<<< 前 2020年度 2021年度 2022年度
 足立医療センター 形成外科
概要 当該年度の研究費受入状況 学会発表


教授:
   八巻 隆
准教授:
   堀 圭二朗
助教:
   石川 昂央
   中尾 崇
■ 概要
特徴
形成外科とは、機能回復とQOL(Quality of Life)の向上を目的とする外科です。生まれつきのもの(先天性体表面奇形)、皮膚および皮下腫瘍(良性、悪性)、熱傷、顔面や四肢の外傷の治療や、癌切除術などで変形した体の表面を顕微鏡を使用した組織移植などで機能回復だけでなく形態も正常に近い状態に再建しております。
顎顔面外科
顔面骨骨折、鼻骨骨折、下顎骨骨折に対する診断と治療、頭頸部癌に対し、皮弁や顕微鏡を使用した遊離組織移植による再建手術を行っております。
皮膚および皮下腫瘍(良性、悪性)
年間400件以上の皮膚、皮下腫瘍の手術を行っております。
頭頸部、乳房や四肢の悪性腫瘍切除後の再建手術も多数行っております。
四肢外傷の治療
特に四肢切断症例に対しては顕微鏡下再接着術を積極的に施行しております。切断症例以外にも、腱断裂、神経断裂に対しても積極的な加療を行っております。
熱傷
4名の熱傷専門医による専門的な治療が行われております。
最新のレーザー装置にて治療を行っております。特に小児に対しては、入院し全身麻酔下での治療を積極的に行っております。
主に小耳症、唇裂口蓋裂、多合指(趾)症、ロート胸などの治療を行っています。
最低限の切開での静脈抜去術を施行しております。
乳がん切除後の乳房再建を積極的に行っております。インプラントによるものをはじめ、皮弁による再建を施行しております。
全件表示(9件)
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 0  0 0 0 0  3 0  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎八巻隆: 脈管奇形の基礎-低流速型脈管奇形を中心に.  第42回日本静脈学会総会,  東京,  2022/07
2. ◎中尾崇, 服部有美, 堀田和亮: “鼻先をツンっとする。” 鼻尖形成のコツ.  第65回日本形成外科学会総会・学術集会,  大阪,  2022/04
3. ◎堀圭二朗, 松峯元, 新美陽介, 亀井航, 長谷川祐基, ◎櫻井裕之: 皮弁静脈カテーテルによる皮弁モニタリング.  第65回日本形成外科学会総会・学術集会,  大阪,  2022/04
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者