<<< 前 2019年度 2020年度 2021年度 | 2022年度 次 >>>
 八千代医療センター 小児集中治療科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


准教授:
   安川 久美
助教:
   本田 隆文
   阿部 勝宏
   木村 翔
   平井 希
   松井 拓也
■ 概要
診療
24時間365日、年間16,149名の小児救急患者の受け皿として、小児集中治療室(PICU)を整備し、専従医による集中治療管理をおこなっている。千葉県東葛南部医療圏を中心に年間約300名の重篤小児患者を受け入れている。平成24年は、69例の人工呼吸管理をおこなった。平成24年度に、日本集中治療医学会の教育認定施設として承認された。
教育
初期研修医の小児科研修ローテーションのなかにPICU研修を取り入れている。指導医による屋根瓦体制としてPICU患者の管理に参加している。
朝・夕のカンファレンスで、治療方針、安全対策を確認
朝・夕:集中治療専門医とともに回診、治療方針の確認

後期研修(初期研修終了後の小児科研修)は、小児科専門医取得を目的とするが、小児科専門医に加え、集中治療専門医、外科系専門医からの指導を包括的に受けることの出来る研修環境を提供している。
研究
臨床に還元できる臨床研究をめざしている。重篤小児脳炎脳症の病原体の迅速診断をベッドサイドで確立している。
・急性脳症におけるヒトヘルペスウイルス6・7型感染症の迅速診断
(公表論文:山本しほ他、けいれんを伴うHHV-7感染症の臨床像、日本小児科学会雑誌:2013;117:992-995.)
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 1 0 0 0 1  0 0 0 0  0 5  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Suzuki J, Abe K, Matsui T, Honda T, Yasukawa K, Takanashi J, Hamada H*:  Kawasaki disease shock syndrome in Japan and comparison with multisystem inflammatory syndrome in children in European countries.  Frontiers in Pediatrics  19 (9) :625456 , 2021.4   DOI:10.3389/fped.2021.625456
症例報告
1. 松井拓也, 安川久美, 本田隆文, 濱田洋通, 髙梨潤一:  洞不全症候群の重症心身障害児に対するシロスタゾール投与の経験.  千葉医学  97 (3) :63-68 , 2021.6   DOI:10.20776/S03035476-97-3-P63
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎落合健太, 林佑香, 髙瀨菜々子, 佐野賢太郎, 塩田惠, 白戸由理, 安川久美, 髙梨潤一: 乳酸高値,抗GM1-IgG抗体を認めた急性散在性脳脊髄炎重症例.  第76回日本小児神経学会関東地区会,  WEB開催,  2022/03
2. ◎阿部光司, 阿部昂太, 木村翔, 廣瀬翔子, 松井拓也, 平井希, 本田隆文, 安川久美, 武藤順子, 髙梨潤一: 小範囲熱傷後にprobable toxic shock syndrome(TSS)を発症した1歳男児.  第220回日本小児科学会千葉地方会,  千葉大学医学部附属病院(ハイブリッド開催),  2021/09
3. ◎吉野彰人, 安河内悠, 落合健太, 木村翔, 藤森誠, 安川久美, 髙梨潤一: 著名な胸腹水貯留を合併したIgA血管炎が疑われた10歳女児.  第220回日本小児科学会千葉地方会,  千葉大学医学部附属病院(ハイブリッド開催),  2021/09
4. 堀江貞志, 安川久美, 佐野賢太郎, 阿部勝宏, 松井拓也, 平井希, 前田宏, 本田隆文, 濱田洋通, 村山圭, 髙梨潤一: 急性増悪を認めたミトコンドリア病の1例.  第34回日本小児救急医学会,  奈良県コンベンションセンター(WEB開催),  2021/05
5. ◎本田隆文: 複合要因で乳児期早期に高度肺高血圧を呈したダウン症の1例.  第6回日本肺高血圧肺循環学会,  京王プラザホテル(新宿)WEB開催,  2021/05
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者