<<< 前 2016年度 2017年度 2018年度 | 2019年度 | 2020年度 次 >>>
 東医療センター 救急医療科
概要 当該年度の研究費受入状況 教授・准教授・講師・助手の公的役職
当該年度の主催学会・研究会 学術雑誌 著書
学会発表


教授:
   庄古 知久
准教授:
   須賀 弘泰
講師:
   佐藤 孝幸
   出口 善純
助教:
   安達 朋宏
   齋田 文貴
   髙橋 宏之
   増田 崇光
   吉川 和秀
■ 概要
日本の人口高齢化に伴い、高齢者の急病や外傷は年々増加している。救急車の搬 送件数も増加の一途であるが、受入側の病院の医師数は増えず、医師の診療領域 も専門分化が一段と強まったため、救急患者の受入はいっそう困難になってい る。救急外来で重症患者の生命の危機を救い、適切な専門診療科と素早く連携 し、時には集中治療の主役となり高度な医療を提供し、時には大出血の外傷患者 の胸腹部を開けてメスの力で命を救う。多くの救急患者の診療経験で得られた幅 広い臨床知識と、数々の修羅場をくぐり抜けて培った救命の技量は今後も社会に とって必要不可欠なものであり、これらを持ち合わせている救急医を輩出してい くことが、本教室の使命と考えている。研究面に関しては、日々の救急診療にお けるclinical questionに向き合い、臨床データから世界に発信できるように体 制を構築中である。敗血症性DICや肺塞栓症における凝固マーカーの研究を続け ている。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 教授・准教授・講師・助教の公的役職
1.  庄古知久 :地域災害医療コーディネーター
ページの先頭へ
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  第3回 東京East救急医療研究会  (教授 庄古知久 : 東医療センター救急医療科 )  ,東京  2018/05
2.  第4回 東京East救急医療研究会  (教授 庄古知久 : 東医療センター救急医療科 )  ,東京  2019/11
3.  第3回消防・救命救急センター合同症例検討会  (教授 庄古知久 : 東医療センター救急医療科 )  ,東京  2018/07
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 2  0 2 0 0  7 22  0 1  1 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
症例報告
1. ◎kawaguchi kenji, shoko tomohisa, deguchi yoshizumi:  Case Report: Right Atrial Appendage Rupture due to Blunt Chest Trauma during A Motor Vehicle Accident.  東京女子医科大学雑誌  :124-127 , 2018.10
2. ◎Masuda Takamitsu, Shoko Tomohisa, Deguchi Yoshizumi:  Clinical Investigation of Coagulation Markers for Early Detection of Sepsis-Induced Disseminated Intravascular Coagulation: A Single-Center, Prospective Observational Study.  Clinical and applied thrombosis/hemostasis : official journal of the International Academy of Clinical and Applied Thrombosis/Hemostasis  24 (7) :1082-1087 , 2018.10   DOI:10.1177/1076029618762473
3. Masuda Takamitsu, Shoko Tomohisa, Deguchi Yoshizumi:  Clinical Investigation of Coagulation Markers for Early Detection of Sepsis-Induced Disseminated Intravascular Coagulation: A Single-Center, Prospective Observational Study.  Clinical and applied thrombosis/hemostasis : official journal of the International Academy of Clinical and Applied Thrombosis/Hemostasis  24 (7) :1082-1087 , 2018.10   DOI:10.1177/1076029618762473
ページの先頭へ
■ 著書
1. 庄古知久:  上気道閉塞、E-FAST.  今日の治療指針2019年版  34-118.  医学書院,  東京, 2019.1
2. 庄古知久:  消化器系疾患.  救急診療指針 改訂第5版  385-395.  へるす出版,  東京, 2018.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Shoko Tomohisa: Achievement of small intestine preservation through capsule endoscopy that revealed an absence of small intestinal mucosa necrosis.  wses 5th,  Bertinoro Italy,  2018/06
2. ◎安達朋宏, 岩崎恵, 吉川和秀, 庄古知久: 東京DMAT出場事案における医療費請求の現状について.  第24回 日本災害医学会学術集会,  鳥取,  2019/03
3. ◎岩﨑恵, 庄古知久, 安達朋宏, 赤星昂己: 水害による病院浸水を想定した防災訓練の経験.  第24回日本集団災害医学会総会・学術集会,  鳥取,  2019/03
4. ◎吉川和秀, 安達 朋宏, 庄古 知久: 超急性期における消化態栄養の検討.  第46回日本集中治療医学会総会,  京都,  2019/03
5. ◎菅智行, 野上光, 新村姿, 池田成美, 篠原美紀, 井上季咲, 大澤慶子, 安達明宏, 吉川和秀, 庄古知久: 救命ICUにおける経口摂取に向けた取り組み -ベッドサイドでできる簡易摂食嚥下評価を用いて-.  第46回日本集中治療医学会学術集会,  京都, 日本,  2019/03
全件表示(31件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者