<<< 前 2018年度 2019年度 2020年度 | 2021年度 | 2022年度 次 >>>
 感染症科
概要 当該年度の研究費受入状況 教授・准教授・講師・助手の学会・研究会の役員
学術雑誌 著書 学会発表


教授:
   菊池 賢
准教授:
   吉田 敦
講師:
   井口 成一
助教:
   板倉 泰朋
■ 概要
感染症科の概要
臨床
感染症科は、主に院内における感染症コンサルテーション、および院内感染対策に従事します。
感染症コンサルテーションは年間約4000件受けており、その他血液培養陽性例への連絡や必要に応じた介入なども行います。またその他の培養についても細菌検査室と連携を取りながら、必要に応じた診療支援等を行います。
抗菌薬については、届け出制の薬剤(カルバペネム系抗菌薬・抗MRSA薬)や許可制(リネゾリド、ダプトマイシン・バクトロバン軟膏)の管理等も行っています。
抗MRSA薬やアミノグリコシド系抗菌薬など血中濃度の管理が必要な薬剤については、薬剤部と密に連絡を取り合い、TDM設計や管理等を薬剤部に依頼しています。
また、血液内科外来にてHIV感染症に診療も行っています(HIV診療は水・金・土のみ)。

研究
感染症の網羅的診断法の開発、新興多剤耐性真菌Candida aurisの疫学調査(AMED)、Corynebacteriumの薬剤耐性機構、迅速発育型抗酸菌の薬剤耐性機構、Viridans group streptococcusによる原発性胆汁性胆管炎発症機構、Gemella属の再分類、腸管出血性大腸菌の無症候性保菌などについて、研究を行っています(業績参照)。

教育
毎月初期研修医を1-2名ずつ指導しています。適宜ローテートの後期研修医も受け入れています(要相談)。
また、学生に対しては3年生の研究プロジェクト(1ヶ月間の研究指導)、4年生の感染症学系統講義、臨床基礎実習のほか、5年生の臨床実習、6年生の臨床感染症学講義も行っています。

その他
多数の書籍や学術雑誌の執筆を行っています。(業績を参照)
また、サンフォード感染症ガイドも毎年翻訳に携わっています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)委託事業 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業「  (研究課題番号:20fk0108135h)
 研究課題:侵襲性酵母様真菌感染症に対する疫学研究及び診断・治療法の開発  (研究分担者:菊池 賢)
 研究補助金:1,300,000円  (分担)
2.  公益財団 日本心臓血圧研究振興会附属榊原記念病院 臨床研究助成  (研究課題番号:H-8-2020)
 研究課題:感染性心内膜炎、正常菌叢由来コアグラーゼ陰性ブドウ球菌 (CNS) のゲノム比較と難治性CNS感染症に対する治療法の開発  (研究分担者:菊池 賢)
 研究補助金:520,000円  (分担)
3.  学術振興会 基盤研究(C)  (研究課題番号:19K08938)
 研究課題:抗酸菌のnon-coding RNA解析を発展させた新たな治療手段の開発  (研究代表者:吉田 敦)
 研究補助金:1,000,000円  (代表)
4.  令和2年度文部科学省科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)  (研究課題番号:20K171300002)
 研究課題:次世代シーケンサーを用いた感染性心内膜炎・感染性大動脈瘤の起因微生物探索  (研究代表者:井口 成一)
 研究補助金:1,170,000円  (代表)
ページの先頭へ
■ 教授・准教授・講師・助教の学会・研究会の役員
1.  菊池 賢 :日本細菌学会理事(庶務・渉外担当、ICD協議会担当、日本医学会担当、予防接種推進専門会議担当、研究倫理・安全保障担当、産官学連携担当)・評議員・総務部会長・社会交流部会長・産官学連携委員会委員長・広報委員会副委員長・Microbiology and Immunology編集委員会副委員長・学術賞選考委員
2.  菊池 賢 :日本感染症学会評議員
3.  菊池 賢 :日本医真菌学会評議員
4.  菊池 賢 :日本バイオベンチャー協議会理事
5.  菊池 賢 :日本化学療法学会評議委員
全件表示(8件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 1 3 0 1 7  0 2 0 0  0 1  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Kamada Keisuke, Yoshida Atsushi, Iguchi Shigekazu, Arai Yuko, Uzawa Yutaka, Konno Satoshi, Shimojima Masahiro, Kikuchi Ken*:  Geographical distribution and regional differences in 532 clinical isolates of rapidly growing mycobacterial species in Japan.  Scientific reports  11 (1) :4960 , 2021.3   DOI:10.1038/s41598-021-84537-7
2. Matsumoto Airi, Tabata Atsushi, Ohkura Kazuto, Oda Hiroki, Kodama Chihiro, Ohkuni Hisashi, Takao Ayuko, Kikuchi Ken, Tomoyasu Toshifumi, Nagamune Hideaki:  Molecular characteristics of an adhesion molecule containing cholesterol-dependent cytolysin-motif produced by mitis group streptococci.  Microbiology and immunology  65 (2) :61-75 , 2021.2   DOI:10.1111/1348-0421.12868
3. Takashima Masako, Kurakado Sanae, Cho Otomi, Kikuchi Ken, Sugiyama Junta, Sugita Takashi:  Description of four Apiotrichum and two Cutaneotrichosporon species isolated from guano samples from bat-inhabited caves in Japan.  International journal of systematic and evolutionary microbiology  70 :4458-4469 , 2020.7   DOI:10.1099/ijsem.0.004277
4. Abe Masahiro, Katano Harutaka, Nagi Minoru, Higashi Yoshitsugu, Sato Yuko, Kikuchi Ken, Hasegawa Hideki, Miyazaki Yoshitsugu:  Potency of gastrointestinal colonization and virulence of Candida auris in a murine endogenous candidiasis.  PloS one  15 (12) :e0243223 , 2020   DOI:10.1371/journal.pone.0243223
総説及び解説
1. 菊池賢*:  国際的人的交流に関連する感染性疾患ー諸外国における感染症の現況とその対策.  Cefiro  32 :1-2 , 2020.10
2. 菊池 賢*:  【呼吸器・循環器・脳領域で注意すべき感染症と実施すべき予防・ケア】呼吸器・循環器・脳領域で注意すべき感染症.  呼吸・循環・脳実践ケア  41 (4) :23-24 , 2020.6
3. 木村雅友*, 筑後孝章, 板垣裕子, 長嶋洋治, 田子さやか、 菊池 賢:  ヒストプラズマ症.  病理と臨床  38 (5) :449-453 , 2020.4
4. 佐藤えみり、山本智子、李若瑜, 王若珺, 澁谷和俊、長嶋洋治*、菊池賢、野中学:  コクシジオイデス症.  病理と臨床  38 (4) :368-370 , 2020.4
症例報告
1. Maeda Yukiko, Toda Kunio, Toi Sono, Yano Tetsundo, Iijima Mutsumi, Shimizu Yuko, Nagashima Yoji, Itakura Yasutomo, Iguchi Shigekazu, Kikuchi Ken, Shibuya Kazutoshi, Nonaka Manabu, Kitagawa Kazuo:  Diagnostic Utility of Polymerase Chain Reaction for Paraffin-embedded Sinus Specimens for Rhinocerebral Mucormycosis Complicated by Internal Carotid Artery Thrombosis and Cerebral Infarction.  Internal medicine (Tokyo, Japan)  :1-4 , 2021.3   DOI:10.2169/internalmedicine.6809-20
2. Masuda Michiyo, Iijima Mutsumi, Ainoda Yusuke, Hirai Yuji, Kikuchi Ken, Kitagawa Kazuo:  Recurrent infections caused by different species of Neisseria bacteria in a patient with complement seven deficiency.  eNeurologicalSci  22 :100293 , 2021.3   DOI:10.1016/j.ensci.2020.100293
3. Takada Takuma, Hattori Hidetoshi, Kikuchi Noriko, Ichihara Yuki, Saito Satoshi, Endo Natsumi, Iguchi Shigekazu, Yoshida Atsushi, Kikuchi Ken, Niinami Hiroshi, Hagiwara Nobuhisa, Nunoda Shinichi:  Heart transplant candidate with medical complexity in the era of prolonged left ventricular assist device support - A case report.  Journal of cardiology cases  23 (2) :83-86 , 2021.2   DOI:10.1016/j.jccase.2020.09.010
4. Kurokawa Kana, Harada Norihiro, Sasano Hitoshi, Takagi Haruhi, Takei Satomi, Nakamura Ayako, Kamada Keisuke, Yoshida Atsushi, Kikuchi Ken, Takahashi Kazuhisa:  Pulmonary infection due to fluoroquinolone-resistant Mycolicibacterium fortuitum: a case report.  BMC infectious diseases  20 (1) :866 , 2020.11   DOI:10.1186/s12879-020-05596-1
ページの先頭へ
■ 著書
1. 菊池賢, 井口成一, 板倉泰朋:    日本語版 サンフォード感染症治療ガイド2020(第50版)  1-409.  ライフサイエンス出版,  東京都, 2020.8
2. 井口成一:  Candida aurisと薬剤耐性.  臨床検査  803-809.  医学書院,  東京, 2020.7
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎鎌田 啓佑, 吉田 敦, 今野 哲, 菊池 賢: NTMシンポジウムI-疫学と発症病態 なぜ慢性化するのか- 迅速発育型抗酸菌の疫学と遺伝子解析.  第94回日本感染症学会総会,  東京都,  2020/08
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者