<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度 | 2018年度 | 2019年度 次 >>>
 微生物学免疫学
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   八木 淳二
准教授:
   柳沢 直子
講師:
   大坂 利文
助教:
   加藤 秀人
   芦野 滋
   大森 深雪
■ 概要
微生物学免疫学教室ホームページ
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  文部科学省 科学研究費補助金 若手研究 (B)
 研究課題:免疫系と神経系のクロストークに着目した気管支喘息重篤化機構の解明と制御法開発  (研究代表者:芦野滋)
 研究補助金:1,430,000円  (代表)
2.  文部科学省 科学研究費補助金 国際共同研究加速基金
 研究課題:ウィルス感染が誘導するステロイド抵抗性気管支喘息のメカニズム解明とその制御法開発 (国際共同研究加速基金)  (研究代表者:芦野滋)
 研究補助金:9,848,000円  (代表)
3.  平成29年度 北海道大学 遺伝子病制御研究所 共同利用共同研究 (一般共同研究)
 研究課題:細菌・ウィルス感染が誘導する呼吸器疾患重症化機構の解明とその制御法開発 (研究代表者) (北海道大学遺伝子病制御研究所 共同利用共同研究)  (研究代表者:芦野滋)
 研究補助金:225,000円  (代表)
4.  ニッポンハム食の未来財団 個人研究助成
 研究課題:ウコン成分クルクミンによる食物アレルギー改善効果  (研究代表者:芦野滋)
 研究補助金:2,000,000円  (代表)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 0 0 1 1 4  0 0 0 0  2 4  1 1  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Takeda Katsuyuki, Webb Tracy L, Ning Fangkun, Shiraishi Yoshiki, Regan Daniel P, Chow Lyndah, Smith Mia J, Ashino Shigeru, Guth Amanda M, Hopkins Sophie, Gelfand Erwin W, Dow Steven:  Mesenchymal Stem Cells Recruit CCR2+ Monocytes To Suppress Allergic Airway Inflammation.  Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)  200 (4) :1261-1269 , 2018.2
2. Toshifumi Osaka, Eri Moriyama, Shunichi Arai, Yasuhiro Date, Junji Yagi, Jun Kikuchi, Satoshi Tsuneda*:  Meta-analysis of fecal microbiota and metabolites in experimental colitic mice during the inflammatory and healing phases.  Nutrients  9 :1329 , 2017.12
3. Yoshiaki Hasebe, Hiroaki Meguro, Yuuki Kanai, Masahiro Eguchi, Toshifumi Osaka, Satoshi Tsuneda.:  High-Rate Nitrification of Electronic Industry Wastewater by Using Nitrifying Granules.  Water Science and Technology  76 (11) :3171-3180 , 2017.12
4. Higuchi T, Haruta I, Shibata N, Yanagisawa N, Yagi J:  Flagellar filament structural protein induces Sjögren's syndrome-like sialadenitis in mice.  Oral diseases  23 (5) :636-643 , 2017.7
5. Kazuichi Isaka*, Yuya Kimura, Masahiro Matsuura, Toshifumi Osaka, Satoshi Tsuneda:  First full-scale nitritation-anammox plant using gel entrapment technology for ammonia plant effluent.  Biochemical Engineering Journal  122 :115-122 , 2017.6
6. Totsuka Ami, Omori-Miyake Miyuki, Kawashima Makoto, Yagi Junji, Tsunemi Yuichiro:  Expression of keratin 1, keratin 10, desmoglein 1 and desmocollin 1 in the epidermis: possible downregulation by interleukin-4 and interleukin-13 in atopic dermatitis.  European journal of dermatology : EJD  27 (3) :247-253 , 2017.6
その他
1. 芦野 滋:  Th1/Th17型重症気管支喘息における新規治療標的分子IRF5.  ファルマシア  54 (1) :72 , 2018.1
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Yanagisawa N, Haruta I, Abe Y, Shimizu K, Tokushige K, Yagi J: Symposium 1, Epidemiology and pathogenesis of autoimmune pancreatitis. A mouse model of flagellin-dependent pancreatitis under immune hypersensitivity.  The International Pancreas Research Forum (IPRF),  Matsumoto, Japan,  2017/10
2. ◎TAKEYAMA Kiyoshi, ASHINO Shigeru, ORIMO Kesuke, YAGI Junji, TAMAOKI Jun: Theracurmin®, a highly absorptive nanoparticle curcumin, reduces Th2 inflammatory responses and airway mucus production in ovalbumin-induced murine model of asthma.  American Thoracic Society 2017 International Conference,  Washington, DC, USA,  2017/05
3. 大坂利文、中神朋子、伊藤新、馬場園哲也、八木淳二: 日本人2型糖尿病患者の唾液細菌叢の分子生態解析.  第91回日本細菌学会総会,  福岡,  2018/03
4. ◎Mayu Kaetsu, Toshifumi Osaka, Satoshi Tsuneda, Junji Yagi: Colonic inflammation induces a transient increase in serum LECT2 level.  The 46th annual meeting of the Japanese society for immunology,  Sendai,  2017/12
5. ◎浦瀬香子, 岡田みどり, 八木淳二, 三浦美奈子, 那須実千代, 齋藤加代子: 東京女子医科大学人間関係教育における「看護の医療対話実習」10年間の総括.  第49回日本医学教育学会大会,  札幌, 日本,  2017/08
6. ◎柳沢直子, 清水京子, 春田郁子, 徳重克年, 八木淳二: (ワークショップ1 自己免疫性膵炎の病因・病態解明の最前線)細菌構成分子とアレルギーが自己免疫性膵炎の発症に及ぼす影響.  第48回日本膵臓学会大会,  京都,  2017/07
7. ◎森美穂乃,大坂利文,常田聡: 乳幼児期の腸内細菌叢の撹乱が腸管炎症制御におよぼす影響解析.  第21回腸内細菌学会,  兵庫県神戸市,  2017/06
8. 菊池脩太, ◎大坂利文, 常田聡: 乳幼児期の腸内細菌叢攪乱が食物アレルギー感受性に与える影響解析.  第21回腸内細菌学会,  兵庫県神戸市,  2017/06
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者