<<< 前 2019年度 2020年度 2021年度 | 2022年度 次 >>>
 皮膚科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   石黒 直子
准教授:
   山上 淳
講師:
   竹中 祐子
   福屋 泰子
助教:
   遠藤 千尋
   近藤 明里
   鈴木 瑞穂
   仲 沙耶香
   宮田 龍臣
■ 概要
講師
福屋 泰子
竹中 祐子
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 0 0 4 0 2  0 1 0 0  14 2  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
総説及び解説
1. 石黒直子, 北川一夫, 村崎かがり, 三谷昌平, 山内かづ代, 辻野賢治, 加藤多津子:  第87回東京女子医科大学学会総会公開シンポジウム
私たちはCOVID-19パンデミックをどのように乗り越えてきたのか?.  東女医大誌  92 (1) :14-19 , 2022.2   DOI:10.24488
症例報告
1. Sone Meiko, Takenaka Yuko, Miyabe Chie, Suzuki Mizuho, Ishiguro Naoko:  Ischaemic skin ulcers with neurofibromatosis 1 successfully treated with stent implantation.  Clinical and experimental dermatology  :407-467 , 2021.9   DOI:10.1111/ced.14939
2. Kimura Keiko, Miyabe Chie, Nakamura Shohei, Tochihara Mari, Ishiguro Naoko:  Case of hypergammaglobulinemic purpura successfully treated with colchicine.  The Journal of Dermatology  :1-2 , 2021.7   DOI:DOI:10.1111/1346-8138.16078
3. Miyabe Chie, Miyabe Yoshishige, Mitata Ryujin, Ishiguro Naoko:  Pathogens in vasculitis:Is it really idopathic?.  Japan Medical Association Journal  4 (3) :216-224 , 2021.7   DOI:DOL:10.31662/jmaj.2021-0021
4. Sone Meiko, Miyabe Chie, Miyata Ryujin, Takenaka Yuko, Ishiguro Naoko:  Relevance of cutaneous manifestation and antineutrophil cytoplasmic antibody status in eosinophilic granulomatosis with polyangiitis.  Journal of Cutaneous Immunology and Allergy  :1-5 , 2021.7   DOI:DOI:10.1002/cia2.12194
5. TSUCHIYA Kaishiro, ENDO Chihiro, KONDO Akari, FUKUYA Yasuko, HONDA Suguru, HIRAHARA Shinya, MAJIMA Masako, HANAOKA Masanori, HARIGAI Masayoshi, ISHIGURO Naoko:  A case of non-uremic calciphylaxis associated with systemic lupus erythematousus and antiphospholipid syndrome.  The Journal of Dermatology  48 (4) :157-157 , 2021.4   DOI:10.1111/1346-8138.15765
全件表示(6件)
ページの先頭へ
■ 著書
1. 石黒直子:  2章エリテマトーデス/皮疹の理解 皮膚エリテマトーデスのアウトライン.  皮膚科ベストセレクション 皮膚科膠原病 皮疹から全身を診る  63-67.  中山書店,  東京都, 2021.5
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎松浦功一, 竹中祐子, 星大介, 針谷正祥, 石黒直子: SLE患者に生じたヒドロキシクロロキンによる播種状紅斑丘診型薬疹
の1例.  日本皮膚科学会第900回東京地方会,  Web,  2022/02
2. ◎伊藤まどか, 竹中祐子, 石黒直子: 過度な糖質制限により生じた色素性痣疹の1例.  日本皮膚科学会第899回東京地方会,  Web,  2021/12
3. ◎松浦功一, 福屋泰子, 石黒直子, 高木敏男: 急速に進行した陰茎癌の1例.  日本皮膚科学会第899回東京地方会,  Web,  2021/12
4. ◎石黒直子: 慢性蕁麻疹におけるlgE~病態と治療の観点から~
慢性蕁麻疹の診療の進め方と治療―抗lgE抗体療法の意義―.  第51回日本皮膚免疫アレルギー学会総会,  東京都 Web,  2021/11
5. ◎石黒直子: 基本から学ぶ皮膚血管炎、血管障害:苦手意識を克服します
これがlivedo vasculopathyだ.  第51回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会,  東京都 Web,  2021/11
全件表示(16件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者