<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度 | 2020年度 次 >>>
 輸血・細胞プロセシング科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   菅野 仁
講師:
   槍澤 大樹
   小林 博人
■ 概要
輸血・細胞プロセシング科の研究課題とその進捗状況
輸血医学は血液学、免疫学、遺伝学の要素を包含する臨床医学の一分野である。当科の研究課題は以下の3つに大別される。
1)血液製剤の適正使用推進に寄与する新規技術の導入
 当院の血液製剤使用量は心臓血管外科領域の手術、腎臓・肝臓・心臓・膵臓移植術などの症例数が多いことから、我が国の医療機関のなかでも極めて多いのが特徴である。血液製剤の適正使用を進めて製剤使用量を削減するために、クリオ・プレシピテートの院内調製や難治性腹水患者に対する腹水濾過濃縮再静注法(CART)における腹水の冷蔵・冷凍技術開発を行っている。
2)新規細胞療法の開発と臨床応用
 本学と京都大学が共同開発した、ピロリン酸抗原によるex vivo自己γδ型T細胞の増幅技術を用いた泌尿器科悪性腫瘍に対するがん免疫細胞療法の臨床応用を支援し、更なる治療成績改善のための新技術開発を模索している。また、間葉系幹細胞を用いた先天性筋疾患に対する遺伝子治療・細胞療法の開発に関する基礎研究、自己iPS細胞を用いた遺伝子治療および造血幹細胞移植術の開発研究を実施している。
 間葉系幹細胞やiPS細胞の臨床応用を間近に控え、輸血医学にも大きく変貌していく時代が到来しているため、先端的医科学の進歩をベッドサイドに届けるための橋渡し的な役割を担う人材の養成を目指している。
3)先天性血液疾患に関する新規バイオマーカー・病因遺伝子の同定とその臨床応用
 当科は原因不明の先天性溶血性貧血症例に関する生化学的・遺伝学的検査に関して、我が国のセンター的役割を果たしている。更に厚労省研究班の枠組みのなかで、ダイアモンド・ブラックファン貧血に関する生化学的バイオマーカーを同定し、現在前向き研究を通じて、その臨床的有用性を検討している。先天性溶血性貧血の新規病因遺伝子をエクソーム解析で同定し、我が国の小児血液・血液内科臨床のなかでの診断ガイドライン策定に寄与している。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 1 0 1 3  0 0 0 0  0 7  0 1  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Tanaka Junji*, Tanaka Norina, Wang Yan-Hua, Mitsuhashi Kenjiro, Ryuzaki Michiko, Iizuka Yuki, Watanabe Aya, Ishiyama Midori, Shinohara Akihito, Kazama Hiroshi, Hagiwara Shotaro, Yoshinaga Kentaro, Kougen Yumi, Kobayashi Hirohito, Kanno Hitoshi, Shiseki Masayuki:  Phase I study of cellular therapy using ex vivo expanded NK cell from autologous peripheral blood mononuclear cells combined with rituximab-containing chemotherapy for relapsed CD20-positive malignant lymphoma patients.  Haematologica  :in press , 2019.8   DOI:10.3324/haematol.2019.226696
2. Kohara H, Utsugisawa T, Sakamoto C, Hirose L, Ogawa Y, Ogura H, Sugawara A, Liao J, Aoki T, Iwasaki T, Asai T, Doisaki S, Okuno Y, Muramatsu H, Abe T, Kurita R, Miyamoto S, Sakuma T, Shiba M, Yamamoto T, Ohga S, Yoshida K, Ogawa S, Ito E, Kojima S, Kanno H, Tani K.:  KLF1 mutation E325K induces cell cycle arrest in erythroid cells differentiated from congenital dyserythropoietic anemia patient-specific induced pluripotent stem cells.  Experimental hematology  73 :25-37 , 2019.5   DOI:10.1016/j.exphem.2019.03.001
3. Kamio H, Uchiyama T, Kanno H, Onoe Y, Saito K, Kameoka S, Kamio T, Okamoto T.:  Association between SLCO1B1 rs4149056 and tegafur-uracil-induced hepatic dysfunction in breast cancer.  Pharmacogenomics  20 :353-365 , 2019.4   DOI:10.2217/pgs-2018-0100
症例報告
1. Yamamoto-Shimojima K, Imaizumi T, Akagawa H, Kanno H, Yamamoto T*:  Primrose syndrome associated with unclassified immunodeficiency and a novel ZBTB20 mutation.  American Journal of Medical Genetics Part A  in press :in press , 2019.11
2. 羽賀 洋一, 高橋 浩之, 三井 一賢, 中村 俊紀, 松岡 正樹, 小嶋 靖子, 小倉 浩美, 菅野 仁, 服部 幸夫, 小原 明:  遺伝性メトヘモグロビン血症I型の兄弟例.  日本小児科学会雑誌  123 :861-865 , 2019.5
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎HAGIWARA Shotaro, WANG Yan-Hua, KOBAYASHI Hirohito, KATO Yutaka, TANAKA Norina, IIZUKA Yuki, WATANABE Aya, ISHIYAMA Midori, SHINOHARA Akihito, KAZAMA Hiroshi, YOSHINAGA Kentaro, SHISEKI Masayuki, KANNO Hitoshi, TANAKA Junji: Ex-Vivo Expanded NK Cell Therapy Combined with Elotuzumab for MRD after Autologous Stem Cell Transplantation: A Phase I/ II Clinical Trial in Progress.  61st ASH Annual Meeting & Expositon,  Orlando, USA,  2019/12
2. ◎青木貴子, 小倉浩美, 槍澤大樹, 山本俊至, 中原衣里菜, 矢ケ崎博, 森岡一朗, 菅野仁: 先天性溶血性貧血関連遺伝子パネルを用いた新生児溶血性疾患の病因解析.  日本人類遺伝学会第64回大会,  長崎,  2019/11
3. ◎及川美幸, 中林恭子, 岡本好雄, 槍澤大樹, 小林博人, 菅野仁: 当院の心臓血管外科手術における回収式自己血の実施状況.  第67回日本輸血・細胞治療学会学術総会,  熊本,  2019/05
4. ◎高源ゆみ, 岡田真一, 稲田紹子, 岡本好雄, 小林博人, 菅野仁: 重症心不全に対する再生医療等製品「ハートシート」の院内調整の問題点.  第67回日本輸血・細胞治療学会学術総会,  熊本,  2019/05
5. ◎岡本好雄, 中林恭子, 及川美幸, 千野峰子, 岡田真一, 木下明美, 守屋友美, 久保田友晶, 松田和樹, 今野マユミ, 槍澤大樹, 小林博人, 菅野仁: 濾過濃縮後腹水における抗A,抗B抗体価について.  第67回日本輸血・細胞治療学会学術総会,  熊本,  2019/05
全件表示(8件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者