<<< 前 2019年度 2020年度 2021年度 | 2022年度 次 >>>
 八千代医療センター 母体胎児科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌


教授:
   小川 正樹
助教:
   小平 賢介
   和田 真沙美
■ 概要
特徴
母体胎児科・婦人科(産婦人科)の産科部門は新生児科とともに千葉県に2施設しかない総合周産期母子医療センターの運営に携わっています。年間200例を越えるハイリスク母体を受け入れている一方、ローリスク妊娠も近隣産科施設とセミオープンシステムを形成して積極的に扱っています。したがって症例は極めて豊富であり、妊娠•分娩•産褥の基本的管理から専門的医療まで幅広い知識と手技の習得が可能です。また女性の性周期、妊娠•分娩、加齢といった生涯に関わる診療科として、婦人科は良性、悪性腫瘍、子宮脱、尿失禁、不妊治療、月経異常、更年期障害などの内分泌疾患といったあらゆる疾患に対応しています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 1  0 0 0 0  0 0  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
症例報告
1. Shiota Megumi, Ito Keisuke, Shirato Yuri, Takase Nanako, Sano Kentaro, Yuasa Shota, Takanashi Jun-ichi:  Unilateral internal carotid artery absence in trisomy18.  Brain & Development  44 (2022) :357-360 , 2021.12   DOI:10.1016/j.braindev.2021.12.007
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者