(最終更新日:2022-05-17 16:32:00)
  カタギリ サトシ   KATAGIRI SATOSHI
  片桐 聡
   所属   医学部 医学科(附属八千代医療センター)  八千代医療センター 消化器外科
   職種   准教授
■ 著書
1. 部分執筆  解剖学的肝切除術(区域切除)「ビジュアルサージカル 消化器外科手術 肝臓・脾臓」 2019/04/05
2. 部分執筆  1.右肝切除 A.前方アプローチ「肝胆膵高難度外科手術」 2016/11
3. 部分執筆  肝区域 ほか「医学大事典」 2016
4. 部分執筆  基礎編15 炎症性ポリープ「これで納得!画像で見ぬく消化器疾患 胆道・膵臓」 2014/10
5. 部分執筆  基礎編22 細胆管癌「これで納得!画像で見ぬく消化器疾患 胆道・膵臓」 2014/10
全件表示(8件)
■ 学術雑誌
1. 原著  Improved Mortality, Morbidity, and Long-Term Outcome After Anatomical Hepatectomy With the Glissonean Pedicle Approach in Patients With Hepatocellular Carcinoma: 30 Years' Experience at a Single Institute. 2022/05
2. 原著  Intrahepatic Cholangiocarcinoma With Neither Intrahepatic Metastasis Nor Lymph Node Metastasis Is the Optimal Indication for Hepatectomy With Adjuvant Therapy. 2022/03
3. 原著  Phase II study of neoadjuvant chemotherapy with S-1 plus oxaliplatin for gastric cancer clinical T4 or N2-3. 2021/07
4. 症例報告  レンバチニブメシル酸塩が著効した高度門脈腫瘍栓合併肝細胞癌の1症例 2021/01
5. 症例報告  切除不能門脈腫瘍栓(VP4)を伴う巨大肝細胞癌に対し腫瘍栓摘出術後に新規分子標的薬を施行した1症例 2021/01
全件表示(109件)
■ 学会発表
1. (シンポジウム5 病理診断・遺伝子診断に基づいた分子標的治療)再発進行肝細胞癌に対する抗EGFR染色による新規分子標的薬の治療効果 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2021/10/14
2. 肝細胞癌に対するグリソン鞘一括解剖学的肝切除後の合併症の減少は長期切除成績を改善させる (口頭発表,一般) 2021/07/07
3. (Panel discussion2 Surgical treatment for intrahepatic cholangiocarcinoma)What is best indication, no indication, or border indication for surgery of intrahepatic cholangiocarcinoma? (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2021/06/02
4. (Symposium1 HBP Surgery for eldery patients)The Points of hepato-biliary pancreatic surgery considering the characteristics of the elderly (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2021/06/02
5. (ワークショップ16 進行肝細胞癌に対する集学的治療の意義-薬物療法は手術を変えたか-)高度脈管腫瘍栓肝細胞癌に対する手術と分子標的薬による集学的治療 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2021/04/08
全件表示(529件)
■ 学歴
1. 2005/11/01
(学位取得)
東京女子医科大学 医学博士
2. 1984/04~1990/03 聖マリアンナ医科大学 医学研究科 卒業