<<< 前 2019年度 2020年度 2021年度 | 2022年度 次 >>>
 糖尿病センター
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   馬場園 哲也
   北野 滋彦
   中神 朋子
准教授:
   三浦 順之助
   柳澤 慶香
講師:
   大屋 純子
   小林 浩子
   佐伯 忠賜朗
   花井 豪
   廣瀬 晶
助教:
   麻沼 卓弥
   東 晴名
   井倉 和紀
   小城原 理穂
   片峰 亜季
   加藤 ゆか
   神山 智子
   菊池 夕希子
   栗田 守敏
   近藤 有一郎

   佐伯 新子
   沈 卓
   鈴木 裕太
   関本 香織
   髙木 聡
   田代 真紀
   飛松 唯
   藤川 広菜
   松田 早里
   森 友実

   吉田 直史
■ 概要
内科学(第三)
第三内科は、糖尿病専門の総合医療センターとして開設された糖尿病センターを母体に、1978(昭和53)年に独立・開設された講座である。糖尿病を中心に、脂質異常症、肥満、動脈硬化症など糖尿病・代謝疾患に関する卒前および卒後教育と基礎的および臨床的研究を担当している。
糖尿病は、インスリン作用不足の結果、慢性高血糖を特徴とする広範な代謝異常を起こし、網膜症、腎症、神経障害をはじめ、全身の血管障害を引き起こす疾患である。
「21世 紀の国民病」と呼ばれ、ますます増加する糖尿病患者に対し、糖尿病眼科をはじめ、臨床各科と緊密な連携を保ち、スタッフ一同、チーム医療の実践に努めている。
研究面では、分子生物学的アプローチから、糖尿病(1型、2型、その他特定の型)の成因や原因遺伝子解析、新しい治療法、慢性合併症の成因と治療、糖尿病と妊娠、肥満や脂質異常症の成因と治療を、疫学的アプローチから糖尿病発症および合併症発症への予後因子解析など、幅広い研究活動を行っている。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 4 1 13 4 3 9  0 18 0 0  14 37  1 3  8 1
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Shoji Tetsuo*, Akiyama Yusuke, Fujii Hisako, Shiba Mariko, Ishibashi Yutaka, Ishida Tatsuo, Ishigaki Yasuhi, Kaseta Taishiro, Kihara Yasuki, Kotani Kazuhiko, Kurusu Satoru, Masuda Daisaku, Matoba Tetsuya, Matsuki Kouta, Matsumura Tsuyoshi, Mori Kenta, Nakagami Tomoko, Nakazato Masamitsu, Taniuchii Satsuki, Ueno Hiroaki, Yamashita Shizuya, Yoshida Hiroshi, Yoshida Kazuko:  Association of kidney function with serum levels of cholesterol absorption and synthesis markers: The CACHE study CKD Analysis.  Journal of Atherosclerosis and Thrombosis  29 (12) :1835-1848 , 2022.3   DOI:10.5551/jat.63311
2. Horiba Yu, Ishizawa Kaya, Takasaki Keiko, Miura Junnosuke, Babazono Tetsuya:  Effect of depression on progression to end-stage renal disease or pre-end-stage renal disease death in advanced diabetic nephropathy: A prospective cohort study of the Diabetes Study from the Center of Tokyo Women's Medical University.  Journal of diabetes investigation  13 (1) :94-101 , 2022.1   DOI:10.1111/jdi.13620
3. 馬場園哲也, 守屋達美:  糖尿病性腎臓病という概念は必要か.  腎臓内科  15 (1) :9-17 , 2022.1
4. カンノ ヒロコ, サトウ アサコ, ミウラ ヒトミ:  Low-density Lipoprotein Cholesterol Measurement Using the Direct Method Versus the Friedewald Equation, and the Clinical Background.  Tokyo Women's Medical University Journal  5 :111-116 , 2021.12   DOI:10.24488/twmu.2021006
5. Kameda Yusuke, Saeki Tadashiro*, Hanai Ko, Suzuki Yuta, Uchigata Yasuko, Babazono Tetsuya:  Is Chronic Kidney Disease Affecting the Postoperative Complications of Vitrectomy for Proliferative Diabetic Retinopathy?.  Journal of Clinical Medicine  10 (22) :5309 , 2021.11   DOI:10.3390/jcm10225309
全件表示(15件)
総説及び解説
1. 馬場園哲也:  総論 糖尿病性腎症の現状.  Medical Science Digest  48 (2) :61-63 , 2022.2
2. 中神 朋子:  2型糖尿病治療Update - 糖尿病専門医の立場から -.  東京都医師会雑誌  75 (2) :5-17 , 2022.2
3. 石澤香野, 赤穂理絵, 西村勝治, 馬場園哲也:  さまざまな病態における糖尿病の留意点:精神疾患を有する患者における糖尿病治療の留意点.  糖尿病・内分泌代謝科  54 (2) :157-168 , 2022.2
4. 中神朋子:  糖尿病の疫学.  日本内科学会雑誌  110 (9) :2013-2020 , 2021.9
5. 馬場園哲也, 森友実, 山本唯, 花井豪:  DPP-4阻害薬.  腎と透析2021年91巻増刊号  91 (増刊号) :91-95 , 2021.9
全件表示(8件)
症例報告
1. 田中紗代子, 柳澤慶香, 鈴木智子, 小川正樹, 馬場園哲也:  単胎妊娠に次いで双胎妊娠を経験した1型糖尿病5症例における初回妊娠時(単胎)と2回目妊娠時(双胎)の血糖管理および周産期予後の比較.  糖尿病と妊娠  21 (2) :37-44 , 2021.5
2. 麻沼卓弥, 三浦順之助*, 髙木聡, 加藤勇人, 滝田美夏子, 鈴木智子, 沈卓, 小林博人, 大屋純子, 入村泉, 花井豪, 田邉一成, 馬場園哲也:  「ニボルマブ投与開始後に発症した劇症1 型糖尿病症例―システマティック・レビューによる比較を含めて―」.  雑誌糖尿病  64 :169-177 , 2021
その他
1. 石澤香野:  介護が必要な方への注射療法.  ノボケアAll in  10 :6-8 , 2022.2
2. 柳澤慶香:  【プレコンセプションケアにどう取り組むか いつ、誰に、何をする?】プレコンセプションケアの実際:基礎疾患のある患者への家族計画・妊娠前指導 糖尿病.  臨床婦人科産科  75 (12) :1183-1189 , 2021.12
3. 馬場園哲也:  薬物治療 注射薬による治療 GLP-1 受容体作動薬.  日本医師会雑誌 生涯教育シリーズ-101 内分泌疾患・糖尿病・代謝疾患-診療のエッセンス  150 (特別号(2)) :199-200 , 2021.10
4. 柳澤慶香:  【女性のライフステージと糖尿病-今知りたいベストプラクティスとは-】成熟期から更年期への女性の身体状況とその変化 糖尿病との関係.  糖尿病プラクティス  38 (5) :554-560 , 2021.9
5. 馬場園哲也:  (第3章)内分泌・免疫系の基本薬の使い分け 糖尿病性腎症への糖尿病治療薬はどう選ぶ?.  月刊薬事 【同種・同効薬の使い分け 疾患×基本薬のエビデンスを整理する】  63 (7) :136-142 , 2021.5
全件表示(7件)
ページの先頭へ
■ 著書
1. 髙木聡, 島野仁:  脂質異常症治療薬.  今日の治療指針2022年版〔デスク版〕  731-735.  医学書院,  東京, 日本, 2022.1
2. 髙木聡, 島野仁:  脂質異常症治療薬.  今日の治療指針2022年版〔ポケット版〕  731-735.  医学書院,  東京, 日本, 2022.1
3. 柳澤慶香:  糖尿病合併妊婦の退院指導のポイントは?.  妊婦の糖代謝異常 診療・管理マニュアル 改訂第3版  198-199.  メジカルビュー社,  東京, 2021.12
4. 柳澤慶香:  妊娠糖尿病患者の退院指導のポイントは?.  妊婦の糖代謝異常 診療・管理マニュアル 改訂第2版  200-201.  メジカルビュー社,  東京, 2021.12
5. 馬場園哲也:  腎症第2期(早期腎症期).  糖尿病最新の治療2022-2024  191-193.  南江堂,  日本, 2021.11
全件表示(18件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Yukiko Hasegawa, Tomoko Nakagami, Junko Oya, Aki Katamine, Yuichiro Kondo, Ran Yoshimura, Tetsuya Babazono: Relationship between Statin Use and the Risk of Fall or Muscle Weakness in Subjects with Diabetes.  The 19th International Symposium on Atherosclerosis,  京都,  2021/10
2. Hasegawa Yukiko, Nakagami Tomoko, Oya Junko, Katamine Aki, Kondo Yuichiro, Yoshimura Ran, Babazono Tetsuya: Relationship between statin use and the risk of falls or muscle weakness in subjects with diabetes.  The 19th International Symposium on Atherosclerosis,  京都 (Web),  2021/10
3. Matsumura Takeshi , Ishigaki Yasushi, Tompko Nakagami, The CACHE Investigators: Relationship between diabetes and serum lathosterol and campesterol levels: The CACHE study DM analysis.  The 19th International Symposium on Atherosclerosis,  京都 (Web),  2021/10
4. Murata T, Sakane N, Kuroda A, Miura J, Hirota Y, Kato K, Toyoda M, Kouyama R, Kouyama K, Shimada A, Kawashima S, Matoba Y, Nishimura K, Hosoda K: Effect of Intermittent-scanning CGM to Glycemic Control Including Hypoglycemia and Quality of Life of Patients with Type 1 Diabetes Mellitus  (ISCHIA study).  57thEASD Annual Meeting,  web,  2021/10
5. 清水美佳, 大屋純子, 中神朋子, 長谷川夕希子, 馬場園哲也: 糖尿病患者における不規則な食習慣と血糖コントロールおよび体重との関連.  第42回日本肥満学会・第39回日本肥満症治療学会学術集会,  横浜 (Web),  2022/03
全件表示(64件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者