<<< 前 2014年度 2015年度 2016年度 | 2017年度 | 2018年度 次 >>>
 東医療センター 救急医療科
概要 当該年度の研究費受入状況 教授・准教授・講師・助手の公的役職
当該年度の主催学会・研究会 学術雑誌 著書
学会発表


准教授:
   庄古 知久
   須賀 弘泰
   高橋 政照
講師:
   佐藤 孝幸
   出口 善純
助教:
   髙橋 宏之
   増田 崇光
   吉川 和秀
■ 概要
当救命救急センターは年間約1,300名の重症患者を収容する城東地区(荒川区、足立区、葛飾区)唯一の救命救急センターである。当科は3次救急医療に特化しており、24時間体制で東京消防庁のホットラインや近隣の医療施設から転送となった重症患者の受け入れを行っている。内因性疾患(心・脳血管疾患)に加え、外傷、中毒、熱傷など豊富な症例が集結するのが特徴であるが、そのうち特に外傷が多いのも特徴の一つであり、外傷医を目指す救急医にとっては格好の修練施設である。
当センターのスタッフは各々サブスペシャリティーを有しており、それぞれの専門性を生かして重症患者の治療に当たっている。都内にある26カ所の救命救急センターの中では最もアクティビティーの高い施設の一つであり、コメディカルスタッフとともに最善の救急医療を実践していると自負する。救命救急センターに属するICU病床が20床あり、初期対応のみならず、集中治療にも力を置いている。当院は地域災害医療拠点中核病院に指定されており,約20名の東京DMAT隊員を有し、地域災害医療のリーダー的役割を担っている。
また、当院は大学病院としての機能を有することから、研究,教育にも力を入れており,研究面では、敗血症における基礎的研究、DICに関する研究などでは、オピニオンリーダーとなっている。一方、教育では、研修医教育に力を入れている他、東京消防庁救急救命士の教育施設、ならびに各救命士養成施設の研修機関となっており、高いレベルの教育を実践している。当科のモットーは「チームで支える救急医療・災害医療」でチーム一丸となって、日々患者さんの立場に立った、最前線の医療の実践に努めている。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 教授・准教授・講師・助教の公的役職
1.  庄古知久 :地域災害医療コーディネーター
ページの先頭へ
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  城東救急医療研究会  ( 救急医療科 )    2016/12
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 4 1 1 0  0 1 0 0  4 3  1 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 庄古 知久, 遠藤 英樹, 千田 篤, 漆畑 直:  外国籍無保険のB型劇症肝炎患者の集中治療の経験.  日本集中治療医学会雑誌  24 (1) :43-44 , 2017.1
2. 出口 善純, 庄古 知久, 増田 崇光, 吉川 和秀, 高橋 宏之, 大松 健太郎, 栗山 桂一, 竹田津 史野, 坂梨 洋, 牛澤 洋人, 植木 穣, 安藤 大吾, 加藤 渚, 磯谷 栄二:  当センターに搬送された腸腰筋膿瘍症例の検討.  日本救急医学会関東地方会雑誌  37 (2) :304-308 , 2016.12
症例報告
1. Tomohisa Shoko*, Yoshizumi Deguchi, Keiichi Kuriyama:  Surgical fixation using rib stabilizers for flail chest injuries of elderly patients: case reports.  Journal of Trauma and Emergency Care  2 (2) :1-4 , 2017.3   DOI:10.1576/TEC.1000126
2. 高橋 宏之, 庄古 知久, 栗山 桂一, 牛澤 洋人, 植木 穣, 出口 善純:  敗血症性DICに対するリコンビナントトロンボモジュリン使用後の出血症例の特徴.  日本救急医学会関東地方会雑誌  37 (2) :412-415 , 2016.12
3. 山口 雅利, 庄古 知久, 高橋 宏之, 栗山 桂一, 牛澤 洋人, 植木 穣, 出口 善純, 磯谷 栄二:  治療に難渋した遺伝性血管性浮腫の1例.  日本救急医学会関東地方会雑誌  37 (2) :446-449 , 2016.12
ページの先頭へ
■ 著書
1. 庄古知久:  肺損傷.  今日の治療指針 2017年版  55-56.  医学書院,  東京, 2017.1
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Kazuhide Yoshikawa, Daigo Ando, Toshimiti Kobayashi, Eiji Isotani: End-tidal CO2 (EtCO2) is associated with resuscitation rates of patients with OHCA.  Congress of the European Resuscitation Council in Reykjavik, Iceland,  Reykjavik, Iceland,  2016/09
2. ◎庄古知久, 吉川和秀, 出口善純: 院内ICUと救命ICUの創設型と分離型の利点欠点.  第44回日本集中治療学会総会,  北海道,  2017/03
3. ◎岩﨑恵, 竹田津史野, 栗山桂一: 本邦におけるfield amputationの現状に関する文献的考察.  第22回日本集団災害医学会総会・学術集会,  愛知,  2017/02
4. ◎岩﨑恵, 栗山桂一, 竹田津史野: 平成28年熊本地震における亜急性期の活動~JADM災害医療コーディネートサポートチーム第一次隊活動報告.  第22回日本集団災害医学会総会・学術集会,  愛知,  2017/02
5. ◎竹田津史野, 髙橋宏之, 庄古知久: 若年の右胃大網動脈瘤破裂による腹腔内出血の1例.  第67回日本救急医学会関東地方会学術集会,  栃木県,  2017/02
全件表示(8件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者