<<< 前 2019年度 2020年度 2021年度 | 2022年度 次 >>>
 足立医療センター 輸血・細胞治療部
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


准教授:
   小林 博人
■ 概要
個々の患者さんに合わせたより安全で適正な輸血療法を実施することを基本的使命としています。
輸血部では、血液型、不規則抗体スクリーニング検査、交差適合試験など輸血関連検査を24時間体制で正確に遂行すること以外にも、コンピューターによる輸血製剤管理システム・血漿分画製剤管理システムを導入し、血液製剤の請求、保管、払い出し等の事務的業務を含め一括管理を行ってる。また、輸血療法運営委員会を毎月開催し、血液製剤の安全性に関する情報を提供し、輸血療法が適正になされるように指導的役割をはたす。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 11  0 0 0 0  0 7  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. NEMOTO Yuki, ISHIHARA Hiroki*, NAKAMURA Kazutaka, TACHIBANA Hidekazu, FUKUDA Hironori, YOSHIDA Kazuhiko, KOBAYASHI Hirohito, IIZUKA Junpei, SHIMMURA Hiroaki, HASHIMOTO Yasunobu, TANABE Kazunari, KONDO Tsunenori, TAKAGI Toshio:  Efficacy and safety of immune checkpoint inhibitors in elderly patients with metastatic renal cell carcinoma.  International urology and nephrology  54 (1) :47-54 , 2022.1   DOI:10.1007/s11255-021-03042-y
2. TAKAGI Toshio*, YOSHIDA Kazuhiko, KONDO Tsunenori, FUKUDA Hironori, ISHIHARA Hiroki, KOBAYASHI Hirohito, IIZUKA Junpei, ISHIDA Hideki, TANABE Kazunari:  Hypopituitarism in patients with metastatic renal cell carcinoma treated with ipilimumab and nivolumab combination therapy.  Japanese journal of clinical oncology  51 (12) :1744-1750 , 2021.12   DOI:10.1093/jjco/hyab141
3. ISHIHARA Hiroki, KONDO Tsunenori*, NAKAMURA Kazutaka, NEMOTO Yuki, TACHIBANA Hidekazu, FUKUDA Hironori, YOSHIDA Kazuhiko, KOBAYASHI Hirohito, IIZUKA Junpei, SHIMMURA Hiroaki, HASHIMOTO Yasunobu, TANABE Kazunari, TAKAGI Toshio:  Association of tumor burden with outcome in first-line therapy with nivolumab plus ipilimumab for previously untreated metastatic renal cell carcinoma.  Japanese journal of clinical oncology  51 (12) :1751-1756 , 2021.12   DOI:10.1093/jjco/hyab142
4. KONDO Tsunenori*, SASSA Naoto, YAMADA Hiroshi, TAKAGI Toshio, IIZUKA Junpei, KOBAYASHI Hirohito, YOSHIDA Kazuhiko, FUKUDA Hironori, ISHIHARA Hiroki, TANABE Kazunari, TSUZUKI Toyonari:  Comparable survival outcome between acquired cystic disease associated renal cell carcinoma and clear cell carcinoma in patients with end-stage renal disease: a multi-institutional central pathology study.  Pathology  53 (6) :720-727 , 2021.10   DOI:10.1016/j.pathol.2021.01.014
5. YOSHINO Maki, ISHIHARA Hiroki, ISHIYAMA Yudai, TACHIBANA Hidekazu, TOKI Daisuke, YAMASHITA Kaori, KOBAYASHI Hirohito, FUKUDA Hironori, YOSHIDA Kazuhiko, TAKAGI Toshio, IIZUKA Junpei, ISHIDA Hideki, KONDO Tsunenori*, TANABE Kazunari:  Albumin-to-alkaline phosphatase ratio as a novel prognostic marker of nivolumab monotherapy for previously treated metastatic renal cell carcinoma.  In vivo (Athens, Greece)  35 (5) :2855-2862 , 2021.9   DOI:10.21873/invivo.12573
全件表示(11件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎久保田哲嗣, 福田洋典, 高木敏男, 池田敬至, 石原弘喜, 橘秀和, 吉田一彦, 飯塚淳平, 小林博人, 近藤恒徳, 田邉一成: 転移性腎癌に対するニボルマブとイピリムマブの併用療法の当施設での治療成績.  第109回日本泌尿器科学会総会,  横浜,  2021/12
2. ◎福田洋典, 高木敏男, 池田敬至, 石原弘喜, 橘秀和, 吉田一彦, 飯塚淳平, 小林博人, 近藤恒徳, 田邉一成: 腎細胞がんにおける腫瘍免疫微小環境のフローサイトメトリーによる解析.  第109回日本泌尿器科学会総会,  横浜,  2021/12
3. ◎石山亮, 高木敏男, 近藤恒徳, 石原弘喜, 福田洋典, 吉田一彦, 飯塚淳平, 小林博人, 石田英樹, 田邉一成: cT1限局性腎細胞癌におけるpT3aアップグレードの検討.  第109回日本泌尿器科学会総会,  横浜,  2021/12
4. ◎稲川徹, 石原弘喜, 石山雄大, 吉野真紀, 橘秀和, 福田洋典, 土岐大介, 吉田一彦, 小林博人, 高木敏男, 飯塚淳平, 近藤恒徳, 田邉一成: 転移性腎癌に対するニボルマブ・イピリムマブ療法の予後因子としての白血球分画の検討.  第59回日本癌治療学会学術集会,  横浜/オンライン,  2021/10
5. ◎石原弘喜, 中村和貴, 根本侑樹, 橘秀和, 福田洋典, 吉田一彦, 小林博人, 飯塚淳平, 新村浩明, 橋本恭伸, 高木敏男, 石田英樹, 近藤恒徳, 田邉一成: 高齢者の転移性腎癌に対する免疫チェックポイント阻害薬治療の効果と安全性の検討.  第59回日本癌治療学会学術集会,  横浜/オンライン,  2021/10
全件表示(7件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者