<<< 前 2017年度 2018年度 2019年度
 東医療センター 輸血部
概要 当該年度の研究費受入状況 学会発表


准教授:
   小林 博人
講師:
   加藤 文代
■ 概要
個々の患者さんに合わせたより安全で適正な輸血療法を実施することを基本的使命としています。
輸血部では、血液型、不規則抗体スクリーニング検査、交差適合試験など輸血関連検査を24時間体制で正確に遂行すること以外にも、コンピューターによる輸血製剤管理システム・血漿分画製剤管理システムを導入し、血液製剤の請求、保管、払い出し等の事務的業務を含め一括管理を行ってる。また、輸血療法運営委員会を毎月開催し、血液製剤の安全性に関する情報を提供し、輸血療法が適正になされるように指導的役割をはたす。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 0  0 0 0 0  0 9  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎関戸恵麗, 高木敏男, 橋本雪司, 吉田一彦, 飯塚淳平, 奥見雅由, 小林博人, 近藤恒徳, 石田英樹, 田邉一成: 当院で経験した乳頭状腎細胞癌の予後検討.  第107回日本泌尿器科学会総会,  名古屋,  2019/04
2. ◎吉田一彦, 高木敏男, 近藤恒徳, 飯塚淳平, 小林博人, 奥見雅由, 石田英樹, 田邉一成: 抗凝固薬と抗血小板薬の内服患者におけるロボット支援腎部分切除術の周術期成績.  第107回日本泌尿器科学会総会,  名古屋,  2019/04
3. ◎高木敏男, 吉田一彦, 近藤恒徳, 小林博人, 飯塚淳平, 奥見雅由, 石田英樹, 田邉一成: Enucleation法を用いたロボット支援腎部分切除術における腫瘍接触面積と腎実質減少率の関連性の検討.  第107回日本泌尿器科学会総会,  名古屋,  2019/04
4. ◎石原弘喜, 高木敏男, 近藤恒徳, 室宮千惠, 橘秀和, 福田洋典, 吉田一彦, 飯塚淳平, 小林博人, 田邉一成: 転移性腎癌に対するニボルマブ治療におけるirAEと予後との関連性.  第107回日本泌尿器科学会総会,  名古屋,  2019/04
5. ◎石山亮, 石原弘喜, 近藤恒徳, 高木敏男, 福田洋典, 吉田一彦, 飯塚淳平, 小林博人, 田邉一成: 転移性腎癌に対するスニチニブ治療において初期の投与中断が予後に与える影響の調査.  第107回日本泌尿器科学会総会,  名古屋,  2019/04
6. ◎海老沼晶紗, 高木敏男, 吉田一彦, 飯塚淳平, 小林博人, 奥見雅由, 近藤恒徳, 田邉一成: 腎癌における腎部分切除術症例の再発リスク因子の検討.  第107回日本泌尿器科学会総会,  名古屋,  2019/04
7. ◎西沖遥, 高木敏男, 池田敬至, 吉田一彦, 飯塚淳平, 奥見雅由, 小林博人, 近藤恒徳, 石田英樹, 田邉一成: 当院における嫌色素性腎細胞癌の予後検討.  第107回日本泌尿器科学会総会,  名古屋,  2019/04
8. ◎池田敬至, 高木敏男, 吉田一彦, 飯塚淳平, 石原弘喜, 福田洋典, 小林博人, 奥見雅由, 近藤恒徳, 石田英樹, 田邉一成: 腎部分切除術後の腎機能に関する長期予後とCKDステージ進展リスクについての検討.  第107回日本泌尿器科学会総会,  名古屋,  2019/04
9. ◎渡口誠, 高木敏男, 吉田一彦, 飯塚淳平, 小林博人, 奥見雅由, 石田英樹, 田邉一成, 小川悠子, 森田賢, 長嶋洋治: 造影CTを用いた腎癌における偽被膜の同定.  第107回日本泌尿器科学会総会,  名古屋,  2019/04
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者