<<< 前 2020年度 2021年度 2022年度
 足立医療センター 輸血・細胞治療部
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌


准教授:
   小林 博人
■ 概要
個々の患者さんに合わせたより安全で適正な輸血療法を実施することを基本的使命としています。
輸血部では、血液型、不規則抗体スクリーニング検査、交差適合試験など輸血関連検査を24時間体制で正確に遂行すること以外にも、コンピューターによる輸血製剤管理システム・血漿分画製剤管理システムを導入し、血液製剤の請求、保管、払い出し等の事務的業務を含め一括管理を行ってる。また、輸血療法運営委員会を毎月開催し、血液製剤の安全性に関する情報を提供し、輸血療法が適正になされるように指導的役割をはたす。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 1  0 0 0 0  0 0  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. ISHIHARA Hiroki*, NEMOTO Yuki, TACHIBANA Hidekazu, FUKUDA Hironori, YOSHIDA Kazuhiko, KOBAYASHI Hirohito, IIZUKA Junpei, HASHIMOTO Yasunobu, TAKAGI Toshio, ISHIDA Hideki, KONDO Tsunenori, TANABE Kazunari:  Outcomes of nivolumab monotherapy for previously treated metastatic renal cell carcinoma: a real-world multi-institution data with a minimum of 2 years of follow-up.  Japanese journal of clinical oncology  :1-7 , 2022.4   DOI:10.1093/jjco/hyac044
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者