<<< 前 2018年度 2019年度 2020年度 | 2021年度 | 2022年度 次 >>>
 循環器小児・成人先天性心疾患科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   先崎 秀明
   中西 敏雄
准教授:
   稲井 慶
   杉山 央
講師:
   石井 徹子
   石戸 美妃子
助教:
   富松 宏文
   豊原 啓子
   朝貝 省史
   小木曽 正隆
   工藤 恵道
   佐藤 正規
   篠原 徳子
   島田 衣里子
   竹内 大二
   中嶌 八隅

   西村 智美
   原田 元
   水上 愛弓
■ 概要
特徴
小児から成人に達した先天性心疾患および循環器系疾患の診断と治療のみならず、発生や遺伝子に関わる研究まで幅広い活動をしている。
優れた医療技術
先天性心疾患に関わる診断カテーテルからカテーテル治療(PDAコイル、ASDデバイス閉鎖、側副血行路のコイル、血管および弁膜症に対するバルーン拡大術、ステント治療など)、不整脈に対するカテーテルアブレーションやペーシングデバイス治療、重症心不全に対する薬物治療および非薬物治療など日本屈指の症例数の治療に携わっています。
また、心血管系の発生に関わる基礎研究や遺伝子研究など基礎研究も充実しており、特に遺伝子分野は遺伝外来なども設置し診療に役立てています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 1 2 4 2  0 0 0 0  2 1  1 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Ogiso Masataka, Ejima Koichiro, Shoda Morio, Sugiyama Hisashi, Kato Ken, Tanaka Hiroyuki, Ohki Hirotaka, Miura Masaru, Hagiwara Nobuhisa:  Efficacy of catheter ablation for patients with atrial fibrillation and atrial septal defect.  Journal of cardiovascular electrophysiology  32 (2) :279-286 , 2021.2   DOI:10.1111/jce.14862
2. Masataka Ogiso, Kei Inai, Morio Shoda, Nobuhisa Hagiwara, Hisashi Sugiyama:  Late-Onset Pulmonary Hypertension After the Atrial Switch Procedure for Transposition of the Great Arteries.  Congenital heart disease.  15 (6) :483-493 , 2020.11   DOI:10.32604/CHD.2020.013058
3. Takeuchi Daiji, Toyohara Keiko, Kudo Yoshimichi, Nishimura Tomomi, Shoda Morio:  Impact of preoperative electrophysiological intervention on occurrence of peri/postoperative supraventricular tachycardia following Fontan surgery.  Heart rhythm : the official journal of the Heart Rhythm Society  8 (20) :S1547-5271 , 2020.8   DOI:10.1016/j.hrthm.2020.08.003
4. ZHANG Tingting, KAWAGUCHI Nanako*, TSUJI Kunikazu, HAYAMA Emiko, FURUTANI Yoshiyuki, SUGIYAMA Hisashi, NAKANISHI Toshio:  Silibinin Upregulates CXCR4 Expression in Cultured Bone Marrow Cells (BMCs) Especially in Pulmonary Arterial Hypertension Rat Model.  Cells  9 (5) :E1276 , 2020.5   DOI:10.3390/cells9051276
5. SATO Masaki, INAI Kei*, ASAGAI Seiji, HARADA Gen, SHIMADA Eriko, SUGIYAMA Hisashi:  Skeletal muscle index determined by bioelectrical impedance analysis is a determinant of exercise capacity and a prognostic predictor in patients with congenital heart disease.  Journal of cardiology  :in press , 2020.5   DOI:10.1016/j.jjcc.2020.04.011
全件表示(6件)
症例報告
1. 服部元史*, 石塚喜世伸, 薮内智朗, 金子直人, 三浦健一郎, 白井陽子, 飯田貴也, 安藤太郎, 石和翔, 白鳥孝俊, 石戸美妃子, 原田元, 羽田敦子, 渡辺健:  高血圧による心筋障害の合併が疑われた常染色体劣勢多発性嚢胞腎(ARPKD)の4ヶ月女児例.  日本小児腎不全学会雑誌  40 :317-320 , 2020.7
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Masaki Sato, Kei Inai, Masataka Ogiso, Gen Harada, Seiji Asagai, Eriko Shimada, Mikiko Ishido, Daiji Takeuchi, Keiko Toyohara, Tokuko Shinohara, Hirofumi Tomimatsu, Hisashi Sugiyama: Platelet volume indices correlate to severity of heart failure and have prognostic value for both cardiac and thrombotic events in patients with congenital heart disease.  European society of cardiology(ESC) congress 2020,  Amsterdam, Netherlands (Digital conference),  2020/08
2. 石戸美妃子, 佐藤加代子, 鈴木敦, 萩原誠久: Cardiac involvement in Fukuyama congenital muscular dystrophy.  第37回国際心臓研究学会日本部会,  WEB開催,  2021/03
3. 石戸 美妃子, 佐藤 加代子, 鈴木 敦, 杉山 央, 萩原 誠久: 福山型筋ジストロフィーにおける心機能低下は呼吸器装着より1年早い.  第56回日本小児循環器学会,  京都,  2020/11
4. 三浦 大,小野 博,鈴木 孝明,松村 剛毅,曽我 恭司,馬場 健児,濱脇 正好,深澤 隆治,宮崎 文: 2020年度診療報酬改定に向けた日本小児循環器学会の要望.  第 84 回日本循環器学会学術集会,  Web開催(京都),  2020/07
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者