<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度
 放射線腫瘍科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   唐澤 久美子
   西尾 禎治
   秋元 哲夫
講師:
   橋本 弥一郎
助教:
   泉 佐知子
   河野 佐和
   寅松 千枝
   中村 香織
   松原 礼明
   村松 博之
   恒田 雅人
■ 概要
1.特徴
放射線腫瘍学は外科腫瘍学や内科腫瘍学と同様に、臨床腫瘍学の一分野であることから、ただ単にがんの放射線治療を行う放射線治療医(Radiation Therapist)で満足することなく、がんの予防学、癌の分子生物学、腫瘍病理学、腫瘍画像診断学などを理解した上で、放射線治療を武器として治療にあたる放射線腫瘍医 (Radiation Oncologist)たらんと研鑚を積んでいます。放射線治療は手術、化学療法と並ぶがん治療の三本柱の一つですが、機能温存の面で優れており、放射線治療に対する期待は、年々増加しています。放射線腫瘍学講座はわが国の放射線治療をリードしている講座の一つであり、これまでも指導的役割を果たしてきましたが、放射線腫瘍医の数はまだまだ不足しており放射線腫瘍医の育成にも力を入れています。
2.放射線治療の対象疾患
放射線治療に主体をおいて年間約900人の悪性腫瘍患者の治療を行っています。主な対象疾患は、頭頸部癌、食道癌、乳癌、子宮頸部癌、脳腫瘍、悪性リンパ腫、肺癌、前立腺癌などの悪性腫瘍で、一部の良性疾患(ケロイドなど) に対する放射線治療も行っています。特に神経膠腫や小児脳腫瘍に対する放射線治療の患者数は日本で最多を誇っています。これらの疾患の根治治療に加えて脳転移や骨転移などのがんの症状緩和の治療も行っています。また、前立腺腫瘍センターを設立して、泌尿器科、病理科とともに全例を検討した上で治療方針を決定しています。
3.当科に設置されている放射線治療関連装置
・CTシミュレータ:1台
・X線シミュレータ:1台
・高精度放射線治療用ライナック:3台
(体幹部定位照射(SRS・SRT)や強度変調放射線治療(IMRT)対応:3台.うち1台は画像支援放射線治療(IGRT)にも対応)
・密封小線源治療装置:2台
 (高線量率Ir-192線源用治療装置:1台、密封小線源永久挿入用治療装置:1台)
・治療計画装置:4種類
4.当科で施行している高精度放射線治療
定位放射線治療(肺癌)
強度変調放射線治療(頭頸部癌、前立腺癌)
画像誘導放射線治療(前立腺癌)
放射性ヨウ素永久挿入術( 前立腺癌)
5.放射線腫瘍学に関する研究(大学院)
1.難治性腫瘍に対する集学的治療法の開発
  難治性腫瘍を対象に、正常組織への照射線量を減少させつつ腫瘍組織の線量集中性を高めることや腫瘍の存在部位の判定の精度を上げることで局所制御率を向上させる放射線治療法の確立を目指すとともに、生物学的手法によって分子生物学的薬など最適な薬剤の種類やその併用のタイミングについて研究している。
2.高エネルギーX線を用いた高精度放射線治療法に関する研究
  インバースプランを用いて線量計算を行い、作り上げた放射線治療計画をコンピュータ制御下にマルチリーフコリメーターを駆動させ、正常組織への照射線量を減少させ、腫瘍組織に線量を集中させて局所制御率を向上させる強度変調照射法の確立と発展をめざして、基礎的ならびに臨床的研究を行い、この治療法の対象疾患ならびにその至適な線量分割と治療計画の方法について物理的・生物学的アプローチで研究している。
3.時間軸を考慮した4次元高精度放射線治療法の開発
  強度変調放射線治療や体幹部定位放射線治療などの高精度放射線治療は、治療精度が高いゆえに呼吸性移動や臓器移動の影響を強く受けてしまう。まずは、時間軸を加味した4次元放射線治療計画法による臓器移動を考慮した線量分布作成法を開発し、この治療法の臨床応用に向けて開発研究をしている。
4.放射線感受性の決定に関わる分子標的の探索
  がんの個別化放射線治療に向けて、腫瘍組織ならびに正常組織の放射線感受性を決定している分子を明らかにすべく、分子生物学的手法を用いて基礎研究を行っている。また、放射線による遅発性有害事象発症の一因である血流障害の分子生物学的メカニズムを解明し、有害事象に対する治療法の開発を目指している。
5.遅発性放射線有害事象の発症メカニズムについての基礎的検討と治療法の開発
  放射線治療の局所制御率の向上を図るためには照射線量を増加させることが必要である。しかし、線量を増加すると遅発性放射線有害事象が問題となる。そこで遅発性放射線有害事象の発症メカニズムを基礎的に明らかにし、予防策を開発すべく研究を行っている。
6.専門医
日本医学放射線学会放射線科専門医、放射線治療専門医(日本医学放射線学会・日本放射線腫瘍学会共同認定)、がん治療認定医
7.ホームページ
東京女子医科大学大学院医学研究科放射線腫瘍学分野
のホームページもご覧ください。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 4 1 0 2 2 9  0 1 0 0  7 3  2 4  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Y. Kubota*, M. Sasano, T. Uesaka, M. Dozono, M. Itoh, S. Kawase, M. Kobayashi, C. S. Lee, H. Matsubara, K. Miki, H. Miya, Y. Ono, S. Ota, K. Sekiguchi, T. Shima, T. Taguchi, T. L. Tang, H. Tokieda, T. Wakasa, T. Wakui, J. Yasuda, J. Zenihiro:  Development of a neutron detector with a high position resolution at intermediate energies.  Nuclear instruments & methods in physics research. SectionA,Accelerators,  914 :32-41 , 2019.1
2. Kumazaki Y, Ozawa S, Nakamura M, Kito A, Minemura T, Tachibana H, Nishio T, Ishikura S, Nishimura Y:  An end-to-end postal audit test to examine the coincidence between the imaging isocenter and treatment beam isocenter of the X-IGRT linac system for Japan Clinical Oncology Group (JCOG) clinical trials.  Physica medica : PM : an international journal devotedto theapplications of  53 :145-152 , 2018.9
3. Hiroaki Matsubara*, Kumiko Karasawa, Wataru Furuichi, Mitsuji Wakaisami, Shintaro Shiba, Masaru Wakatsuki, Tokuhiko Omatsu, Taku Inaniwa, Shigekazu Fukuda and Tadashi Kamada:  Comparison of passive and scanning irradiation methods for carbon-ion radiotherapy for breast cancer.  Journal of Radiation Research  59 (5) :625-631 , 2018.7
4. Tsuneda Masato, Nishio Teiji, Saito A, Tanaka S, Suzuki T, Kawahara D, Matsushita K, Nishio A, Ozawa S, Karasawa K, Nagata Y:  A novel verification method using a plastic scintillator imaging system for the assessment of gantry sag in radiotherapy.  Medical physics  45 (6) :2411-2424 , 2018.6
5. Miyakawa S, Tachibana H, Moriya S, Kurosawa T, Nishio T:  Evaluation of deformation parameters for deformable imag registration-based ventilation imaging using an air-ventilating non-rigid phantom.  Physica medica : PM : an international journal devotedto theapplications of  50 :20-25 , 2018.6
6. Miyakawa S, Tachibana H, Moriya S, Kurisawa T, Nishio T, Sato M:  Design and development of a non-rigid phantom for quantitative evaluation of DIR-based mapping of simulated pulmonary ventilation.  Medical physics  45 (8) :3496-3505 , 2018.5
7. A. M. Long, T. Adachi, M. Beard, G.P.A. Berg, M. Couder, R.J. deBoer, M. Dozono, J. Gorres, H. Fujita, Y. Fujita, K. Hatanaka, D. Ishikawa, T. Kubo, H. Matsubara, Y. Namiki, S. O'Brien, Y. Ohkuma, H. Okamura, H.J. Ong, D. Patel, Y. Sakemi, Y. Shimbara, S. Suzuki, R. Talwar, A. Tamii, A. Volya, T. Wakasa, R. Watanabe, M. Wiescher, R. Yamada, and J. Zenihiro:  α-unbound levels in 34Ar from 36Ar(p,t)34Ar reaction measurements and implications for the astrophysical 30S(α,p)33Clreaction rate.  Physical Review C  97 :054613 , 2018.5
8. Okamoto H, Minemura T, Nakamura M, Mizuno H, Tohyama N, Nishio T, Wakita A, Nakamura S, Nishioka S, Iijima K, Fujiyama D, Itami J, Nishimura Y:  Establishment of postal audit system in intensity-modulated radiotherapy by radiophotoluminescent glass dosimeters and a radiochromic film.  Physica medica : PM : an international journal devotedto theapplications of  48 :119-126 , 2018.4
9. R. W. Fearick, B. Erler, H. Matsubara, P. von Neumann-Cosel, A. Richter, R. Roth, and A. Tamii:  Origin of fine structure of the giant dipole resonance in sd-shell nuclei.  Physical Review C  97 (4) :044325 , 2018.4
10. T. Nishi, K. Itahashi, G.P.A. Berg, H. Fujioka, N. Fukuda, N. Fukunishi, H. Geissel, R.S. Hayano, S. Hirenzaki, K. Ichikawa, N. Ikeno, N. Inabe, S. Itoh, M. Iwasaki, D. Kameda, S. Kawase, T. Kubo, K. Kusaka, H. Matsubara, S. Michimasa, K. Miki, G. Mishima, H. Miya, H. Nagahiro, M. Nakamura, S. Noji, K. Okochi, S. Ota, N. Sakamoto, K. Suzuki, H. Takeda, Y.K. Tanaka, K. Todoroki, K. Tsukada, T. Uesaka, Y.N. Watanabe, H. Weick, H. Yamakami, and K. Yoshida:  Spectroscopy of pionic atoms in 122Sn(d,3He) reaction and angular dependence of the formation cross sections.  Physical review letters  120 :152505 , 2018.4
全件表示(11件)
総説及び解説
1. 大松賢太, 唐澤久美子:  非小細胞肺癌に対する免疫放射線療法の有用性について.  放射線治療情報BOOK 2018  :24-26 , 2018.10
2. 橋本弥一郎*, 西尾禎治, 唐澤久美子:  高精度放射線治療の現状.  東京女子医科大学雑誌  88 (3) :73-80 , 2018.6
その他
1. 橋本弥一郎,松原礼明:  放射線治療談話会記録 2017年度勉強会「放射線性皮膚反応のケア」.  臨床放射線  63 (8) :949-951 , 2018.8
2. 松原礼明、橋本弥一郎:  放射線治療談話会記録 第420回定例会「放射線治療装置の最前線」.  臨床放射線  63 (4) :497-501 , 2018.4
ページの先頭へ
■ 著書
1. 唐澤久美子:  Ⅲ.乳癌の治療 3.乳癌の放射線療法 (1)早期乳癌の放射線療法.  日本臨牀 特集 乳癌―診断・治療の最新知見-  818-822.  日本臨牀社,  日本, 2018.5
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Masuda T, Nishio T, Kataoka J, Arimoto M, Karasawa K: Developing a novel method of estimating proton dose from proton induced PET images.  The 116th Scientific Meeting of JSMP,  盛岡、日本,  2018/09
2. ◎TaharaT, TanakaS, TsunedaM, NishioT, KarasawaK: Study on image acquisition method by pencil beam for high accuracy of proton beam therapy.  The 116th Scientific Meeting of JSMP,  盛岡、日本,  2018/09
3. ◎Saito A, Ohashi A, Nishio T, Hashimoto D, Maekawa H, Murakami Y, Ozawa S, Suitani M, Tsuneda M, IkenagaK, Nagata Y: Development of a quick calibration method of an infrared camera system for respiratory monitoring.  The 115th Scientific Meeting of JSMP,  横浜、日本,  2018/04
4. ◎Shiba E, Saito A, Tsuneda M, Furumi M, Yahara K, Ohguri T, Murakami Y, Nishio T, Korogi Y, Nagata Y: Performance evaluation of predictive gamma-passing rate of IMRT planar dose distribution.  The 115th Scientific Meeting of JSMP,  横浜、日本,  2018/04
5. ◎Sugama Y, Araya M, Fujimoto H, Ito Y, Maeshima I, Seki Y, Shimada T, Shibagaki T, Nishioka T, Onishi H: Evaluation of interplay effect in the line scanning method for moving targets with small respiratory motion.  The 115th Scientific Meeting of JSMP,  横浜、日本,  2018/04
6. ◎西尾禎治: Activity of Medical Physics Working Group in clinical trial for radiotherapy.  The 115th Scientific Meeting of JSMP,  横浜、日本,  2018/04
7. 大松賢太, 橋本弥一郎, 河西美貴, 石井由佳, 河野佐和, 泉佐知子, 恒田雅人, 松原礼明, 寅松千枝, 西尾禎治, 唐澤久美子: 肝細胞癌に対する姑息的照射によりアブスコパル効果を認めた1例.  第454回 日本医学放射線学会関東地方会定期大会,  東京,  2018/12
8. ◎橋本弥一郎, 飯塚淳平, 河西美貴, 石井由佳, 河野佐和, 泉佐知子, 唐澤久美子: 局所限局前立腺癌における寡分割IMRT(66Gy/22回,週3回照射)の5年治療成績.  第56回日本癌治療学会学術集会,  横浜,  2018/10
9. ◎恒田雅人, 西尾禎治, 齋藤明登, 小澤修一, 唐澤久美子, 永田靖: 3次元・4次元ビーム照射位置計測法“こんぺいとうショット法”システムの構築2.  日本放射線腫瘍学会第31回学術大会,  京都, 日本,  2018/10
10. ◎松下慶一郎, 西尾禎治, 田中創大, 増田孝充, 恒田雅人, 山田恵, 山崎秀哉, 鈴木弦, 尾形俊至, 武中正: 陽子線治療のための標的原子核破砕反応における陽電子放出核生成反応断面積の測定2.  日本放射線腫瘍学会第31回学術大会,  京都, 日本,  2018/10
全件表示(16件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者