<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度 | 2020年度 | 2021年度 次 >>>
 感染症科
概要 当該年度の研究費受入状況 教授・准教授・講師・助手の公的役職
社会における活動 学術雑誌 著書
学会発表


教授:
   菊池 賢
准教授:
   吉田 敦
講師:
   井口 成一
助教:
   板倉 泰朋
■ 概要
感染症科の概要
臨床
感染症科は、主に院内における感染症コンサルテーション、および院内感染対策に従事します。
感染症コンサルテーションは年間約4000件受けており、その他血液培養陽性例への連絡や必要に応じた介入なども行います。またその他の培養についても細菌検査室と連携を取りながら、必要に応じた診療支援等を行います。
抗菌薬については、届け出制の薬剤(カルバペネム系抗菌薬・抗MRSA薬)や許可制(リネゾリド、ダプトマイシン・バクトロバン軟膏)の管理等も行っています。
抗MRSA薬やアミノグリコシド系抗菌薬など血中濃度の管理が必要な薬剤については、薬剤部と密に連絡を取り合い、TDM設計や管理等を薬剤部に依頼しています。
また、血液内科外来にてHIV感染症に診療も行っています(HIV診療は水・金・土のみ)。

研究
感染症の網羅的診断法の開発、新興多剤耐性真菌Candida aurisの疫学調査(AMED)、Corynebacteriumの薬剤耐性機構、迅速発育型抗酸菌の薬剤耐性機構、Viridans group streptococcusによる原発性胆汁性胆管炎発症機構、Gemella属の再分類、腸管出血性大腸菌の無症候性保菌などについて、研究を行っています(業績参照)。

教育
毎月初期研修医を1-2名ずつ指導しています。適宜ローテートの後期研修医も受け入れています(要相談)。
また、学生に対しては3年生の研究プロジェクト(1ヶ月間の研究指導)、4年生の感染症学系統講義、臨床基礎実習のほか、5年生の臨床実習、6年生の臨床感染症学講義も行っています。

その他
多数の書籍や学術雑誌の執筆を行っています。(業績を参照)
また、サンフォード感染症ガイドも毎年翻訳に携わっています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  学術振興会 基盤C  (研究課題番号:19K08938)
 研究課題:抗酸菌のnon-coding RNA解析を発展させた新たな治療手段の開発  (研究代表者:吉田 敦)
 研究補助金:1,430,000円  (代表)
2.  国立研究開発法人日本医療研究開発機構 感染症実用化研究事業 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業  (研究課題番号:18fk0108045h0502)
 研究課題:侵襲性酵母感染症の病原性解明と疫学・診断法・制御法の研究  (研究分担者:菊池 賢)
 研究補助金:1,400,000円  (分担)
3.  公益財団法人日本心臓血圧研究振興会附属榊原記念病院臨床研究助成  (研究課題番号:H-23-2019)
 研究課題:常在菌叢を構成する黄色ブドウ球菌が病原性株へと変貌を遂げるメカニズムに関する研究  (研究分担者:菊池 賢)
 研究補助金:300,000円  (分担)
ページの先頭へ
■ 教授・准教授・講師・助教の公的役職
1.  菊池 賢 :日本医真菌学雑誌編集委員
2.  菊池 賢 :日本化学療法学会評議員
3.  菊池 賢 :日本感染症学会評議員
4.  菊池 賢 :日本細菌学会理事、評議員、産官学連携委員会委員長、広報委員会副委員長、Microbiology and Immunology副編集長
5.  菊池 賢 :日本臨床微生物学会理事、評議員、診療報酬委員会委員長
全件表示(9件)
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  菊池 賢 日本細菌学会・東京大学食の安全研究センター共催 市民公開講座「国際交流時代の食の安全対策ーオリンピック、パラリンピックを迎えて我々がたるべきこと」
2.  吉田 敦 日本臨床微生物学会総会 一般口演 座長「カルバペネム耐性菌1」
3.  吉田 敦 日本臨床微生物学会総会 特別企画講演「日常ルチン業務が100倍楽しくなる研究シーズンの見つけ方・育て方
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 3 1 8 1 2 2  0 4 0 0  19 17  0 2  0 3
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Sekizuka Tsuyoshi*, Iguchi Shigekazu, Umeyama Takashi, Inamine Yuba, Makimura Koichi, Kuroda Makoto, Miyazaki Yoshitsugu, Kikuchi Ken*:  Clade II Candida auris possess genomic structural variations related to an ancestral strain.  PloS one  14 (10) :e0223433 , 2019.10   DOI:10.1371/journal.pone.0223433
2. Miyoshi-Akiyama Tohru, Ohnishi Takuma, Shinjoh Masayoshi, Ohara Hirotoshi, Kawai Toshinao, Kamimaki Isamu, Mizushima Ryo, Kamada Keisuke, Itakura Yasutomo, Iguchi Shigekazu, Uzawa Yutaka, Yoshida Atsushi, Kikuchi Ken, Takemoto Norihiko:  Complete Genome Sequences of Staphylococcus argenteus TWCC 58113, Which Bears Two Plasmids.  Microbiology resource announcements  8 (17) :e01582-18 , 2019.4   DOI:10.1128/MRA.01582-18
総説及び解説
1. Iguchi Shigekazu, Itakura Yasutomo, Yoshida Atsushi, Kamada Keisuke, Mizushima Ryo, Arai Yuko, Uzawa Yutaka, Kikuchi Ken*:  Candida auris: A pathogen difficult to identify, treat, and eradicate and its characteristics of Japanese strains.  Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy  25 (10) :743-749 , 2019.10   DOI:doi: 10.1016/j.jiac.2019.05.034.
2. 菊池賢:  注目されるCandida auris.  Medical Technology  47 (9) :857-858 , 2019.9
3. 古垣内美智子, 菊池賢:  Turicella otitidis, Brevibacterium otitidis.  臨床と微生物  46 (5) :394-397 , 2019.9
4. 井口 成一:  【検出はまれだが知っておくべき細菌・真菌】グラム陰性菌 Bartonella属.  臨床と微生物  46 (5) :422-423 , 2019.9
5. 井口 成一, 菊池 賢:  【実践的感染症診療】主な感染症に対する治療の実際 呼吸器 市中肺炎.  Medical Practice  36 (臨増) :144-150 , 2019.4
症例報告
1. 徳田 美香, 曽木 広信, 吉田 敦, 阿保 一茂, 松谷 暁, 水島 遼, 鎌田 啓佑, 板倉 泰朋, 井口 成一, 鵜澤 豊, 荒井 裕子, 菊池 賢:  Mycolicibacterium wolinskyiによる人工膝関節置換術後膝関節炎の1例.  日本臨床微生物学会雑誌  30 (2) :80-84 , 2020.3
2. Kusuda Takeshi*, Ryoko Asami, Yoshishige Masuda, Tanaka Masashi, Yoshida Atsushi, Kikuchi Ken, Sugihara Takahiko:  Erosive polyarthritis caused by sepsis due to a novel species of Streptobacillus notomytis.  Modern rheumatology case reports  4 (1) :95-98 , 2020.1   DOI:10.1080/24725625.2019.1655246
3. 深尾絵里、小田智三、本間温、荻野恵、横沢隆行、菊池賢:  脳梗塞治療中に発症したRhodococcus corynebacteroides菌血症の1例.  感染症学雑誌  93 (6) :759-762 , 2019.11
4. 吉澤 奈央, 小田 智三, 鎌田 啓佑, 菊池 賢, 山口 浩和, 上西 紀夫:  腹腔鏡下胆嚢摘出後に発症したMycobacterium abscessusによる臍部膿瘍の1例.  日本臨床外科学会雑誌  80 (11) :2073-2077 , 2019.11
5. 古垣内美智子, 勝川千尋, 狩野真樹, 森河沙耶, 江口香織, 西尾基, 坂口智世, 宇都宮孝治, 戸田宏文, 松浦宏美, 前田和成, 山口逸弘, 中江健市, 上硲俊法, 菊池賢, 中尾仁美, 山内誠, 吉田耕一郎:  左大体基底細胞癌術後にジフテリア毒素産生Corynebacterium ulceransによる手術部位感染を発症し、室内飼育のネコとの水平伝播が考えられた1例.  日本臨床微生物学会雑誌  29 (4) :207-214 , 2019.9
その他
1. 吉田 敦、奥住 捷子:  アウトブレイク時に求められる検査対応.  感染対策と微生物検査10  Modern Media別冊 65 (8) :151-155 , 2019.8
2. 吉田 敦:  カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)検出例に遭遇したら.  微研ジャーナル友  42 (2 2019.5) :3-9 , 2019.4
3. 吉田 敦:  その他の真菌感染症.  実践的感染症診断 14.真菌症  Medical Practice  36 (臨増) :353-357 , 2019.4
ページの先頭へ
■ 著書
1. 井口成一:  進行多剤耐性カンジダ・アウリス(Candida auris)について.  BioScan  8.  ベックマン・コールター株式会社,  日本, 2020.2
2. 吉田 敦:  感染症で行われる検査と看護.  ナーシング・グラフィカ EX 疾患と看護4 血液/アレルギー・膠原病/感染症  323-339.  メディカ出版,  大阪府, 2020.1
3. 吉田 敦:  感染症と看護.  ナーシンググ・ラフィカEX 疾患と看護4 血液/アレルギー・膠原病/感染症  323-339.  メディカ出版,  大阪府, 2020.1
4. 菊池賢, 橋本正良(監修、訳), 吉田敦, 井口成一, 板倉泰朋, 鎌田啓祐(訳):  日本語版 サンフォード感染症治療ガイド2019(49版).  日本語版 サンフォード感染症治療ガイド2019(49版)  1-405.  ライフサイエンス出版,  東京都、日本, 2019.7
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Keisuke Kamada, Atsushi Yoshida, Ryo Mizushima, Yasutomo Itakura, Shigekazu Iguchi, Yuko Arai, Yutaka Uzawa, Masahiro Shimojima, Ken Kikuchi: Antimicrobial Susceptibilities to 24 drugs of 491 Rapidly Growing Mycobacteria from Clinical Isolates in Japan.  29th European Congress of Clinical Microbiology and Infectious Disease,  Amsterdam, The Netherlands,  2019/04
2. Keisuke Kamada, Atsushi Yoshida, Ryo Mizushima, Yasutomo Itakura, Shigekazu Iguchi, Yuko Arai, Yutaka Uzawa, Masahiro Shimojima, Ken Kikuchi: Geographical Distribution and Regional Difference among Clinical Isolates of Rapidly Growing Mycobacteria Species in Japan.  29th European Congress of Clinical Microbiology and Infectious Disease,  Amsterdam, The Netherlands,  2019/04
3. ◎菊池 賢: 常在菌叢、無症候性保菌の新たな展開 変異が及ぼす無症候性保菌から重症感染症への黄色ウドウ球菌病原性変化.  第93回日本細菌学会総会,  名古屋市,  2020/02
4. ◎小林文, 赤羽朋博, 近藤光子, 三田祐実子, 村松聡士, 武山廉, 坂井修二, 吉田敦, 多賀谷悦子: HIV陽性患者において胸膜炎との鑑別を要した肺梗塞の一例.  第238回日本呼吸器学会関東地方会,  東京,  2020/02
5. ◎菊池 賢: ブルセラ症.  第31回日本臨床微生物学会総会,  金沢市,  2020/02
全件表示(41件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者