<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 微生物学免疫学
概要 当該年度の研究費受入状況 社会における活動
学術雑誌 学会発表


教授:
   柳沢 直子
准教授:
   大坂 利文
講師:
   芦野 滋
助教:
   加藤 秀人
   上芝 秀博
■ 概要
微生物学免疫学教室ホームページ
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  文部科学省 科学研究費補助金 若手研究(B)
 研究課題:免疫系と神経系のクロストークに着目した気管支喘息重篤化機構の解明と制御法開発  (研究代表者:芦野滋)
 研究補助金:1,820,000円  (代表)
2.  文部科学省 科学研究費補助金 国際共同研究加速基金
 研究課題:ウィルス感染が誘導するステロイド抵抗性気管支喘息のメカニズム解明とその制御法開発 (国際共同研究加速基金)  (研究代表者:芦野滋)
 研究補助金:9,848,000円  (代表)
3.  2019年度 北海道大学 遺伝子病制御研究所 共同利用共同研究 (萌芽的共同研究)
 研究課題:がん・感染症における免疫細胞の機能制御と疾患治療への応用  (研究代表者:芦野滋)
 研究補助金:30,000円  (代表)
4.  2019年度科学研究費補助金・基盤研究(C)
 研究課題:マイクロバイオータの表現型可塑性に着目した歯性病巣感染症の病態機序解明  (研究代表者:大坂利文)
 研究補助金:1,300,000円  (代表)
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  大坂利文 日本作業環境測定協会・認定オキュペイショナルハイジニスト養成講座・講師
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 1 0  0 0 0 0  0 4  0 1  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Ece Zaim, Ashino Shigeru*, Osaka Toshifumi, YANAGISAWA Naoko, YAGI Junji:  Effect of Cholecalciferol in Food Allergy Mouse Model is Associated with Decrease of CD69+ CD4+ T Cells.  Journal of Nutritional Science and Vitaminology  65 :113-122 , 2019.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎KUROKAWA Atsushi, KONDO Mitsuko, ARIMURA Ken, ASHINO Shigeru, TAKEYAMA Kiyoshi, TAGAYA Etsuko: Airway hyperresponsiveness in IL-33-Induced asthma model of leptin-deficient obese mice.  American Thoracic Society 2019 International Conference,  Dallas, USA,  2019/05
2. ◎黒川敦志, 近藤光子, 有村健, 芦野滋, 武山廉, 多賀谷悦子: レプチン欠損肥満マウス(ob/ob mice)の気道過敏性におけるIL-33の影響.  第68回日本アレルギー学会学術大会,  東京,  2019/06
3. ◎伊藤新、大坂利文、中神朋子、八木淳二、馬場園哲也: 糖尿病患者における唾液細菌叢の検索:臨床背景との関係.  第62回日本糖尿病学会年次学術集会,  仙台,  2019/05
4. ◎佐々木啓, 石川裕樹, 上芝秀博, 池郁生: 溶血性を示す Rodentibacter sp. の病原性解析.  第66回日本実験動物学会総会,  福岡, 日本,  2019/05
5. ◎黒川敦志, 近藤光子, 有村健, 芦野滋, 武山廉, 多賀谷悦子: レプチン欠損肥満マウス(ob/ob mice)における気道過分性の検討.  第59回日本呼吸器学会学術講演会,  東京,  2019/04
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者