(最終更新日:2018-07-06 14:43:10)
  ミウラ ケンイチロウ   
  三浦 健一郎
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  腎臓小児科
   職種   講師
■ 著書
1. 部分執筆  CASE17 血尿・蛋白尿を認める7歳男児「専門医を目指すケース・メソッド・アプローチ 腎臓疾患」 2017/12
2. 部分執筆  尿細管性アシドーシス「小児腎臓病学改訂第2版」 2017/12
3. 部分執筆  急性腎炎症候群「1336専門家による 私の治療2017-2018年版」 2017/05
4. 部分執筆  尿中N-アセチル-β-D-グルコサミニダーゼ(NAG),α1-ミクログロブリン(α1-MG),β2-ミクログロブリン(β2-MG)「小児臨床検査ガイド第2版」 2017/04
5. 部分執筆  腎形成異常症「小児科診断・治療指針改訂第2版」 2017/03
■ 学術雑誌
1. 総説  ネフローゼ症候群に対して「アルブミン+フロセミド」は有効か? 2018/06
2. 総説  単一遺伝子疾患
4)巣状分節性糸球体硬化症 2018/05
3. 総説  蛋白質
8)β₂ミクログロブリン 2018/05
4. 総説  遺伝性尿細管機能異常症のup to date 2018/04
5. 総説  巨大血小板性血小板減少症(Epstein症候群, Fechtner症候群) 2018/04
6. その他  Dent病とLowe症候群の疫学および臨床像の検討 2018/03
7. 原著  Predominant but silent C1q deposits in mesangium on transplanted kidneys - long-term observational study 2018/03
8. 原著  小児期発症常染色体優性多発性嚢胞腎における早期診断と腎容積測定の臨床的意義 2018/03
9. 原著  二期生生体肝腎移植を施行した常染色体劣性多発性嚢胞腎の2例 2017/11
10. 症例報告  1ヵ月に間に及ぶ血液透析を要した急性腎障害の小児例 2017/09
全件表示(43件)
■ 学会発表
1. 小児のアフェレシス療法 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2018/07/01
2. 小児腎移植後Campylobacter腸炎の臨床像の検討 (口頭発表,一般) 2018/04/22
3. 腎移植後CMV初感染の治療後にCMV胃腸炎で再燃した1例 (ポスター,一般) 2018/04/20
4. 腎代替療法を導入したジュベール症候群 9 例の臨床的・的・遺伝学的検討 (口頭発表,一般) 2018/04/20
5. LDLアフェレシスにより治療抵抗状態から脱し、後療法にリツキシマブを用いた難治性FSGSの2小児例 (口頭発表,一般) 2018/03/10
6. FSGSの再発リスク評価 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)) 2018/02/16
7. 小児期発症ANCA関連血管炎における腎移植症例7例の検討 (口頭発表,一般) 2018/02/15
8. 小児腎移植後Campylobacter腸炎の臨床像の検討 (口頭発表,一般) 2018/02/15
9. WT1変異には非典型的な多発性嚢胞を認めた先天性ネフローゼ症候群の1女児例 (ポスター,一般) 2017/10/29
10. 長期透析を要した半月体形成を伴う溶連菌感染後糸球体腎炎の1例 (ポスター,一般) 2017/10/29
全件表示(120件)
■ 学歴
1. 1993/04~1999/03 東京大学 医学研究科 博士課程修了