<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度
 八千代医療センター 消化器外科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   新井田 達雄
   福永 正氣
准教授:
   片桐 聡
   太田 正穂
講師:
   鬼澤 俊輔
   丹羽 由紀子
助教:
   濱野 美枝
   石井 雅之
   石多 猛志
   杉下 敏哉
   毛利 俊彦
■ 概要
東京女子医科大学八千代医療センター消化器外科
1.消化器内科、内視鏡科、放射線科、麻酔科、病理医との協力体制のもとに、消化器疾患を中心に、外科全般の疾患も含めて診断から治療まですべて行っております。
2.内科、放射線科、内視鏡科、化学療法グループ、免疫療法グループ(紹介可能)の専門医による協力体制のもとに集学的治療(手術、抗がん剤、免疫治療等)を行っております。
3.手術に関しては、標準術式の選択(縮小、拡大手術を含む)はもちろんのこと、近年、低侵襲性外科治療Minimally Invasive Surgery (MIS)という概念から内視鏡をもちいた鏡視下手術も行っております。
4.非切除例、再発例に対しても積極的に化学療法、免疫療法、緩和医療を含めて幅広く治療を行っております。
5.経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG/ペグ)や経皮経食道胃管挿入術(PTEG/ピーテグ)や狭窄部拡張やステント挿入留置などの内視鏡治療も行っております。
6.セコンド オピニオンにも対応いたします。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 1  0 0 0 0  5 18  2 2  0 1
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. MURATA Kazumoto,SAITO Akiko,KATAGIRI Satoshi,ARIIZUMI Shunichi,NAKANO Masayuki,YAMAMOTO Masakazu:  Association of des-γ-carboxy prothrombin production and Sonazoid-enhanced ultrasound findings in hepatocellular carcinomas of different histologic grades.  Journal of medical ultrasonics  45 (2) :223-229 , 2018.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. HAMANO Mie,ARAIDA Tatsuo,KATAGIRI Satoshi,TAKASAKI Ken,YAMAMOTO Masakazu,HIGUCHI Ryota,YAZAWA Takehisa,Uemura Shuichiro: Treatment strategy for tumors of the ampulla of vater. local excision as a minimum invasive surgery, comparison with pancreatoduodenectomy (PD/PPPD) and endoscopic papillectomy.  13th World Congress of the International Hepato-Pancreat-Biliary Association,  Switzerland,  2018/09
2. KATAGIRI Satoshi,ARIIZUMI Shunichi,KOTERA Yoshihito,OMORI Akiko,YAMASHITA Shingo,KATO Takaaki,HAMANO Mie,EGAWA Hiroto,ARAIDA Tatsuo,YAMAMOTO Masakazu: Multidisciplinary treatments for hepatocellular carcinoma with major portal vein tumor thrombus.  13th World Congress of the International Hepato-Pancreat-Biliary Association,  Switzerland,  2018/09
3. YAMASHITA Shingo,ARIIZUMI Shunichi,KOTERA Yoshihito,OMORI Akiko,KATO Takaaki,NEMOTO Satoshi,KATAGIRI Satoshi,EGAWA Hiroto,YAMAMOTO Masakaz: Some increasing of the level of AFP before operation had relation to overall survival rates in RFA as first therapy for small HCC.  13th World Congress of the International Hepato-Pancreat-Biliary Association,  Switzerland,  2018/09
4. ◎ARIIZUMI Shunichi, KOTERA Yoshihito, OMORI Akiko, KATO Takaaki, NEMOTO Satoshi, HIGUCHI Ryota, KATAGIRI Satoshi, EGAWA Hiroto, YAMAMOTO Masakazu: Hepatectomy with adjuvant therapy improved survival in patients with intrahepatic cholangiocarcinoma.  13th World Congress of the International Hepato-Pancreat-Biliary Association,  Switzerland,  2018/09
5. ◎有泉俊一,小寺由人,山下信吾,大森亜紀子,加藤孝章,根本 慧, 片桐 聡,江川裕人,山本雅一: (ビデオシンポジウム3 Techiniques for safe open anatomical hepatic resections)Safe anatomical hepatectomy with Glissonean pedicle transection method for HCC.  第80回日本臨床外科学会総会,  東京,  2018/11
6. ◎有泉俊一,小寺由人,山下信吾,大森亜紀子,加藤孝章,根本 慧,樋口亮太,谷澤武久,植村修一郎,出雲 渉,片桐 聡,江川裕人,山本雅一: (パネルディスカッション26 ICCのベストプラクティス)肉眼分類による肝切除と術後補助療法は肝内胆管癌のベストプラクティス.  第80回日本臨床外科学会総会,  東京,  2018/11
7. ◎加藤孝章,小寺由人,山下信吾,根本 慧,尾形 哲,有泉俊一,片桐 聡,江川裕人,山本雅一: Budd-Chiari症候群に対する生体肝移植術施行例の検討.  第16回日本消化器外科学会大会(JDDW2018),  神戸,  2018/11
8. ◎山下信吾,片桐 聡,小寺由人,大森亜紀子,加藤孝章,根本 慧,江川裕人,山本雅一: 小型肝細胞癌初回治療(肝切除vs.ラジオ波焼灼術)における長期治療成績の比較.  第16回日本消化器外科学会大会(JDDW2018),  神戸,  2018/11
9. ◎成宮孝祐,工藤健司,矢川陽介,前田新介,豊島幸憲,小川杏平,井上雄志,大木岳志,井手博子,大杉治司,山本雅一: 組織学的治療効果判定かたみた進行食道扁平上皮癌(cStageⅡ,Ⅲ)術前化学療法の検討.  第16回日本消化器外科学会大会(JDDW2018),  神戸,  2018/11
10. ◎片桐 聡,堀部文倫,今西 啓,毛利俊彦,石多猛志,鬼澤俊輔,濱野美枝,太田正穂,有泉俊一,新井田達雄,山本雅一: Stay sture methodsとreversed Trendelenburg position (rTP)による無輸血肝切除.  第16回日本消化器外科学会大会(JDDW2018),  神戸,  2018/11
全件表示(28件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者