<<< 前 2019年度 2020年度 2021年度 | 2022年度 次 >>>
 八千代医療センター 消化器外科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


准教授:
   片桐 聡
   太田 正穂
講師:
   鬼澤 俊輔
   西村 明浩
   丹羽 由紀子
助教:
   杉下 敏哉
   石多 猛志
   今西 啓
   毛利 俊彦
■ 概要
東京女子医科大学八千代医療センター消化器外科
1.消化器内科、内視鏡科、放射線科、麻酔科、病理医との協力体制のもとに、消化器疾患を中心に、外科全般の疾患も含めて診断から治療まですべて行っております。
2.内科、放射線科、内視鏡科、化学療法グループ、免疫療法グループ(紹介可能)の専門医による協力体制のもとに集学的治療(手術、抗がん剤、免疫治療等)を行っております。
3.手術に関しては、標準術式の選択(縮小、拡大手術を含む)はもちろんのこと、近年、低侵襲性外科治療Minimally Invasive Surgery (MIS)という概念から内視鏡をもちいた鏡視下手術も行っております。
4.非切除例、再発例に対しても積極的に化学療法、免疫療法、緩和医療を含めて幅広く治療を行っております。
5.経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG/ペグ)や経皮経食道胃管挿入術(PTEG/ピーテグ)や狭窄部拡張やステント挿入留置などの内視鏡治療も行っております。
6.セコンド オピニオンにも対応いたします。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 2  0 0 0 0  1 7  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. ARIIZUMI Shunichi, YAMAMOTO Masakazu, KOTERA Yoshihito, HIGUCHI Ryota, YAMASHITA Shingo, KATO Takaaki, HIRATA YoYoshihiro, KATAGIRI SATOSHI, HONDA Goro, EGAWA Hiroto:  Intrahepatic Cholangiocarcinoma With Neither Intrahepatic Metastasis Nor Lymph Node Metastasis Is the Optimal Indication for Hepatectomy With Adjuvant Therapy.  Cancer diagnosis & prognosis  2 (2) :160-166 , 2022.3   DOI:10.21873/cdp.10090
2. SERIZAWA Akiko, KURAMOCHI HIDEKAZU, TANIGUCHI Kiyoaki, OTA Masaho, KATAGIRI SATOSHI, YAMADA Takuji, KOTAKE Sho, ITO Shunichi, SUZUKI Kazuomi, YAMAMOTO Masakazu:  Phase II study of neoadjuvant chemotherapy with S-1 plus oxaliplatin for gastric cancer clinical T4 or N2-3.  Medical oncology  38 (9) :98 , 2021.7   DOI:10.1007/s12032-021-01549-z
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎有泉俊一, 小寺由人, 山下信吾, 大森亜紀子, 加藤孝章, 渋谷 豪, 片桐 聡, 江川裕人, 山本雅一: (シンポジウム5 病理診断・遺伝子診断に基づいた分子標的治療)再発進行肝細胞癌に対する抗EGFR染色による新規分子標的薬の治療効果.  第25回日本外科病理学会学術集会,  千葉,  2021/10
2. ◎杉下敏哉, 高山敬子, 濱野美枝: (パネルディスカッション2 乳頭部腫瘍に対する内視鏡的乳頭切除と経十二指腸的乳頭切除の適応と成績)当院における乳頭部腫瘍に対する経十二指腸的乳頭部腫瘍切除と内視鏡的乳頭部切除の治療成績と治療戦略について.  第57回胆道学会学術集会,  東京,  2021/10
3. ◎有泉俊一, 小寺由人, 山下信吾, 大森亜紀子, 加藤孝章, 渋谷 豪, 本田五郎, 片桐 聡, 江川裕人, 山本雅一: 肝細胞癌に対するグリソン鞘一括解剖学的肝切除後の合併症の減少は長期切除成績を改善させる.  第76回日本消化会外科学会総会,  京都,  2021/07
4. ARAIDATatsyo, YAZAWATakehisa, ONIZAWAShunsuke, HIGUCHIRyota, KATAGIRISATOSHI, YAMAMOTOMasakazu: (Symposium1 HBP Surgery for eldery patients)The Points of hepato-biliary pancreatic surgery considering the characteristics of the elderly.  第33回日本肝胆膵外科学会学術集会,  Web開催,  2021/06
5. ◎ARIIZUMI Shunichi, KOTERA Yoshihito, YAMASHITA Shingo, OMORI Akiko, KATO Takaaki, HIRATA Yoshihiro, SHIBUYA Go, HIGUCHI Ryota, YAZAWA Takehisa, UEMURA Shuichiro, OME Yusuke, YOSHIDA aoki, MATSUNAGA Yutaro, HONDA Goro, KATAGIRI SATOSHI, EGAWA Hiroto, YAMAMOTO Masakazu: (Panel discussion2 Surgical treatment for intrahepatic cholangiocarcinoma)What is best indication, no indication, or border indication for surgery of intrahepatic cholangiocarcinoma?.  第33回日本肝胆膵外科学会学術集会,  Web開催,  2021/06
全件表示(8件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者