<<< 前 2019年度 2020年度 2021年度 | 2022年度 | 2023年度 次 >>>
 消化管外科学
概要 当該年度の研究費受入状況 社会における活動
学術雑誌 著書 学会発表


教授:
   板橋 道朗
   山口 茂樹
准教授:
   井上 雄志
   大木 岳志
   小川 真平
講師:
   谷口 清章
   成宮 孝祐
助教:
   工藤 健司
   番場 嘉子
   相原 永子
   青山 翔太
   伊藤 俊一
   大平 慧
   小川 杏平
   尾渡 宏佳
   上小鶴 弘孝
   腰野 蔵人

   鈴木 和臣
   芹澤 朗子
   武市 智志
   谷 公孝
   田村 由香
   豊島 幸憲
   中川 了輔
   野口 岳春
   前田 新介
   前田 文

   矢川 陽介
   山田 卓司
■ 概要
下部消化管外科
日本人はふたりにひとりががんにかかる時代となり、そのうち大腸がんは日本人で最も多いがんとなりました。その一方で大腸がんの10年生存率はステージ2で83.9%、ステージ3で69.4%であり、消化器がんの中では極めてよい結果が得られています。
大腸がんを恐れすぎずに下血などの症状があれば必ず、また症状がなくてもぜひとも検診を受けましょう。

下部消化管外科では大腸がんの手術治療を中心に行っています。大部分の手術は腹腔鏡やロボットを用いて体の負担の少ない方法で行うため入院期間も短くなります。

早期のがんには大腸内視鏡による治療、進行したがんには抗がん剤治療や放射線治療を担当の診療科と連携して行い、それぞれの患者さんにあった治療を選択していきます。
また肛門に近い大腸がんでも多くの方に肛門を残して手術ができるようになりました。安全第一の上で患者さんの希望に添った治療を行っていきます。


<特徴>
迅速、正確な診断治療を目指しています。
当科の特徴的な点は外科、内科、内視鏡科、放射線科が一体となって診断治療にあたっていることで、病状に合わせて最も適切な医療が速やかに行われていることです。

<検査・治療>
下部消化管の病気についてはすべての疾患を網羅し、小腸、大腸、肛門疾患に対する検査、治療を行っています。
・検査はレントゲン、内視鏡、超音波(エコー)、CT、MRIなどを主に行っています。
・治療は腹腔鏡手術を中心に、ロボット手術や拡大手術も行っています。

<治療方法への取り組み>
抗癌剤薬物療法や、免疫療法などの集学的治療、栄養管理などにも関連診療科と協力の上で力を入れています。

<専門外来・住宅治療>
人工肛門外来などの専門外来を併設したり、在宅治療などにも対応しています。

下部消化管外科
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  羽井佐実,番場嘉子 第58回日本腹部救急医学会総会 (一般演題55 胃1)司会
2.  山口茂樹 第34回日本内視鏡外科学会総会 (Education Lecture11 次世代ドクターが考える骨盤リンパ節郭清~Common point and differences~)司会
3.  山口茂樹 第96回大腸癌研究会 (示説Ⅲ-5)座長
4.  正木忠彦,山口茂樹 第19回日本消化器外科学会大会・第63回日本消化器病学会大会(JDDW2021) (Strategic International Session(Symposium) 2:局所進行直腸癌に対する治療戦略)司会
5.  大塚幸喜,山口茂樹 第34回日本内視鏡外科学会総会 (パネルディスカッション15 横行結腸・脾湾曲・下行結腸に対する郭清手技と治療成績1 横行結腸)司会
全件表示(10件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 9 0 3 14 4 9  0 25 0 0  42 11  2 0  2 2
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. SHINTO Eiji, IKE Hideyuki, ITO Masaaki, TAKAHASHI Keiichi, OHUE Masayuki, KANEMITSU Yukihide, SUTO Takeshi, KUNUGASA Tetsushi, WATANABE Jun, HIDA Jin-Ichi, ITABASHI Michio, OZUKA Heita, NOZAWA Hiroaki, KOBAYASHI Hirotoshi, HASHIGUCHI Yojiro, HASE Kazuo, SUGIHARA Kenichi:  Optimizing nodal and staging classification in low rectal cancers with lateral node metastasis: multicentre retrospective cohort study.  BJS open  6 (2) :. , 2022.3   DOI:10.1093/bjsopen/zrac006
2. Yamada Shigeru, Takiyama Hirotoshi, Isozaki Yuka, Shinoto Makoto, Ebner Daniel K, Koto Masashi, Tsuji Hiroshi, Miyauchi Hideaki, Sekimoto Mitsugu, Ueno Hideki, Itabashi Michio, Ikeda Masataka, Matsubara Hisahiro,:  ASO Visual Abstract: Carbon Ion Radiotherapy for Locally Recurrent Rectal Cancer in Patients with Prior Pelvic Irradiation.  Annals of surgical oncology  29 (1) :107-108 , 2022.1   DOI:10.1245/s10434-021-10998-9
3. YAMADA Shigeru, TANIYAMA Hirotoshi, ISOZAKI Yuka, SHINOTO Makoto, Ebner Daniel K, KOTO Masashi, TSUJI Hiroshi, MIYAUCHI Hideaki, SEKIMOTO Mitsugu, UENO Hideki, ITABASHI Michio, IKEDA Masataka, MATSUBARA Hisahiro,:  Carbon Ion Radiotherapy for Locally Recurrent Rectal Cancer of Patients with Prior Pelvic Irradiation.  Annals of surgical oncology  29 (1) :99-106 , 2022.1   DOI:10.1245/s10434-021-10876-4
4. 蔵満 薫, 小木曽智美, 伊藤玲子, 高井 淳, 吉丸洋子, 石上雅敏, 褚 柏松, 高木章乃夫, 成田翔平, 渡邊俊司, 柿坂啓介, 山田友春, 前阪和城, 小川浩司, 江川裕人:  肝移植内科医育成のための現状と課題.  肝臓  62 (12) :785-792 , 2021.12
5. TANI Kimitaka, ITABASHI Michio, OKUYA Koichi, TAKEMASA Ichiro, TOMITA Naohiro, OGAWA Shimpei, NAGASHIMA Yoji, YAMAMOTO Masakazu:  Feasibility of Pooled One-Step Nucleic Acid Amplification for Molecular Staging of Pathologically Node-Negative Colon Cancer: A Prospective Multicenter Study.  Annals of surgical oncology  28 (13) :8804-8812 , 2021.12   DOI:10.1245/s10434-021-10140-9
全件表示(18件)
総説及び解説
1. 山口茂樹, 近藤宏佳, 番場嘉子, 金子由香, 腰野蔵人, 谷 公孝, 中川了輔, 前田 文, 相原永子, 時任史聡, 大木岳志, 小川真平, 井上雄志, 板橋道朗:  (特集 ガイドラインには書いていない 大腸癌外科治療のCQ-妥当な治療と適応を見直そう)結腸右半切除におけるリンパ節郭清の至適範囲.  臨床外科  77 (2) :147-151 , 2022.2
2. 板橋道朗, 谷 公孝, 小川真平:  (特集 ストーマ・ハンドブック-外科医に必要な知識と手術手技のすべて)炎症性腸疾患におけるストーマ造設と合併症.  臨床外科  76 (12) :1329-1335 , 2021.11
3. 大木岳志:  (特集 気管食道科領域の再生医療)食道粘膜上皮の再生.  日本気管食道科学会会報  72 (5) :281-287 , 2021.10
4. 山口茂樹, 近藤宏佳, 井上雄志, 小川真平, 大木岳志, 番場嘉子, 金子由香, 腰野蔵人, 谷 公孝, 中川了輔, 前田 文, 時任史聡, 相原永子, 藤川秀爾, 板橋道朗:  (特集 スコピストを極める)腹腔鏡下結腸右半切除術でのスコピストのテクニックとコツ.  臨床外科  76 (10) :1233-1239 , 2021.10
5. 番場嘉子, 小川真平, 相原永子, 谷 公孝, 中川了輔, 腰野蔵人, 近藤宏佳, 大木岳志, 井上雄志, 板橋道朗, 岡本高宏, 亀岡信悟, 山本雅一, 山口茂樹:  (特集 消化器外科とAI)AIナビゲーションによる大腸癌手術.  消化器外科  44 (7) :1203-1209 , 2021.6
全件表示(9件)
症例報告
1. KONDO Hiroka, OHKI Takeshi, OGAWA Shimpei, OMORI Teppei, ONIZUKA HiHiromi, Nagashima, Yoji, YAMAGUCHI SHIGEKI:  Multiple intestinal lymphangiomas with episodic hemorrhage requiring partial laparoscopic resection: a case report.  Surgical case reports  8 (1) :56 , 2022.3   DOI:10.1186/s40792-022-01411-y
2. SADAHIRO Sotaro, SAKAMOTO Kazuhiro, TSUCHIYA Takashi, TAKAHASHI Takao, OHGA Hiroki, SATO Toshihiko, KONDO Ken, OGATA Yutaka, BABA Hideo, ITABASHI Michio, IKEDA Masataka, HAMADA Madoka, MAEDA Kiyoshi, MASUKO Hiroyuki, TAKAHASHI Keiichi, SAKAMOTO Junichi, KUSANO Mitsuo, YHODO Ichinosuke, TAGURI Masataka, MORITA Satoshi:  Prospective observational study of the efficacy of oral uracil and tegafur plus leucovorin for stage II colon cancer with risk factors for recurrence using propensity score matching (JFMC46-1201).  BMC cancer  22 (1) :170 , 2022.2   DOI:10.1186/s12885-022-09267-z
3. YAGAWA Yosuke, NARUMIYA Kosuke, KUDO Kenji, MAEDA Shinsuke, TOYOSHIMA Yukinori, OGAWA Kyohei, TANIGAWA Keishi, HASHIMOTO Yaichiro, Nagashima, Yoji, OSUGI Harushi, EGAWA Hiroto:  Cardiac metastasis after esophagogastrectomy for esophageal adenocarcinoma with an antemortem diagnosis.  Clinical journal of gastroenterology  15 (1) :77-84 , 2022.2   DOI:10.1007/s12328-021-01557-6
4. OHIRA Kei, OHKI Takeshi, INOUE Yuji, YAMAMOTO Masakazu:  Laparoscopic appendectomy for appendiceal intussusception assisted by colonoscopy: A case report.  International journal of surgery case reports  89 :106611 , 2021.12   DOI:10.1016/j.ijscr.2021.106611
5. 前田新介, 成宮孝祐, 工藤健司, 矢川陽介, 豊島幸憲, 小川杏平, 鬼塚裕美, 大杉治司, 山本雅一:  食道原発悪性黒色腫の術後肝転移再発に対してニボルマブにより完全奏効が得られた1例.  日本消化器外科学会雑誌  54 (11) :768-775 , 2021.11   DOI:10.5833/jjgs.2020.0182
全件表示(7件)
その他
1. Sugita Akira, Ikeuchi Hiroki, Funayama Yuuji, Futami Kitaro, Iiai Tsuneo, Itabashi Michio, Suzuki Yasuo:  Postoperative Survival in Colitis-associated Colorectal Cancer With Ulcerative Colitis in Japan: A Multicenter Analysis.  Anticancer research  41 (5) :2681-2688 , 2021.5   DOI:10.21873/anticanres.15049
ページの先頭へ
■ 著書
1. 白石憲男, 北川裕久, 新田浩幸, 山口茂樹:  編集委員.  新DS NOW リンパ節郭清手技を究める[上部消化管編]  1-240.  メジカルビュー,  東京, 2021.12
2. 上野秀樹, 山口茂樹, 金光幸秀, 川合一茂, 山田岳史, 畑 啓介, 松田圭二, 問山裕二, 衛藤 謙, 山名哲郎:  編集委員.  これだけは読んでおきたい!消化器外科医のための重要論文223篇<大腸肛門外科編>  1-256.  シービーアール,  東京, 2021.11
3. 山口茂樹:  (結腸癌手術)01-Q021.進行結腸癌に対する腹腔鏡下手術は安全か?.  これだけは読んでおきたい!消化器外科医のための重要論文223篇<大腸肛門外科編>  22-22.  シービーアール,  東京, 2021.11
4. 井上雄志:  (結腸癌手術)02-Q022.結腸癌に対する手術の腹腔鏡補助下手術と開腹手術に差はあるか?.  これだけは読んでおきたい!消化器外科医のための重要論文223篇<大腸肛門外科編>  23-23.  シービーアール,  東京, 2021.11
5. 小川真平:  (結腸癌手術)03-Q023.CVLおよびCMEは結腸癌手術の根治性を高めるか?.  これだけは読んでおきたい!消化器外科医のための重要論文223篇<大腸肛門外科編>  24-24.  シービーアール,  東京, 2021.11
全件表示(25件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎NARUMIYA Kosuke: Strategy for treatment of early adenocacinoma (T1) of the esophagogastric junction according to lymph node metastasis status and vascular invasion.  17th ISDE Word Congress for Esophageal Diseases,  Virtual,  2021/09
2. ◎NARUMIYA Kosuke: The best practice of reconstruction methods after esophagectomy without stomach.  17th ISDE Word Congress for Esophageal Diseases,  Virtual,  2021/09
3. ◎原田公人, 谷口清章, 伊藤俊一, 鈴木和臣, 泉家 匠, 小川杏平, 前田新介, 工藤健司, 成宮孝祐, 江川裕人: 当院における、肥満症に対する腹腔鏡下スリーブ状胃切除術の導入.  第42回日本肥満学会・第39回日本肥満症治療学会学術集会,  横浜,  2022/03
4. ◎谷 公孝, 今里亮介, 時任史聡, 相原永子, 前田 文, 中川了輔, 腰野蔵人, 近藤宏佳, 金子由香, 番場嘉子, 大木岳志, 小川真平, 井上雄志, 山口茂樹, 板橋道朗: (パネルディスカッション2 炎症性腸疾患に対する緊急手術における内視鏡外科の立ち位置)潰瘍性大腸炎緊急手術症例における腹腔鏡下手術の治療成績.  第58回日本腹部救急医学会総会,  東京,  2022/03
5. ◎米澤麻利亜, 佐々木優, 高鹿美姫, 村杉 瞬, 伊藤亜由美, 大森鉄平, 板橋道朗, 中村真一, 徳重克年: 妊娠中に発症したS状結腸軸捻転に対して内視鏡下捻転解除術を施行した1例.  第58回日本腹部救急医学会総会,  東京,  2022/03
全件表示(59件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者