをこころがけている。特に、高齢者の増加に対応した内科診療に重点をおき、総合内科として地域に密着した診療を行っている。専門分野として循環器科、消化器科、腎臓内科、呼吸器科、糖尿病科、血液内科、神経内科、心療内科、膠原病内科、在宅医療、老年病内科があり、それぞれの領域の専門医による診療にもいっそうの充実をはかっている。
臨床および研究ともに総合内科を生かした各診療班をまたがった研究に取り組んでいる。研究テーマとして専門分野別には主に以下のものをあげることができる。
循環器:冠動脈石灰化、急性および慢性心不全の病態解明(観血的、非観血的)および治療、重症心不全治療(薬物療法、非薬物療法、心移植)、急性冠症候群および末梢動脈疾患に対する治療、高血圧・心不全に対する時間生物学的研究、神経性循環調節に関する研究、肺高血圧症の病態解明および治療
腎:大動脈血管石灰化、Ca・P代謝、Hepcidineと貧血、動脈硬化、慢性腎臓病における高血圧の病態と治療、透析患者における急性血液浄化療法、透析療法における新たなモニタリングの開発、腹膜透析の腹膜変化、血液透析の生体適合性
消化器:インターフェロン治療後の再燃も含めたB型及びC型慢性肝炎患者への抗ウイルス療法の検討、クローン病・潰瘍性大腸炎の診断と最新の治療の検討、胃酸関連疾患治療の臨床薬理
呼吸器:炎症性細胞の遊走(特に好塩基球、好酸球)
血液:B細胞性リンパ腫樹立細胞の増殖様式の検討-特に細胞内シグナル伝達系の解析、血液腫瘍疾患におけるテロメラーゼのシグナル伝達の解析
糖尿病:DDP-IV阻害剤の比較検討-1.5AGやグルカゴンの観点から、糖尿病性EDの臨床経過、有痛性糖尿病性神経障害の臨床経過、糖尿病の食事療法と糖質制限について
神経:片頭痛の神経生理学的研究及び視覚誘発電位、脳梗塞における頸動脈エコー所見とEEA/AAとの関連
心療内科:地域住民、外来患者、入院患者における身体疾患と抑うつ
在宅医療:老年医療と高齢者総合機能評価、認知症
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 1 2 0 0 3  0 0 0 0  10 8  1 1  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 加藤貴雄, 加藤和代, 生沼幸子, 佐藤恭子, 西村芳子, 伊藤紳晃, 金井好恵, 今井夏実, 川村梨穂, 斎藤幸恵, 鬼木貴子, 佐藤美恵, 千島巧子, 加藤賢:  糖尿病発症に関連するリスク因子の推移と職種による違い.  日本臨床生理学会雑誌  52 (5) :161-170 , 2022.12
2. Usui Ryosuke, Ogawa Tetsuya, Iwasaki Chihiro, Nitta Kosaku, Koike Minako:  Serum Uromodulin Is a Possible Auxiliary Diagnostic Tool for Acute Tubular Injury and Acute Interstitial Nephritis: A Case Series.  Case Reports in Nephrology and Dialysis  :online , 2022.10   DOI:10.1159/000523855
総説及び解説
1. Matsumoto C, Shibata S, Kishi T, Morimoto S, Mogi M, Yamamoto K, Kobayashi K, Tanaka M, Asayama K, Yamamoto E, Nakagami H, Hoshide S, Mukoyama M, Kario K, Node K, Rakugi H:  Long COVID and hypertension-related disorders: a report from the Japanese Society of Hypertension Project Team on COVID-19.  Hypertension Research  :1-19 , 2022.12   DOI:10.1038/s41440-022-01145-2
2. Shibata S, Kobayashi K, Tanaka M, Asayama K, Yamamoto E, Nakagami H, Hoshide S, Kishi T, Matsumoto C, Mogi M, Morimoto S, Yamamoto K, Mukoyama M, Kario K, Node K, Rakugi H.:  COVID-19 pandemic and hypertension: an updated report from the Japanese Society of Hypertension project team on COVID-19.  Hypertension Reserch  :1-12 , 2022.12   DOI:10.1038/s41440-022-01134-5
症例報告
1. マーシャル祥子*, 今田洋司, 木村綾子, 伊東俊雅, 小笠原壽恵, 風間啓至, 吉永健太郎, 田中淳司, 内潟安子, 小川哲也:  急性腎不全に対する血液透析中に全トランス型レチノイン酸で治療し救命できた急性前骨髄球性白血病.  臨床血液  :0 , 2023.3
2. 西沢蓉子, 大野秀樹, 木村綾子, 平澤慧里子, 登坂真依, 細田 祐未, 山口 恵理香, 堀本藍, 大前清嗣, 土谷 健, 新田 孝作, 佐倉 宏, 小川哲也:  C型慢性肝炎治療前後でのMRエラストグラフィーおよびmac-2 binding protein glycosylation isomer(M2BPGi)による肝線維化の経時的変化の解析:血液透析患者5例の治療経験.  日本透析医学会雑誌  55 (11) :645-652 , 2022.11   DOI:https://doi.org/10.4009/jsdt.55.645
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Sato Kyoko, Yutaka Kubo, Takashi Nakaoka, Yoshiko Furuya, Tetsuya Ogawa: Baroreflex Sensitivity and Sympatho-vagal Function in Postural Orthostatic Tachycardia Syndrome.  33rd International Symposium on the Autonomic Nervous System,  ハワイ,  2022/11
2. 田中正巳、西村健志、伊藤 裕: Hypobilirubinemia and hypertension as risk factors for diabetic retinopathy of type 1 and type 2 diabetes mellitus.  国際高血圧学会,  京都,  2022/10
3. ◎山口日陽子, 増子智英, 松尾俊哉, 細田麻奈, マーシャル祥子, 岡部ゆう子, 木村綾子, 大野秀樹, 西村芳子, 柴田興一, 小川哲也: 重症筋無力症(MG)クリーゼに対しエフガルチギモドアルファ(エフガルチギモド)が有効であった一例.  第367回東京女子医科大学学会例会,  東京,  2023/02
4. ◎今田洋司, マーシャル祥子, 細田麻奈, 岡部ゆう子, 木村綾子, 小笠原壽恵, 風間啓至, 大野秀樹, 小川哲也: 血液透析を含む集中治療中に全トランス型レチノイン酸を投与し救命できた急性前骨髄球性白血病.  第36回足立医学会,  東京都足立区,  2023/02
5. 田中正巳: 糖尿病患者に合併した高血圧の治療.  第57回糖尿病学の進歩,  東京,  2023/02
全件表示(20件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者