<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度
 微生物学免疫学
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   八木 淳二
准教授:
   柳沢 直子
講師:
   大坂 利文
助教:
   加藤 秀人
   芦野 滋
   上芝 秀博
   大森 深雪
■ 概要
微生物学免疫学教室ホームページ
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 3 3 0 1 1 0  0 1 0 1  0 0  0 1  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Yanagisawa Naoko, Ueshiba Hidehiro, Abe Yoshihiro, Kato Hidehito, Higuchi Tomoaki, Yagi Junji:  Outer Membrane Protein of Gut Commensal Microorganism Induces Autoantibody Production and Extra-Intestinal Gland Inflammation in Mice.  International journal of molecular sciences  19 (10) :3241 , 2018.10
総説及び解説
1. 柳澤 直子, 清水 京子, 春田 郁子, 阿部 義廣, 樋口 智昭, 徳重 克年, 八木 淳二:  【膵炎の基礎研究・病態解明】 細菌構成分子と自己免疫性膵炎.  膵臓  33 (4) :758-767 , 2018.8
2. 大坂利文*:  「特集:腸内菌叢はコントロールできるか?」抗生物質による腸内細菌叢の変化と生体影響.  腸内細菌学雑誌  32 (3) :125-136 , 2018.7
3. 大坂利文*:  「特集1 腸内細菌叢と小児の健康」1.ヒト腸内細菌叢の発達.  日本小児科医会会報  (55) :8-13 , 2018.4
ページの先頭へ
■ 著書
1. Hiraku Sasaki, Hidehiro Ueshiba, Takao Kanai and Eiichi Kawamoto:  Chapter 10
Experimental Infection of Immunodeficientand Immunocompetent mice with Rodentibacter pneumotropicus.  Top 10 Contributions on Microbiolog  2-23.  Avid Science,  Berlin, Germany., 2018.8
2. 上芝秀博:    解剖生理学用語テキスト  0-103.  白鷗社,  東京都、日本, 2018
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎AKABA Tomohiro, TAKEYAMA Kiyoshi, ASHINO Shigeru, TAGAYA Etsuko, KONDO Mitsuko, TAMAOKI Jun: Specific Sphingosine Kinase 1 Inhibitor, SK1-I Attenuates Neutrophil Elastase Induced Airway Inflammation and Goblet Cell Hyperplasia in Mice.  American Thoracic Society 2018 International Conference,  San Diego, USA,  2018/05
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者