<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度 | 2020年度 | 2021年度 次 >>>
 皮膚科
概要 当該年度の研究費受入状況 教授・准教授・講師・助手の公的役職
教授・准教授・講師・助手の学会・研究会の役員 学術雑誌 著書
学会発表


教授:
   石黒 直子
講師:
   竹中 祐子
   福屋 泰子
助教:
   遠藤 千尋
   鈴木 瑞穂
   仲 優
   望月 珠江
■ 概要
教授
石黒 直子
講師
福屋 泰子
竹中 祐子
研究可能テーマ
東京女子医科大学
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 教授・准教授・講師・助教の公的役職
1.  竹中 祐子 :講師
2.  福屋 泰子 :講師
3.  仲 優 :助教
4.  遠藤 千尋 :助教
5.  鈴木 瑞穂 :助教
全件表示(6件)
ページの先頭へ
■ 教授・准教授・講師・助教の学会・研究会の役員
1.  石黒 直子 :日本皮膚科学会(代議員・「血管炎・血管障害ガイドライン改訂委員会」委員・「キャリア支援委員会」協力委員), 東京女子医科大学学会(評議員・監事),日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会(代議員),日本乾癬学会(評議員),日本アレルギー学会(代議員),日本小児皮膚科学会(運営委員)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 3 0 4 0 0 5  0 2 0 0  10 6  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 石黒直子:  皮膚動脈炎(皮膚型結節性多発発動脈炎)の全国アンケート調査結果.  日本皮膚科学会雑誌  129 (9) :1901-1907 , 2019.8
2. Miyabe Chie, Miyabe Yoshishige, Nagai Jun, Miura Noriko N, Ohno Naohito, Chun Jerold, Tsuboi Ryoji, Ueda Hiroshi, Miyasaka Masayuki, Miyasaka Nobuyuki, Nanki Toshihiro:  Abrogation of lysophosphatidic acid receptor 1 ameliorates murine vasculitis.  Arthritis research & therapy  21 (1) :191 , 2019.8   DOI:10.1186/s13075-019-1973-0
3. Miyabe Chie, Miyabe Yoshishige, Bricio-Moreno Laura, Lian Jeffrey, Rahimi Rod A, Miura Noriko N, Ohno Naohito, Iwakura Yoichiro, Kawakami Tamihiro, Luster Andrew D:  Dectin-2-induced CCL2 production in tissue-resident macrophages ignites cardiac arteritis.  The Journal of clinical investigation  129 (9) :3610-3624 , 2019.6   DOI:10.1172/JCI123778
4. Miyabe Yoshishige, Miyabe Chie, Mani Vinidhra, Mempel Thorsten R, Luster Andrew D:  Atypical complement receptor C5aR2 transports C5a to initiate neutrophil adhesion and inflammation.  Science immunology  4 (35) :2-10 , 2019.5   DOI:10.1126/sciimmunol.aav5951
総説及び解説
1. Miyabe Yoshishige, Lian Jeffrey, Miyabe Chie, Luster Andrew D:  Chemokines in rheumatic diseases: pathogenic role and therapeutic implications.  Nature reviews. Rheumatology  15 (12) :731-746 , 2019.12   DOI:10.1038/s41584-019-0323-6
2. 石黒直子:  特集 基礎から固める血管炎
血管炎の分類、皮膚症状とその生検についてを基礎から固める.  Monthly Book Derma.  287 :6-12 , 2019.9
3. 石黒直子:  性差医療(5)皮膚科領域.  東京女子医科大学雑誌  89 (4) :83-88 , 2019.8   DOI:https://doi.org/10.24488/jtwmu.89.4_83
4. 石黒直子:  血管炎における皮膚病変.  BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩  71 (4) :339-344 , 2019.4
症例報告
1. Isami Yuki, Kawase Yuriko, Kondo Akari, Akita Wataru, Yasuda Koji, Matsutani Takeshi, Mitsui Hiroshi:  Pyoderma gangrenosum associated with ulcerative colitis: A recalcitrant case responded to adalimumab with granulocyte and monocyte adsorption apheresis.  The Journal of Dermatology  47 (5) :213-215 , 2020.3   DOI:10.1111/1346-8138.15303
2. 仲 沙耶香, 福屋泰子, 石黒直子:  顔面に生じた皮膚限局性結節性アミロイド―シスの1例.  皮膚科の臨床  61 (12) :1883-1886 , 2019.12
3. 近藤明里, 竹中祐子, 酒井里菜, 新井菜月, 久保綾子, 石黒直子:  肉芽腫性血管炎を伴ったサルコイドーシスの1例.  皮膚科の臨床  61 (11) :1601-1604 , 2019.11
その他
1. 福屋泰子, 竹中祐子, 大貫真依, 佐久間美奈子, 石黒直子:  口囲皮膚炎病変部細菌の病因的関与および治療経過中における細菌叢動態の検討(第二報).  東京女子医科大学総合研究所 紀要  39 :62-63 , 2020.2
ページの先頭へ
■ 著書
1. 石黒直子:  IgA血管炎(Henoch-Schönlein紫斑病).  今日の診断指針  1555-1557.  医学書院,  東京, 2020.3
2. 石黒直子:  高齢者の紫斑の注意点は何か.  ここが大事!高齢者皮膚診療のコツとピットフォール  99-102.  南江堂,  東京都文京区本郷, 2019.6
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎石黒直子: 慢性蕁麻疹治療の基本と難治例における新規治療薬の使い方―東京女子医大での経験例の検討を踏まえ―.  第3回日本アレルギー学会関東地方会,  東京,  2020/02
2. ◎塚原玲奈, 今本聡美, 宮田龍臣, 竹中祐子, 石黒直子: RAに生じたpalisaded neutrophilic granulomatous dermatitisの2例.  日本皮膚科学会第887回東京地方会,  東京,  2019/12
3. ◎曽根明衣子, 宮田龍臣, 竹中祐子, 石黒直子: 学内血管炎グループで連携をとって診療にあたったeosinophilic granulomatosis with polyangiitisの3例.  第83回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会,  横浜,  2019/11
4. ◎伊藤まどか, 鈴木瑞穂, 仲優, 石黒直子: カイロの長期貼付による持続性の温熱性紅斑から有棘細胞癌を生じた1例.  第83回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会,  東京,  2019/11
5. ◎児島祐華, 竹中祐子, 石黒直子: Blaschko線に沿って生じた線状皮膚エリテマトーデスの1例.  第83回日本皮膚科学会東京・東部支部合同学術大会,  東京,  2019/11
全件表示(16件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者