<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 腎臓小児科
概要 当該年度の研究費受入状況 教授・准教授・講師・助手の学会・研究会の役員
当該年度の主催学会・研究会 学術雑誌 著書
学会発表


教授:
   服部 元史
講師:
   三浦 健一郎
助教:
   久野 正貴
   浅野 達雄
   石塚 喜世伸
   金子 直人
   白鳥 孝俊
   薮内 智朗
■ 概要
小児腎臓病
腎臓小児科学教室は、小児の腎臓病のトータルケアを行っている科です。難治性ネフローゼ症候群、IgA腎症を代表とする慢性糸球体腎炎のこどもたちを全国から紹介を受けて治療します。慢性腎不全や末期腎不全の治療に際しては、 病状の改善のみならず、こどもと家族の社会生活を考慮に入れた透析療法、腎移植療法を行っています。
日本のそして世界のオピニオンリーダーとなるべく 診療、教育、研究において、常に新たなチャレンジをしています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(基盤研究(C))  (研究課題番号:17K10158)
 研究課題:先天性腎尿路異常に合併する膜性腎症の臨床病理学的検討及び原因抗原の探索  (研究代表者:金子直人)
 研究補助金:1,200,000円  (代表)
2.  科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)(基盤研究(C))  (研究課題番号:18K07830)
 研究課題:細胞骨格蛋白の異常によるネフローゼ発症の分子基盤の解明  (研究代表者:三浦健一郎)
 研究補助金:1,400,000円  (代表)
3.  科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)基盤研究(C)  (研究課題番号:17K10157)
 研究課題:Lowe症候群とその類縁疾患の遺伝子異常の探索と臨床像の解析  (研究代表者:薮内 智朗)
 研究補助金:1,400,000円  (代表)
4.  科学研究費助成事業(学術研究助成金)(基盤研究(C))  (研究課題番号:18K07029)
 研究課題:巣状分節性糸球体硬化症の新たな臨床病理学的層別化法の開発  (研究代表者:石塚喜世伸)
 研究補助金:1,100,000円  (代表)
5.  科学研究費助成事業(金子班)  (研究課題番号:17K10158)
 研究課題:先天性腎尿路異常に合併する膜性腎症の臨床病理学的検討  (研究分担者:服部元史)
 研究補助金:100,000円  (分担)
全件表示(14件)
ページの先頭へ
■ 教授・准教授・講師・助教の学会・研究会の役員
1.  服部元史 :日本小児科学会東京都代議員、日本小児腎臓病学会理事長、日本小児腎不全学会評議員・事務局長、日本腎臓学会理事、日本移植学会評議員、日本透析医学会評議員、日本臨床腎移植学会理事、日本アフェレシス学会監事、日本急性血液浄化学会理事、日本小児泌尿器科学会理事、日本小児科学会東京都地方会運営委員、関東小児腎臓研究会運営委員長、腎と脂質研究会世話人、小児PD研究会運営委員、東京腎生検カンファランス幹事、腎間質障害研究会幹事、移植腎病理研究会幹事、東京腎炎・ネフローゼ研究会幹事、東京女子医科大学学会評議員、発達腎研究会実行委員、腎とフリーラジカル研究会実行委員、日本アフェレシス学会関東甲信越地方会世話人、日本逆流性腎症フォーラム運営幹事、嚢胞性腎疾患研究会世話人、日本小児高血圧研究会幹事、日本小児体液研究会幹事、IgA腎症研究会幹事、東京透析研究会幹事
ページの先頭へ
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  第85回関東小児腎臓研究会  (幹事 : 秋岡祐子 )  ,東京  2019/03
2.  第41回小児体液研究会  (代表幹事 : 三浦健一郎 )  ,東京  2019/09
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 14 18 1 6 5 7  0 4 0 0  15 10  4 1  3 2
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. KANDA Shoichiro, OHMURAYA Masaki, AKAGAWA Hiroyuki, HORITA Shigeru, YOSHIDA Yasuhiro, KANEKO Naoto, SUGAWARA Noriko, ISHIDUKA Kiyonobu, MIURA Kenichiro, HARITA Yutaka, YAMAMOTO Toshiyuki, OKA Akira, ARAKI Kimi, FURUKAWA Toru, HATTORI Motoshi:  Deletion in the Cobalamin Synthetase W Domain-Containing Protein 1 Gene Is associated with Congenital Anomalies of the Kidney and Urinary Tract.  Journal of the American Society of Nephrology : JASN  31 (1) :139-147 , 2020.1   DOI:10.1681/ASN.2019040398
2. 服部 元史, 石塚 喜世伸, 金子 直人, 菅原 典子, 神田 祥一郎*, Ohmuraya Masaki, Yoshida Yasuhiro, Harita Yutaka, Yamamoto Toshiyuki, Oka Akira, Araki Kimi, Furukawa Toru, AKAGAWA HIROYUKI, 堀田 茂:  Deletion in the Cobalamin Synthetase W
Domain–Containing Protein 1 Gene Is associated
with Congenital Anomalies of the Kidney and
Urinary Tract.  Journal of the American Society of Nephrology : JASN  31 (1) :139-147 , 2020.1   DOI:10.1681/ASN.2019040398
3. Nagasawa Takeshi, Miura Kenichiro, Kaneko Naoto, Yabuuchi Tomoo, Ishizuka Kiyonobu, Chikamoto Hiroko, Akioka Yuko, Hisano Masataka, Hattori Motoshi:  Long-term outcome of renal transplantation in childhood-onset anti-neutrophil cytoplasmic antibody-associated vasculitis.  Pediatric transplantation  :e13656 , 2020.1   DOI:10.1111/petr.13656
4. HATTORI Motoshi, MIURA Kenichiro, SATO Yuki*, OCHIAI Ryota , ISHIZAKI Yuko , NISHIDA Toshihiko, AKI Atsuko , TANI Yum, NAITO Mariko, TAKAHASHI Yoshimitsu, SAITO Akiko Yaguchi‐, NAKAYAMA Takeo:  Validation of the Japanese Transition Readiness Assessment Questionnaire (TRAQ).  Pediatrics International  :Epub ahead of print , 2019.12   DOI:https://doi.org/10.1111/ped.14086
5. HATTORI Motoshi, SUGAWARA Yuka, KATO Hideki, YOSHIDA Yoko , FUJISAWA Madoka , KOKAME Koichi , MIYATA Toshiyuki , NANGAKU Masaomi* , AKIOKA Yuko, MIURA Kenichiro:  Novel CFHR2-CFHR1 Hybrid in C3
Glomerulopathy Identified by Genomic
Q1 Structural Variation Analysis.  Kidney international reports.  :1-4 , 2019.10   DOI:https://doi.org/10.1016/j.ekir.2019.09.008
全件表示(14件)
総説及び解説
1. 服部元史:  小児ARPKDに対する腎代替療法.  腎と透析  87 :770-775 , 2019.11
2. 服部元史, 三浦健一郎*:  小児の水電解質管理.  日本小児腎臓病学会雑誌  32 (2) :3-11 , 2019.11
3. 服部元史*, 三浦健一郎:  電解質異常.  腎と透析  87 (2) :279-282 , 2019.8
4. 服部元史:  原疾患:巣状分節性糸球体硬化症―小児.  腎と透析  87 (1) :28-32 , 2019.7
5. 服部元史:  本邦小児腎移植の移植成績と課題.  日本小児腎不全学会雑誌  39 :43-49 , 2019.7
全件表示(12件)
症例報告
1. SAWADA Anri*, UNAGAMI Kohei, HORITA Shigeru, KAWANISHI Kunio, OKUMI Masayoshi, TANEDA Sekiko, ISHIDA Hideki, HATTORI Motoshi, TANABE Kazunari, HONDA Kazuho, UCHIDA Keiko, SHIMIZU Akira, KOIKE Junki, NITTA Kosaku, NAGASHIMA Yoji:  Fate of full‐house immunofluorescence staining in renal allograft: A case report.  Pathology International  69 (11) :655-660 , 2019.9   DOI:10.1111/pin.12847
2. 山元綾子, 今村秀明, 此元隆雄*, 上村敏行, 賀本敏行, 石塚喜世伸, 服部元史, 清水朋一, 石田英樹, 田邉一成, 盛武浩:  生体腎移植後の移植腎尿管結石反復例.  日本小児腎不全学会雑誌  39 :180-183 , 2019.7
3. 髙木陽子, 三浦健一郎, 奥見雅由, 谷口洋平, 飯田貴也, 長澤武, 伴英樹, 白井陽子, 薮内智朗, 金子直人, 石塚喜世伸, 石井徹子, 森田賢, 高岩正典, 田邉一成, 服部元史*:  移植腎動脈狭窄による高血圧と移植腎機能障害を呈した1例.  日本小児腎不全学会雑誌  39 :184-187 , 2019.7
4. 久富隆太郎, 三浦健一郎, 飯田貴也, 谷口洋平, 長澤武, 伴英樹, 白井陽子, 金子直人, 薮内智朗, 髙木陽子, 石塚喜世伸, 宮井貴之, 角田洋一, 奥見雅由, 田邉一成, 服部元史*:  生体腎移植後に石灰化を伴う尿管壊死をきたした 1 例.  日本小児腎不全学会雑誌  39 :242-245 , 2019.7
5. 服部元史*, 石塚喜世伸, 薮内智朗, 金子直人, 三浦健一郎, 白井陽子, 飯田貴也, 谷口洋平, 長澤武, 髙木陽子, 伴英樹, 高岡美也子:  Roseomonas 属による腹膜透析関連腹膜炎を呈した一例.  日本小児腎不全学会雑誌  39 :246-249 , 2019.7
全件表示(7件)
ページの先頭へ
■ 著書
1. 服部元史:  小児患者に対する透析.  血液浄化療法ハンドブック[2020]  261-279.  協同医書出版社,  東京, 2020.1
2. 服部元史:  小児からの移行期医療.  IgA腎症の病態と治療  211-216.  中外医学社,  東京, 2019.11
3. 服部元史(腹膜透析ガイドライン改訂ワーキンググループ):  腹膜透析ガイドライン2019.  腹膜透析ガイドライン2019  ---.  医学図書出版,  東京, 2019.11
4. 服部元史, 芦田明, 三浦健一郎, 成田一衛, 岩野正之, 石倉健司, 井上勉, 後藤芳充, 小松康広, 佐古まゆみ, 重松隆, 杉山斉, 寺野千香子, 中西浩一, 西尾妙織, 幡谷浩史, 藤元昭一, 本田雅敬, 向山政志, 古谷邦彦:    腎疾患の移行期医療支援ガイド―IgA腎症・微小変化型ネフローゼ症候群―  -.  東京医学社,  東京, 2019.7
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Naoto Kaneko, Kenichiro Miura, Taro Ando, Takaya Iida, Atsutoshi Shiratori, Sho Ishiwa, Yoko Shirai, Tomoo Yabuuchi, Taeko Hashimoto, Kiyonobu Ishizuka, Yutaka Harita, Motoshi Hattori: Precise Clinicopathologic Findings may Increase the Detection Rate of Gene Mutations in Pediatric Kidney Transplant Recipients with Focal Segmental Glomerulosclerosis.  ASN Kidney Week2019,  Washington DC, America,  2019/11
2. HATTORI Motoshi, ◎KANEKO Naoto, MIURA Kenichiro: Lipoprotein apheresis for kidney disease in children in Japan.  The 12th World Congress of International Society for Apheresis ISFA2019,  京都市,  2019/10
3. HATTORI Motoshi, ISHIDUKA Kiyonobu, KANEKO Naoto, MIURA Knichiro, SIRAI Yoko, BAN HIdeki, IIDA Takaya, TANIGUCHI Yohe, NAGASAWA Takeshi, TAKAGI Yoko, ◎YABUUCHI Tomoo: Introduction of PD in two children with profound intellectual and multiple disabilities.  The 9th Asia Pacific Chapter Meeting of International Society for Peritoneal Dialysis,  Nagoya,  2019/09
4. HATTORI Motoshi, ◎MIURA Kenichiro: Practice guidelines for pediatric PD in Japan.  The 9th Asia Pacific Chapter Meeting of International Society for Peritoneal Dialysis,  Nagoya,  2019/09
5. HATTORI Motoshi, ◎MIURA Kenichiro, HARITA Yutaka, TSURUMI Haruko, TAKAHASHI Kazuhiro, IGARASHI Takashi, IIJIMA Kazutomo: Clinical manifestations and genetic analysis of primary distal renal tubular acidosis.  ISN WCN 2019,  Melbourne, Australia,  2019/04
全件表示(35件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者