<<< 前 2014年度 2015年度 2016年度 | 2017年度 | 2018年度 次 >>>
 東洋医学研究所
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   伊藤 隆
准教授:
   木村 容子
助教:
   麻生 悠子
   梅本 万里
   大谷 かほり
   川島 春佳
   河尻 澄宏
   駒形 依子
   津嶋 伸彦
   宮川 亨平
■ 概要
概要
東洋医学研究所は、平成4年3月3日に保険診療を行う施設として私立医科大学としては初めて新宿のNSビル内に開設されました。保険診療を行う湯液(漢方)部門と自費診療の鍼灸部門より構成されています。開設時より教授、平成7年より所長を務めた故・代田文彦先生(平成15年1月23日逝去)をはじめ、諸先生方の指導のもとで発展を遂げてきました。
 平成19年12月3日より田端駅前に移転し、湯液部門は東京女子医科大学東洋医学研究所クリニック、鍼灸部門は東京女子医科大学東洋医学研究所鍼灸臨床施設(以下、当施設)と名称を変更して現在に至っています。
 当研究所の対象とする病気は全科にわたります。具体的には、アレルギー性疾患、心身症などのメンタルヘルス不調者、冷え、頭痛、月経前症候群、更年期症候群などの婦人に多い疾患、通常の治療で改善しない痛み・しびれ、呼吸器疾患、消化器疾患、耳鼻咽喉科疾患、皮膚科疾患あるいは癌治療時の体力回復などの患者を診療しています。
 漢方診療では、エキス剤だけでなく、生薬を用いた治療も可能です。漢方薬のみならず西洋医薬品も使用します。必要に応じて、東京女子医大関連施設などに各種検査や治療の依頼も行っています。
 日本の大学施設で、鍼灸診療部門をもっているところは少なく、このことも大きな特徴です。
 当施設は東西両医学による全人的医療の実践を心がけております。
 診療方針として、1)西洋も東洋もなく、患者のためにできるだけのことを、2)無理をせず、自然にさからわず、3)個々に応じた回復を掲げています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 7 0 0 3 0 0  0 2 0 0  14 10  2 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Kazuyuki Ishida:  Effect of donepezil and kamikihito combination therapy on cognitive function in Alzheimers disease: Retrospective study.  Traditional & Kampo Medicine  :94-99 , 2016
2. Yoko Kimura, Akira Tanaka, Takayo Kurokawa, Yoriko Morioka, Yumi Kume, Naoko Chikada, Tomoko Isomura, Mayuko Yamazaki, Haruka Kawashima, Kahori Otani, Atuko Jinnai, Hiroshi Sato&Takashi Ito:  I dentification of indicators of efficacy of the Kampo formulation unkeito for cold syndrome,using a patient-based questionnaire database.  Traditional&Kampo Medicine  3 (2) :123-128 , 2016
3. Yoko Kimura, Akira Tanaka,Hiroshi Sato&Takashi Ito:  Differentiation of two Kampo formulae,yokukansankachimpihange and chotosan,for treatment of headache using a predictive model derived from a patient-based questionnaire database.  Traditional&Kampo Medicine  3 (2) :145-150 , 2016
総説及び解説
1. 伊藤隆:  せきに対する漢方治療.  JOHNS  :971-972 , 2016
症例報告
1. 木村容子, 田中彰, 佐藤弘, 伊藤隆:  呉茱萸湯で効果不十分な月経関連片頭痛患者に五苓散を月経周期に合わせて投与した症例の検討.  日本東洋医学雑誌  68 (1) :34-39 , 2017.1
2. 陣内厚子, 木村容子, 伊藤隆:  黄連解毒湯により眼瞼痙攣が消失した一症例.  日本東洋医学雑誌  第68 (1) :56-59 , 2017.1
3. 木村容子, 佐藤弘, 伊藤隆:  ストレスが関与した慢性咳嗽に八味地黄丸が有効であった2症例.  日本東洋医学雑誌  第67 (4) :394-398 , 2016.10
4. 川島春佳, 木村容子, 伊藤隆:  当帰湯で皮膚瘙痒症が改善した1症例.  日本東洋医学雑誌  67 (3) :280-284 , 2016
その他
1. 伊藤隆:  厚生労働省副作用情報に基づく一般用漢方製剤の副作用の件数と内容の調査.  日本東洋医学雑誌  67 (2) :184-190 , 2016
2. 高田久実子, 蛯子慶三, 木村容子, 伊藤隆:  使用期限切れ円皮鍼の破損に関する注意.  日本東洋医学雑誌  第67 (2) :191-194 , 2016
ページの先頭へ
■ 著書
1. 木村容子 , 谷口ももよ ,薮崎友宏:    趣味どきっ!あったかボディーでリラックス~カラダを整える温活術~  1-109.  NHK出版,  日本, 2016.12
2. 伊藤隆, 木村容子, 蛯子慶三:    ココロとカラダの不調を改善するやさしい東洋医学  1-255.  ナツメ社,  日本, 2016.8
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Hiroshi Sato: Japan Society for Oriental Medicine(JSOM):History and prospects.  The 18th International Congress of Oriental Medicine,  okinawa,  2016/04
2. ◎Yoko Kimura: Identification of distinct symptom sets predictive of positive outcome for treatment of headache with two Kampo formulae by using TOMRASS,
a patient-based questionnaire database.  The 18th International Congress of Oriental Medicine,  okinawa,  2016/04
3. ◎薗田将樹, 山本昇伯, 高田敦子, 菊地 学, 田宮大介, 遠藤良二, 伊藤 隆: 同一職場で連続的に発症したうつ病にたいして漢方薬が有効であった3症例の検討.  第53回日本東洋心身医学研究会,  品川,  2017/03
4. ◎麻生悠子, 木村容子, 伊藤隆: 漢方皮膚科外来初診患者へのアンケート調査
~ステロイド忌避アトピー性皮膚炎患者に対する取り組み~.  第22回シンポジウムアトピー性皮膚炎治療研究会,  京都,  2017/01
5. ◎薗田将樹, 山本昇伯, 高田敦子, 菊地 学, 田宮大介, 遠藤良二, 伊藤 隆: 気虚と血液学的検査の関連の検討について.  第20回和漢診療学シンポジウム,  富山,  2016/11
6. ◎遠藤良二, 山本昇伯, 薗田将樹, 高田敦子, 田宮大介, 菊地 学, 伊藤隆: 連続輸刺及び電気温鍼の働く人のストレス反応に対する効果について.  第20回和漢診療学シンポジウム,  富山,  2016/11
7. ◎山本昇伯, 澤口博, 薗田将樹, 高田敦子, 田宮大介, 遠藤良二, 伊藤隆: 湯液と鍼灸治療の併用が有効であった円形脱毛症の1例.  第20回和漢診療学シンポジウム,  富山,  2016/11
8. ◎河尻澄宏, 木村容子, 伊藤隆: 鼻腔内乾燥とビタミンB12欠乏性末梢神経障害によるしびれに八味地黄丸が有効であった71歳男性例.  第73回関東甲信越支部学術総会,  新潟,  2016/10
9. ◎宮川亨平, 木村容子, 伊藤隆: 頻回に出現する噫気に対して、半夏厚朴湯が有効であった1症例.  第73回関東甲信越支部学術総会,  新潟,  2016/10
10. ◎陣内 厚子 ,木村容子, 伊藤隆: 附子理中湯が無効であった冷えと頭痛が、桂枝人参湯で改善した一症例.  第73回関東甲信越支部学術総会,  新潟,  2016/10
全件表示(26件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者