<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度 | 2018年度 次 >>>
 眼科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   飯田 知弘
准教授:
   高村 悦子
講師:
   古泉 英貴
   篠崎 和美
助教:
   片倉 朗子
   屋宜 友子
   新井 歌奈江
   荒川 久弥
   石川 悠
   出雲 令子
   内村 英子
   坂本 拡之
   田村 明子
   長谷川 泰司

   林 殿宣
■ 概要
東京女子医科大学 眼科
http://www.twmu.ac.jp/OPH/about.html
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 2 2 0 4 4 1  0 13 0 0  3 5  2 1  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Hasegawa Taiji, Murakawa Sakura, Maruko Ichiro, Kogure-Katakura Akiko, Iida Tomohiro:  Correlation between reduction in macular vessel density and frequency of intravitreal ranibizumab for macular oedema in eyes with branch retinal vein occlusion.  The British journal of ophthalmology  :0-0 , 2018.3
2. Murakawa Sakura, Hasegawa Taiji, Koizumi Hideki, Maruko Ichiro, Iida Tomohiro:  Foveal Retinal Neovascularization in Proliferative Diabetic Retinopathy: Assessment by Optical Coherence Tomography Angiography.  Retina (Philadelphia, Pa.)  37 (11) :135-137 , 2017.11
3. Hasegawa Taiji, KAWANO Taizou, MARUKO Ichiro, KOIZUMI Hideki, IIDA Tomohiro:  Clinical findings of eyes with macular edema associated with branch retinal vein occlusion refractory to ranibizumab. Retina.  Retina (Philadelphia, Pa.)[Epub ahead of print]  :1 , 2017.5
4. Hasegawa Taiji, Yamashita Mariko, Maruko Ichiro, Koizumi Hideki, Kogure Akiko, Ogata Nahoko, Iida Tomohiro:  Optical coherence tomographic predictor of retinal non-perfused areas in eyes with macular oedema associated with retinal vein occlusion.  The British journal of ophthalmology  101 (5) :569-573 , 2017.5
5. IZUMI Takahiko, KOIZUMI Hideki, MARUKO Ichiro, TAKAHASHI Yohei, SONODA Shozo, SAKAMOTO Taiji, IIDA Tomohiro:  Structural analyses of choroid after half-dose verteporfin photodynamic therapy for central serous chorioretinopathy.  The British journal of ophthalmology  101 (4) :433-437 , 2017.4
総説及び解説
1. 長谷川 泰司:  【網膜静脈閉塞症の最新のとらえ方】 RVOの新しいOCT所見.  眼科  59 (12) :1449-1457 , 2017.11
2. 長谷川 泰司:  【OCTA 私の使い方】 MacTel/CSCの診断における私の使い方.  眼科グラフィック  6 (5) :463-469 , 2017.10
症例報告
1. Hasegawa Taiji, Ogata Nahoko:  RETINAL DEEP CAPILLARY ISCHEMIA ASSOCIATED WITH AN OCCLUDED CONGENITAL RETINAL MACROVESSEL.  Retinal cases & brief reports  11 (3) :277-280 , 2017
ページの先頭へ
■ 著書
1. 長谷川泰司, 飯田知弘:  OCT検査 Ⅲ. 脈絡膜, 強膜.  視能学エキスパート 視能検査学  243-246.  医学書院,  東京, 2018.3
2. 飯田知弘, 石龍鉄樹, 後藤禎久:    うまい眼底画像を撮るためのテクニック  1-223.  メディカルビュー社,  東京, 2017.4
3. 長谷川泰司:  OCT撮影の基本.  眼科診療マイスターⅠ 診察と検査  171-174.  メジカルビュー社,  東京, 2017
4. 長谷川泰司:  網膜静脈閉塞症, 網膜動脈閉塞症.  うまい眼底画像を取るためのテクニック  176-183.  メジカルビュー社,  東京, 2017
5. 長谷川泰司:  網膜静脈閉塞症.  眼科診療マイスターⅡ 診断と治療  182-185.  メジカルビュー社,  東京, 2017
6. 長谷川泰司:  硝子体内注射.  眼科診療マイスターⅢ 処置と手術手技  190-191.  メジカルビュー社,  東京, 2017
7. 高村悦子:  眼のアレルギー.  アレルギーのはなし 予防・治療・自己管理  77-83.  朝倉書店,  東京, 2017
8. 高村悦子:  眼瞼ヘルペス, 角膜ヘルペス.  目からウロコのヘルペス診療ハンドブック その診断・治療で大丈夫?  74-76.  南江堂,  東京, 2017
9. 長谷川泰司:  Acute macular neuroretinopathy.  眼底疾患パーフェクトアトラス  234-235.  文光堂,  東京, 2017
10. 長谷川泰司:  全身性エリテマトーデス.  眼底疾患パーフェクトアトラス  322-323.  文光堂,  東京, 2017
全件表示(13件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎IIDA Tomohiro: En face OCT in pachychoroid desorders.  Fifth International Congress on OCT Angiography,"en face" OCT and advance inOCT,  Roma, Italia,  2017/12
2. ◎IIDA Tomohiro: Intravitreal Aflibercept for Polypoidal Choroidal Vasculopathy.  The PolypoidalChoroidal Vasculopathy(PCV) Summit 2017,  Beijing, China,  2017/11
3. Koizumi Hideki, Iida Tomohiro: Comparative Analyses of Choroidal Structures After Photodynamic Therapy and Intravitreal Aflibercept Injections for Polypoidal Choroidal Vasculopathy.  40TH ANNUAL MACULA SOCIETY MEETING,  Shingapore,  2017/06
4. ◎飯田知弘: OCT-Angiographyの読影と症例検討<Part3>~読影のポイントと小児眼疾患への活用~.  第43回日本小児科眼科学会総会,  名古屋,  2018/03
5. 長谷川泰司, 村川さくら, 小暮朗子, 丸子一朗, 古泉英貴, 飯田知弘: 網膜静脈分枝閉塞症における 黄斑部血管脱落率と黄斑浮腫の再発頻度.  第56回 日本網膜硝子体学会総会,  東京,  2017/12
6. 飯田知弘: OCT angiographyと平成30年度診療報酬改定要望.  第71回日本臨床眼科学会,  東京,  2017/10
7. ◎飯田知弘, 小椋祐一郎, Won Ki Lee, Shih-JenChen, TienWong, PaulMitchell, ZhonggiZhang, SergioLeal, 石橋達朗: ポリープ状絡膜血管症におけるアフリベルセプト硝子体内投与:PLANET試験52週結果.  第71回日本臨床眼科学会,  東京,  2017/10
8. ◎飯田知弘, 五味文, 高橋寛二: この蛍光眼底写真をどう読むか?その15蛍光造影とOCTを用いて病態に迫る.  第71回日本臨床眼科学会,  東京,  2017/10
9. 飯田知弘: 眼底自発蛍光を使いこなす 1.総論.眼底自発蛍光の仕組み、測定法.  第71回日本臨床眼科学会,  東京,  2017/10
10. 長谷川泰司: 黄斑の形態・微細構造.  第71回 日本臨床眼科学会,  東京,  2017/10
全件表示(11件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者