<<< 前 2021年度 2022年度 2023年度 | 2024年度 次 >>>
 消化管外科学
概要 当該年度の研究費受入状況 社会における活動
学術雑誌 著書 学会発表


教授:
   板橋 道朗
   細田 桂
   山口 茂樹
准教授:
   井上 雄志
   大木 岳志
   小川 真平
   成宮 孝祐
講師:
   出雲 渉
   工藤 健司
   隈本 力
   番場 嘉子
助教:
   相原 永子
   青山 翔太
   伊藤 俊一
   大平 慧
   尾渡 宏佳
   上小鶴 弘孝
   腰野 蔵人
   芹澤 朗子
   武市 智志
   谷 公孝

   田村 由香
   時任 史聡
   野口 岳春
   前田 新介
   前田 文
   松尾 夏来
■ 概要
下部消化管外科
日本人はふたりにひとりががんにかかる時代となり、そのうち大腸がんは日本人で最も多いがんとなりました。その一方で大腸がんの10年生存率はステージ2で83.9%、ステージ3で69.4%であり、消化器がんの中では極めてよい結果が得られています。
大腸がんを恐れすぎずに下血などの症状があれば必ず、また症状がなくてもぜひとも検診を受けましょう。

下部消化管外科では大腸がんの手術治療を中心に行っています。大部分の手術は腹腔鏡やロボットを用いて体の負担の少ない方法で行うため入院期間も短くなります。

早期のがんには大腸内視鏡による治療、進行したがんには抗がん剤治療や放射線治療を担当の診療科と連携して行い、それぞれの患者さんにあった治療を選択していきます。
また肛門に近い大腸がんでも多くの方に肛門を残して手術ができるようになりました。安全第一の上で患者さんの希望に添った治療を行っていきます。


<特徴>
迅速、正確な診断治療を目指しています。
当科の特徴的な点は外科、内科、内視鏡科、放射線科が一体となって診断治療にあたっていることで、病状に合わせて最も適切な医療が速やかに行われていることです。

<検査・治療>
下部消化管の病気についてはすべての疾患を網羅し、小腸、大腸、肛門疾患に対する検査、治療を行っています。
・検査はレントゲン、内視鏡、超音波(エコー)、CT、MRIなどを主に行っています。
・治療は腹腔鏡手術を中心に、ロボット手術や拡大手術も行っています。

<治療方法への取り組み>
抗癌剤薬物療法や、免疫療法などの集学的治療、栄養管理などにも関連診療科と協力の上で力を入れています。

<専門外来・住宅治療>
人工肛門外来などの専門外来を併設したり、在宅治療などにも対応しています。

下部消化管外科
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  Min Ro LEE, YAMAGUCHI Shigeki ICRS2023 (JSCP-KSCP1)Chairs
2.  Min Ro LEE,YAMAGUCHI Shigeki 第78回日本大腸肛門病学会学術集会 (Asian Session 1-1)Moderator
3.  YAMAGUCHI Shigeki 第68回国際外科学会日本支部総会 (Colorectal1)chairperson
4.  YMAGUCHI Shigeki 第78回日本大腸肛門病学会学術集会 (ESCP Fellowship)Moderator
5.  山口茂樹 第18回Kampo Clinical Conference (教育講演)座長
全件表示(25件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 8 0 3 5 4 15  0 1 0 0  27 14  4 2  16 5
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. NISHIKAWA Yoshitaka, HORIMATSU Takahiro, OKA Shiro, YAMADA Takeshi, MITSUI Keigo, YAMAMOTO Hironori, TAKAHASHI Keiichi, SHIOMI Akio, HOTTA Kinichi, TAKEUCHI Yoji,KUWAI Toshio, ISHIDA Fumio, KUDO Shin-Ei, SAITO Shoichi, UENO Masashi, SUNAMI Eiji, YAMANO Tomoki, ITABASHI Michio, OHTSUKA Kazuo, KINUGASA Yusuke, MATSUMOTO Takayuki, SUGAI Tamotsu, URAOKA Toshio, KURAHARA Koichi, YAMAGUCHI Shigeki, KATO Tomohiro, OKAJIMA Masazumi, KASHIDA Hiroshi, FUJITA Fumihiko, IKEMATSU Hiroaki, ITO Masaaki, ESAKI Motohiro, KAWAI Masaya, YAO Takashi, HAMADA Madoka, Koda Keiji, FUKAI Yasumori, KOMORI Koji, SAITOH Yusuke, KANEMITSU Yukihide, TAKAMARU Hiroyuki, YAMADA Kazutaka, NOZAWA Hiroaki, TAKAYAMA Tetsuji, TOGASHI Kazutomo, SHINTO Eiji, TORISU Takehiro, TOYOSHIMA Akira, OHMIYA Naoki, KATO Takeshi, OTSUJI Eigo, NAGATA Shinji, HASHIGUCHI Yojiro, SUGIHARA Kenichi, AJIOKA Yoichi, TANAKA Shinji:  Outcomes of Metastatic and Unresectable Small Bowel Adenocarcinoma in Japan According to the Treatment Strategy: A Nationwide Observational Study.  JCO global oncology  10 :e2300392 , 2024.2   DOI:10.1200/GO.23.00392
2. ITO Shunichi, KURAMOCHI HIDEKAZU*, SERIZAWA Akiko, OTA Masaho, KATAGIRI SATOSHI, MAEDA Shinsuke, HOSODA Kei:  Long-term Results of a Phase II Study of Neoadjuvant SOX for Advanced Gastric Cancer.  Anticancer research  44 (1) :195-204 , 2024.1   DOI:10.21873/anticanres.16802
3. MIZUUCHI Yusuke,NAGAYOSHI Kinuko,NAKAMURA Masafumi,IKEWUCHI Hiroki,UCHINO Motoi,FUTAMI Kitaro,OKAMOTO Kinya,MIZUSHIMA Tsunekazu,NAGAHARA Hisashi,WATANABE Kazuhiro,OKABAYASHI Koji,YAMADA Kazutaka,OHGA Hiroki,TANAKA Shinji,OKITA Yoshiki,SATO Yu,UENO Hideki,MAEMOTO Atsuo,ITABASHI Michio,KIMURA Hideaki,HIDA Koya,KINUGASA Yusuke,TAKAHASHI Kenichi,KOYAMA Fumikazu,HANAI Tsunekazu,MAEDA Kiyoshi,NOAKE Toshihiro,SHIMADA Yoshifumi,YAMAMOTO Takayuki,ARAKAKIJunya,MATASUDA Keiji,OKUDA Junji,SUNAMI Eiji,AKAGI Yoshito,KATSUMATA Kenji,UEHARA Kay,YAMADA Takeshi,SASAKI Shin,ISHIHARA Soichiro,AJIOKA Yoichi,SUGIHARA Kenichi:  Prognostic impact of tumour location in stage II/III ulcerative colitis-associated colon cancer: subgroup analysis of a nationwide multicentre retrospective study in Japan.  The British journal of surgery  111 (1) :znad386 , 2024.1   DOI:10.1093/bjs/znad386
4. YAMAGUCHI Shigeki, ENDO Hideki, YAMAMOTO Hiroyuki, MORI Toshiyuki, MISAWA Takeyuki, INOMATA Masafumi, MIYATA Hiroaki, KAKEJI Yoshihiro, KITAGAWA Yuko, WATANABE Masahiko, SAKAI Yoshiharu:  Specialty-Certified Colorectal Surgeons Demonstrate Favorable Short-term Surgical Outcomes for Laparoscopic Low Anterior Resection: Assessment of a Japanese Nationwide Database.  Diseases of the colon and rectum  66 (12) :e1217-e1224 , 2023.12   DOI:10.1097/DCR.0000000000002952
5. OZAKI Kosuke,KUROSE Yusuke,KAWAI Kazushige,KOBAYASHI Hirotoshi,ITABASHI Michio,HASHIGUCHI Yojiro,MIURA Takuya,SHIOMI Akio,HARADA Tatsuya,AJIOKA Yoichi:  Development of a Diagnostic Artificial Intelligence Tool for Lateral Lymph Node Metastasis in Advanced Rectal Cancer.  Diseases of the colon and rectum  66 (12) :e1246-e1253 , 2023.12   DOI:10.1097/DCR.0000000000002719
全件表示(19件)
総説及び解説
1. 伊藤俊一, 細田 桂:  (Ⅲ.消化器外科領域のロボット支援手術)3.胃切除術 (3)残胃癌に対するロボット支援手術.  日本臨床  82 (増刊1) :185-191 , 2024.1
2. 板橋道朗:  ((5章 するっと理解!小腸・大腸のすべて(治療・ケア編))直腸切断術.  消化器ナーシング  28 (秋季増刊) :178-182 , 2023.10
3. 板橋道朗:  (5章 するっと理解!小腸・大腸のすべて(治療・ケア編))ストーマ造設術.  消化器ナーシング  28 (秋季増刊) :183-187 , 2023.10
4. 近藤宏佳, 山口茂樹:  1.基本手技・処置 トロカーの種類,挿入・閉創法.  臨床外科  78 (11) :28-31 , 2023.10
5. 山口茂樹, 近藤宏佳, 隈本 力, 金子由香, 腰野蔵人, 谷 公孝, 前田 文, 番場嘉子, 小川真平, 板橋道朗:  (特集 見てわかる! 下部消化管手術における最適な剥離層)総論 膜に焦点を当てた結腸の解剖.  臨床外科  78 (9) :1034-1038 , 2023.9
全件表示(11件)
症例報告
1. KOSHINO Kurodo, NAKAGAWA Ryosuke, TANI Kimitaka, OGAWA Shimpei, YAMAMOTO Tomoko, INOUE Yuji, YAMAGUCHI SHIGEKI:  Appendiceal cancer showing a submucosal tumor-like morphology in the ascending colon on colonoscopy: a case report.  Journal of surgical case reports  2023 (8) :rjad390 , 2023.8   DOI:10.1093/jscr/rjad390
ページの先頭へ
■ 著書
1. 山口茂樹:  (第5章 小腸・大腸)4.大腸癌 12)結腸癌に対する結腸右半切除術.  消化器外科専門医の心得 下巻  514-519.  一般社団法人日本消化器外科学会,  東京, 2023.7
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎河野 佐和, 橋本 弥一郎, 大松 賢太, 辻井 美貴, 栗林 茂彦, 唐澤 久美子: 胸部食道扁平上皮癌I期・高齢者における領域放射線療法の長期治療成績と再発パタ
ーン.  日本放射線腫瘍学会第36回学術大会,  横浜,  2023/11
2. KANEKO Yuka: A case of MSI-High rectal cancer with liver metastasis treated with immune checkpoint inhibitor leading to pathological CR.  19th Congress of Asia Pacific Federation of Coloproctology(APFCP)・13th Congress of the Asian Society of Stoma Rehabiliation(ASSR)・4th Congress of the Asia and South Pacific Ostomy Association (ASPOA),  singapore,  2023/10
3. MAEDA Fumi, TANI Kimitaka, KOSHINO Kurodo, KONDO Hiroka, KANEKO Yuka, KUMAMOTO Tsutomu, BAMBA Yoshiko, OGAWA Shimpei, ITABASHI Michio, YAMAGUCHI Shigeki: Three Cases of Laparoscopic Lateral Lymph Node Dissection for Lateral Lymph Node Recurrence of Rectal Cancer.  19th Congress of Asia Pacific Federation of Coloproctology(APFCP)・13th Congress of the Asian Society of Stoma Rehabiliation(ASSR)・4th Congress of the Asia and South Pacific Ostomy Association (ASPOA),  singapore,  2023/10
4. YAMAGUCHI Shigeki, KANEKO Yuka, MAEDA Fumi, KOSHINO Kurodo, KONDO Hiroka, KUMAMOTO Tsutomu: Technical Aspect of Laparoscopic Right Hemicolectomy for D3 Lymph Node Dissection.  19th Congress of Asia Pacific Federation of Coloproctology(APFCP)・13th Congress of the Asian Society of Stoma Rehabiliation(ASSR)・4th Congress of the Asia and South Pacific Ostomy Association (ASPOA),  singapore,  2023/10
5. ◎KOSHINO Kurodo, NAKAGAWA Ryosuke, MAEDA Fumi, KONDO Hiroka, KUMAMOTO Tsutomu, TANI Kimitaka, BAMBA Yoshiko, KANEKO Yuka, OGAWA Shimpei, YAMAGUCHI Shigeki: Endoscopic Technique For The Treatment of Anastomotic Fistula Post Colorectal Surgery Using PGA Sheets And Fibrin Glue: A Case Report.  19th Congress of Asia Pacific Federation of Coloproctology(APFCP)・13th Congress of the Asian Society of Stoma Rehabiliation(ASSR)・4th Congress of the Asia and South Pacific Ostomy Association (ASPOA),  singapore,  2023/10
全件表示(68件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者